Git for WindowsのopenSSHが新しくなったので、楕円曲線DSAでSSHキーを作って見よう

めでたくというか、やっとGit for Windows(msysGit)付属のopenSSHとopenSSLが新しくなったのと、GitHubが対応したこともあるので、楕円曲線DSAを使ったSSHの暗号化キーを作成してみましょう。

といっても至って簡単。

以下のようにssh-keygenコマンドで、暗号化方法としてecdsa、楕円曲線DSAを指定するだけです。

256bitのキー何かで大丈夫か?みたいな感じですが、楕円曲線DSAであれば、RSA 1024bitより強力な暗号化が行えます。

公開鍵を確認します。

後はこの公開鍵をGitHubに登録すれば終わりです。

SnapCrab_NoName_2014-8-16_22-21-38_No-00

また、GitHubでSSHを使用する際に、特定の暗号鍵を使用したい場合には、~/.sshディレクトリにconfig(拡張子無し)というテキストファイルを作り以下のように記述します。

4行目ので実際の暗号鍵(秘密鍵)のファイルを指定します。4行以外の内容はすべて固定でそのままです。(追記:23:00)

コメントを残す