Category Archives: Race

バックミラー 2019-03-19 JRCA Rd.2 新城

3/15~3/17にかけて、愛知県新城市で行われました。WRC Japanが実現すれば、ここもSSの候補地です。

大会サイト

リザルト

という事で、気づいたときには取り上げる感じにはなってしまうかもしれませんが、JRCAもそれなりに見ていきたいと思います。

Vaughn Gittin Jr. ドリフトでセント・パトリックデイのお祝い

Vaughn Gittin Jr.が、真緑に塗られた900馬力のFord Mustang RTRで、クローバー型インターチェンジをドリフトして、セント・パトリックデイのお祝いをしました。

そう言えば、今年のForza Horizon 4はセント・パトリックデイに関するイベントが全くなかったですな。アイルランドのお祭りなんぞ知らんって感じでしょうか。さすがブリカス。


1/18 Bullitt (1968)-1968 Ford Mustang GT Fastback-Highland Green(with Steve McQueen figure)

価格: 15,848円
Greenlight


バックミラー 2019-03-17

RVM的な何か。

F1 2019 Australian Grand Prix

Formula 1 2019シーズンの開幕戦です。ボッタスが抜群の蹴り出しを見せ、2番グリッドからトップに出ると、そのまま素晴らしい走りを見せ優勝しました。メルセデスとの契約が1年となってしまったボッタスにとってはとても良いスタートです。2はポールだったハミルトン、3位はこれも良いスタートを見せヴェッテルを躱して3位になったフェルスタッペンが入り、11年ぶりにホンダに表彰台をプレゼントしました。一方好調と噂されてきたフェラーリは、力強い走りが見られず、4位、5位と少し厳しいけっことなりました。予選でのチームの戦略ミスにより17番グリッドからのスタートとなったガスリーは11位でレッドブルにポイントをもたらすことが出来ませんでした。

しかし今シーズンの開幕、予選結果から見ると正直なところメルセデス、フェラーリ、レッドブルが一つ頭が抜けているものの、全体的に昨年のような明らかなタイム差は無く、なかなか面白いシーズンになりそうです。ただ、ウイリアムズはもうどういようもない感じになってしまっています。

F1オーストラリアGP:レッドブル・ホンダ初戦でフェルスタッペン3位表彰台! ボッタスが独走で開幕戦制す|motorsport.com日本版

WEC 2019 1000 Miles of Sebring

Forza Motorsportシリーズや、USのモータースポーツを見ている人にはおなじみの、セブリングで行われたWECスーパーシーズンのセブリング1000マイルは、LMP-1ではトヨタ8号車が優勝、7号車は2位となり、このレースはボーナスポイントもある事から、7号車がシーズン総合優勝を狙うのは少し難しくなってきたかなと言う感じです。LM-GTE Proクラスはポルシェ911号車がとり、こちらはまだシリーズ優勝の行方はわかりません。中継の映像もLM-GTE Proのバトルが激しいので、そこ中心になり、プロトタイプカーは事故でも起こさないと満足に写してもらえない感じでした。これで長かったスーパーシーズンも、残りはスパと最終戦のルマン24時間を残すのみとなりました。

WECセブリング1000マイル決勝:トヨタ8号車優勝。天候悪化でSCフィニッシュ|motorsport.com日本版

バックミラー 2019-03-11 #IndyCar #wrc

RVM的な何か。

IndyCar 2019 第1戦 セント・ピーターズバーグ

いよいよIndyCarもシーズンが始まりました。今年は佐藤琢磨選手はもちろん、昨年までSuper GT(チーム ルマン)とFormula E(マヒンドラ)で走っていたフェリックス・ローゼンクヴィストが名門チップガナッシレーシングから古豪スコット・ディクソンとタッグを組んで参加し、大変楽しみです。

初戦結果ですが、佐藤琢磨選手はウォームアップで好タイムを出し期待されましたが、マシントラブル(ギアトラブル)でリタイアとなってしました。次戦では良い結果を期待です。レースですが、一時ローゼンクヴィストがナイスな攻めを見せ首位を奪うものの、51週目に入ったピット走行でミスがあり、首位を失います。その後はペンスキーのニューガーデンを首位を奪い、チップガナッシのスコット・ディクソンが迫るものの、最終的にはニューガーデンが2.9秒差で優勝し、2位にはディクソン、3位にはポールだったウイル・パワーが入り、ローゼンクヴィストはルーキー1戦目を4位で飾りました。まぁローゼンクヴィストを「ルーキー」と呼ぶのも変な感じですが。

インディカー開幕戦セントピーターズバーグ:戦略と速さ噛み合ったニューガーデン優勝。佐藤琢磨ギヤトラブルに泣く|motorsport.com日本版

IndyCar 2019 セントピーターズバーグ | Results | Motorsport.com


auto sport – オートスポーツ – 2019年 3/29号 No.1502

価格: 580円
出版社: 三栄書房


Continue reading バックミラー 2019-03-11 #IndyCar #wrc

バックミラー 2019-03-10 #ABBFormulaE 第5戦 香港Eprix #HKEPrix

予選は雨の中でしたが、決勝はウェットコンディションのレース。今回は予選・決勝と今回はTwiterでの英語実況による中継も行われました。

スターティンググリッド。Formula Eでは恒例ですが、予選後の裁定の結果、予選結果とはグリッドが異なっています。HWAのヴァンドーンが本人もチームもマシンへのスタディが出来たのか、ここに来てポール。2番グリッドは日産のローランド、3版グリッドはDSテチータのロッテラー、4番グリッドはHWAでDTMチャンピオンのパフェットとなり、HWAがここに来て本領を発揮してきた感じです。ブエミも8番グリッドにつけ悪くはありません。そして、ここまでチームトップで調子の良かったマヒンドラが最終グリッドからのスタートとなりました。

