Git For Webmatrix

WebMatrix 2 RC向けにGitを使用するためのアドインが開発されて公開されています。元ネタは井上さんのつぶやき。
[blackbirdpie url=”https://twitter.com/chack411/status/213136397522046976″]

Git For WebMatrix
http://gitwebmatrix.codeplex.com/

インストールはWebMatrix2のギャラリーボタンから行います。

image

Git For WebMatrixを選択し「インストールする」をクリックしてインストールします。インストールのウィザードが動き出しますので、質問に答えていきます。

インストールが終わったら、一度WebMatrixを再起動します。

image

Gitボタンが追加されています。

image

できることはWebMatrixで管理しているサイトにリポジトリに作ること、状態の表示を更新すること、サイトのディレクトリでGitBashを開くことです。AddやCommitといったことも含めて細かいことはGitBashでやってね(はーと)ということのようです。

リポジトリを作成すると以下のようにファイルをファイルがaddされたような表示になります。

image

しかし!addはされていないので、GitBashを起動してaddしないとだめです。

addするとこういう表示になります。

image

コミットすると以下の表示になります。

image

変更すると以下の表示になります。

image

ということで、現状はWebMatrixから便利にGitが使えますというより、ファイルの状態が表示できますといった内容にとどまっています。

とはいっても、まだバージョン0.2.1ですから、これからまだまだ化けて行ってくれるものと期待しましょう。

とりあえず困ったこと

私はいろいろと気まずいことが多いしUACがうざい(しかし切らない!)のでGitはProgram Files(x86)の下にはインストールしていないのですが、この人はその位置決め打ちでGit他を探すようなので、msysGitの標準インストール先にインストールされていないと動いてくれませんのでご注意ください。この辺もこの先のバージョンアップでぜひ改善してほしいところですね。。。

コメントを残す