静岡javaScript勉強会 #2に参加してきました。

静岡javaScript勉強会 #2

先週の土曜日、11/17にWebMatrix2, Visual Studio 2012 Express for Web, Windows Azure Web Siteの組み合わせのでも主体で30分ほど話させていただきました。

その時のスライド。

JavaScriptのMVC/MVVMフレームワークやTypeScriptのようなJavaScriptをコンパイラにより生成する技術はまだまだこれからの技術ですが、WEBがHTML(文章)を投げるものからデータを投げてくるもの、あるいはAPI化する中でとても重要な技術になってきます。いよいよ本格的に「Cloud OS」CloudがOSの時代が始まりつつあります。

そのなかで、特にMVCフレームワークはWEBサーバー側のRuby on RailsやJava StrutsでのMVCと混同されている方が多いのも意外な驚きでした。オヤジ的には過去のMVC論争を覚えているので、WEBフレームワークでのHTTPのMVCパターンと、いわゆるデスクトップアプリケーションやリッチクライアントの「正しい」MVCパターンであると認識できていますが、若い人は後者を知らないという新鮮な驚きが得られたのが今回の一番の収穫かもしれません。

参考:

コメントを残す