「ウェブログ」カテゴリーアーカイブ

本Blogをhttps対応した話

今まで使用していたホスティングサービスのExpress WEBではhttpsによるアクセスが出来ませんでしたが、引っ越してきたDataWebではhttpsアクセスが提供可能になりましたので、httpsでアクセスできるよう設定しました。

また、記事コンテンツ中にある画像関係のリンク等が手数的な意味で更新・変更するのが難しく、記事によっては完全にセキュアなhttpsアクセスとは行きませんがご容赦いただきたく。

とりあえず作業を終わった後の感想など。

https化するときに困ったこと

httpでスクリプト呼び出すものがブラウザに止められるので、Amazonアフィリエイトのウィジェット等が全部ブラウザに止められます。

このため、これらについてはあきらめるか代替手段を探さないと行けません。

Amazonアフィリエイトに関しては、Amazon Advertising APIを使用することでhttpsを使用するようになるので、これを使用するAmazonJSプラグインを使用します。

AmazonJS

このプラグインを導入することでショートコードでAmazonアフィリエイトのリンクを体裁良くBlogコンテンツに登録出来ます。

プラグインの導入と設定については以下のサイトを参考にさせていただきました。

AmazonJS (WordPress Plugin) – kwLog

また、サイドバーへの表示には以下の記事を参考にさせていただきました。

サイドバーウィジェットにアマゾンのおすすめを表示 | りぐん怪獣じゃないもん!

Amazonアフィリエイト以外にもかつて流行ったBlogウイジェットはことごとくダメな感じなので、新しいバージョンがあれば試してみるか、あきらめるしか無さそうです。

またどういったコンテンツが止められているかは、Chromeの開発者ツールのSecureタブにて確認することが出来ます。

サイト証明書について

最近フリーのものもあるのですが、なんか証明書が微妙であったり、更新周期が短く忘れそう等もあり有償だけど安価のRapidSSLにしました。まぁ良くある感じです。

https://www.rapidssl.com/

ただ、ホスティングのサイト管理ツールでCSRをどう作って良いか初めわからずにちょっと焦りました。それ以外は特に問題無く。

まとめ

ずーーーっと前に比べるとサイト証明書を発行するまでの金銭的/心理的/労力的しきい値が下がっているし、ツールも良くなっているのでhttpsアクセスの提供は簡単になっていますが、いままでhttps何て気にしないでコンテンツがたまってしまうととても大変です。。。

ホスティングのサービスを変更しています

今までこのopcdiary.netとisisaka.comのホスティングをしていたデータジャパン社のExpress WEBがサービス終了します。これに伴い、同社のDataWebにホスト先を移行しています。

OPC Diaryの移行作業は終わって、DNSの切替を行いましたので、今この記事を読んでいるあなたは移行後のBlogを読んでいることになります。

という事で、読みたいときに読めなかった人がいたらごめんなさい。

参照: Windowsホスティング(レンタルサーバー)のDataWeb / Windowsホスティング(レンタルサーバー)のDataWeb

isisaka.comに関しましては、現状のコンテンツは見直し、作り直す予定ですが、場合によってはメールアドレス以外再開しないかもです。

OPC Diary 2015年のまとめ

SnapCrab_NoName_2015-12-31_8-46-25_No-00

昨年も沢山の方にご覧頂きありがとうございました。

OPC Diary の2015年まとめをご覧ください。

2015年のブログ

今年は年間で198000強のPVを頂きました。

本BlogのPVベスト5は以下の通り

  1. 私家版 Git For Windowsのインストール手順
  2. Visual StudioでGitを使用できるようになるまで
  3. Officeを強制的にアンインストールする方法
  4. StyleCopの導入と使用
  5. Raspberry Pi 2導入メモ

Git関連は毎月PVが伸びていく感じで、普及が進んでいる感じですね。

ということで、本年もよろしくお願いします。

WordPress クライアントを見てみました

WordPressのデスクトップクライアントが公開されたのはお伝えしましたが、できることをまとめてみます。

SnapCrab_Following ‹ Reader — WordPresscom_2015-12-12_14-6-13_No-00

起動するとフォローしているサイトのフィードが表示されます。自サイトの管理を行うには左上のMy Sitesをクリックします。

SnapCrab_NoName_2015-12-12_14-13-43_No-00

SnapCrab_Stats ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-14-50_No-00

Webのダッシュボードに近いサイトの管理画面になります。

SnapCrab_Blog Posts ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-16-51_No-00

Blog Postsを選ぶと、投稿済みの記事のサマリが表示されます。

SnapCrab_Blog Posts ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-17-58_No-00

タブを切り替えることで、下書き中のドキュメントに切り替えることができます。

SnapCrab_Edit Post ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-21-9_No-00

HTMLの編集画面はこのようになっています。これもほぼWEBの物と同じ。JetPack等入っていればMarkdownを使えます。

SnapCrab_Edit Post ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-22-46_No-00

WYSIWYGのエディタはこのような感じです。これもWEBの物と大きく変わりません。

SnapCrab_Pages ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-24-10_No-00

Pagesは固定ページの設定、編集で、実行できることはWebと変わりません。ページの編集はBlogの編集画面と同様です。

SnapCrab_Themes ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-26-16_No-00

