ASP.NET Web API のヘルプページ自動生成パッケージを試してみたら簡単だった

ASP.NET Web API のヘルプページ自動生成パッケージを試す – THE TRUTH IS OUT THERE – Site Home – MSDN Blogs.

というわけで、チャック兄者が簡単だぜと書いていたので、SuperHero2のヘルプページを追加してみました。

やり方は上のチャック兄者のページのまんまですが、Web APIのプロジェクトにNuGetで追加します。

上の図のように検索すると出てきます。リリース前のパッケージなので、リリース前のパッケージを含むの選択を忘れてはいけないのと、検索するときは表示されるパッケージ名ではなくNuGetのパッケージ名で選択するのがコツです。

で、追加すると以下のようにプロジェクトにAreasが追加されます。

これでとりあえずデバッグ起動して、http://localhost:portNumber/Help とHelpをつければヘルプページがみられるようになります。

めでたし、めでたし。ですが、コメントいけないですよね。(この時点で日本語になっているのは見事というか。。)

APIの説明なんて自分て書きたいわけです。

方法があります。

まず、良い子のみなさんはちゃんと書いてあるとは思いますが、Web APIのコントローラ各メソッドにちゃんとXMLコメントを書きます。引数のあるものはちゃんとparameterタグも書きましょうね!(以下例)

次にプロジェクトファイルのビルドのタグで、XMLコメントに出力にチェックを入れ、出力先をApp_Dataフォルダの下にします。

次に、このXMLコメントヘルプで使用するために下の図の位置にあるHelpPageConfig.csの19行名のコメントアウトを外し、コメントを外した行のMapPAthメソッドの引数に先ほどのXMLコメントのパスに変更します。

変更後

ここまで変更して、ビルド、デバッグ実行し、先ほどと同じようにHelpを指定します。

XMLコメントに既述した内容がちゃんとヘルプページに反映され、内容が分かりやすくなりましたね!

英語ですが、YouTubeに解説のビデオもあります。

ビデオでは今回説明していない、HelpをHelp以外のdocなどに変える方法、テンプレートの変更方法なんかも解説されているので、特にこれといったドキュメントがない現時点では必読です(汗

ということで、「面倒なことはライブラリがやってくれる、既存インフラをちゃんと使って」ということで、とても簡単にヘルプページが作れるので、これは使わない手がないです。

全体のコードは引き続きGitHubで公開しています。 https://github.com/ishisaka/superhero2

コメントを残す