テーマ選択の画面です。現行のテーマを設定するにはCustomizeボタンをクリックします。ただ、このプログラム内で設定変更はできず、WEBに飛ばされます。

SnapCrab_Menus ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-28-36_No-00

メニュー設定の画面です。WEBとここも基本的に同じ

SnapCrab_Sharing ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-30-5_No-00

アプリケーション版のWordPressではJetPackプラグインで提供されているSharing機能の設定画面です。WEBと基本的に同じ。

SnapCrab_People ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-32-44_No-00

アカウント設定の画面です。WEBの方ができることが多いと思います。

SnapCrab_Plugins ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-37-9_No-00

プラグインの管理画面です。UIがWEBよりもリッチですね。

SnapCrab_Plugin Browser ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-38-13_No-00

Addボタンをクリックした時画面です。プラグインの追加はツールからできるみたいですね。

SnapCrab_Site Settings ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-40-44_No-00

SnapCrab_Site Settings ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-41-20_No-00

SnapCrab_Site Settings ‹ OPC Diary — WordPresscom_2015-12-12_14-41-44_No-00

管理画面です。WEBよりも設定できる項目は少ないですが、ほとんどのことが設定できそうです。

ということで、各画面見てきましたが、WEBと全く同じというわけには行かないものの、ほとんどの管理機能の使用、記事の投稿は可能になっていますので、クライアントとして十分な無いようになっていると思います。

注意点としては、WordPress.COMのサービスでなくアプリケーションとして独自のサイトでWordPressを運用している場合には、JetPackプラグインのインストールが必要になります。

WordPress.com の Windows デスクトップアプリを公開 

WordPress 投稿の作成と公開を、Windows のスタートメニューから始めましょう。

情報源: WordPress.com の Windows デスクトップアプリを公開 — WordPress.com ニュース

個人的にはOpen Live Writerよりもこっちの方がうれしい。

この記事もこのクライアントから投稿しています。

記事の投稿だけでなく、Wordpress.comのBlogとJetpackがインストールされているWrodpressサイトの管理が行えます。イメージ的にはダッシュボードでできることが基本的にはこのクライアント上で行えます。

ダウンロード: https://desktop.wordpress.com/

Windows Live WriterがOSS化されOpen Live Writerに

SnapCrab_Untitled - Open Live Writer_2015-12-10_6-37-45_No-00

情報源: Open Live Writer

個人的にはもう使っていないのですが、巷ではそこそこまだ根強い人気があるBlog投稿ツールのWindows Live Writerが.NET Foundationの支援でオープンソース化され、Opne Live Writerと名前を変え公開されました。MITライセンスです。

GitHub(ソースコード): https://github.com/OpenLiveWriter/OpenLiveWriter

セットアップのダウンロード: http://openlivewriter.org/

これで「難民」化していた人たちも救われるのいでしょうか。

WordPress 4.0 “ベニー”にアップデート

WordPress › 日本語 « WordPress 4.0 “ベニー”

このBlogもアップデートしました。

主な改善点は以下のようになっているようです。

  • メディア表示の改善。
  • YoutubeやTED、SlideShareなどの外部コンテンツの埋め込み作業の改善。
  • エディタの改善。コンテンツ量に従ってエリアが自動的に拡張したりなど。
  •  プラグインの発見方法の改善。

コンテンツの埋め込みですが、ビジュアルエディタを使用している場合、対応しているコンテンツならURLをエディタに貼り付けるだけで、以下のように埋め込むことが出来るようになりました。

全体的に編集に的を絞った改善で、良い感じです。

なんだかんだでBlogだけは10年以上続いている

SnapCrab_OPC Diary - Google Chrome_2013-12-23_16-15-50_No-00

自分でも結構飽きっぽいと思っているのだけど、Blogだけは気がつけば10年以上続いている。

そもそものきっかけはウェブログ入門を読んだからで、そこで紹介されていたBloggerでBlogを書き始めた。

当時はまだ、Blogがだいぶ珍しい頃だったし、日記かBlogか論争という、今となっては全く意味のわからない論争とかがあったりした時期で、みんながRSSとトラックバックに淡い期待と価値観を抱いていた頃です。当時のトラックバックに関する淡い期待は、いまのtwitterのフォロー数やFacebookの友達数にも通じるものがある様に思うとともに、Webの社会性の範囲を拡大させるのでは無くて、ミニマムな方向に狭めてきたのがSNSの発展なのだなと思ったりもします。

その後、当時のBloggerは無料会員だと画像の投稿が出来なかったので、画像投稿のできるNTT Dataがやっていた今はもう無く、その無くなり方がサーバー壊れたけどバックアップが一切無いのでサービス終了しますというヒドイ物だったドブロクを経て(なのでドブロク時代の投稿は全く読めない)、Niftyのココログに行き、その後は自分のドメインで運用している感じです。

なんでこんな話を書いているかと言えば、Bloggerを放置していたのを忘れていて、思い出したのでアカウントを今のGoogleアカウントに付け直したってだけなんですけどね。

特にオチがつきそうな話でも無いので、この辺にしておいて、(Bloggerの投稿を見て)自分の発展のなさに辟易としつつ終わりにしたいと思います。

http://ishisaka.blogspot.jp/