決勝2周目で後段でクラッシュが起こり赤旗。ドラゴンレースのフェリペ・ナッセが壁に激突して、その煽り受けたマヒンドラ2台も衝突し計3台リタイア。

Continue reading バックミラー 2019-03-10 #ABBFormulaE 第5戦 香港Eprix #HKEPrix

DAZN今年もF1/F2/F3を中継

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、3 月 15 日(金)~17 日(日)開催のFORMULA 1®2019 ロレックス・オーストラリアグランプリより開幕する F1™2019 年シーズン、全21 戦を配信します。昨年好評だったマルチスクリーンでレースを楽しめる、ファン必見の「F1 ZONE(ゾーン)」やレースを振り返る番組「F1 LAB(ラボ)」などの特別コンテンツの配信や、日本人選手の活躍に期待が高まる、F2 および F3 も F1™同様に全セッション、余すところなくライブ配信します。

情報源: いよいよシーズン開幕! 2019年もFORMULA 1®を全戦放映決定! 日本勢も参加する FORMULA 2、FORMULA 3 も見られるのは DAZN だけ! | DAZN Media Centre

多少やきもきしましていましたが、正式なプレスリリースが出ました。

フジテレビNextはF1しかやりませんが、DAZNならF2, F3も見られます。GP3は今年からFIA F3と名称が変わりました。

バックミラー 2019-02-24

RVM的な何か

Ken Block’s Gymkhana TEN: The Can-Am Special! Guanajuato, Mexico

ジムカーナ・テン本編では、メキシコはFord Focus RS RXでしたが、それをCan-Am Marverick X3で置き換えたバージョン。

Netflix Formula 1: Drive to Survive

3/8から独占公開される、昨シーズンのF1を追ったドキュメンタリーの予告です。監督は、「Senna(邦題:アイルトン・セナ 音速の彼方へ)」を撮ったアジフ・カパディア監督。ちょうど開幕前に気分を盛り上げるのに大変良いのでは。

フォーミュラ1: 栄光のグランプリ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

Asian Le Mans Series 2019 4 Hours of Sepang

Di Resta, Hanson seal Asian Le Mans title at Sepang

Asian Le Mans 2018/2019シーズンがマレーシアのセパンで行われた、セパン4時間で終了しました。シーズン総合優勝・LMP2優勝はユナイテッドオートスポーツ22号車、LMP2Am優勝はARC Bratislava4号車、LMP3はInter Europol Competition、GTは日本のチームであるCar Guy、GT-AmはTianshi Racing Team66号車、GT CupはModena Motorsportsとなりました。

ドライバー順位

バックミラー 2019-02-17 ABB Formula E 2019 CBMM Niobium Mexico City E-Prix #FormulaE

RVM的な何か

メキシコシティで行われたABB Formula E第4戦、予選では日産のローランド、マヒンドラのウェラインと若手が光る走りを見せ、スーポールに進出し。ポールはマヒンドラのウェライン。予選2位はAUDIのディグラッシ、3位にはベンチュリのマッサが入り、マッサもようやくこの車を掴んできたようです。

決勝は、3周目、ピケJr.がベルニュに接触、右タイアに乗り上げ、激しくウォールにヒットして大破し、赤旗中断となりました。30分後レースは40分+1周でセーフティーカーリードにより再開。しかし、この不規則な再開によりバッテリー残量に問題が出る車が多く、トップをキープしていたウェラインでしたが、バッテリー残量が足りず、猛追していたディグラッシがチェッカー直前で追い越しトップとなり優勝しました。ウェラインはシケインカットで5秒追加され、2位はダ・コスタ、3位はモルタラとなりました。ロッテラーは5位。日産のブエミ、ローランドは最終周でバッテリー切れでリタイアとなっています。

レースリザルト

auto sport - オートスポーツ - 2019年 3/1号 No.1500 【創刊1500号記念号】
¥ 1,620
通販ショップ天文館≪全品新品保障≫発送先住所の確認お願いします。発送7日経過不着は不在票のご確認を!

バックミラー 2019-02-10 ニュージーランドグランプリ 小高が3位に #TRS

New Zealand Grand Prix 2019

ニュージーランドグランプリは、Castrol Toyota Racing Series第5戦のレース3としても開催され、ニュージーランド北島にあるマンフィールドで25-35周のレースとして行われました。

北半球ではオフシーズンとなるこの時期に、オセアニアはもちろん、北米、ヨーロッパからも若手ドライバーが集まり、ワンメイクのフォーミュラーマシンを使うこのリーグ戦を戦います。過去、地元ニュージーランドでは、ブレンドン・ハートレイ、ニック・キャシディがこのリーグで腕を磨いています。今シーズン、日本からはトヨタ育成の小高一斗が参加しています。

レース結果ですが、優勝は地元、16歳のライアム・ローソン、2位も同じく地元18歳でフェラーリ育成のマーカス・アームストロング、3位に19歳小高一斗が入りました。

ここで活躍した選手が、各国内F-3、F-2、更に上位のカテゴリーへと育っていくので、今から名前を覚えておくと良いかもしれません。

リザルト

レース概要:Manfeild 9-10 Feb 2019 – Toyota NZ

Liam Lawson beats Ferrari’s Marcus Armstrong to Toyota Racing Series title – Other – Autosport

マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーが仲良くスケートリンクでカート

いいぞ。もっとやれ。

auto sport - オートスポーツ - 2019年 3/1号 No.1500 【創刊1500号記念号】
¥ 1,620
通販ショップ天文館≪全品新品保障≫発送先住所の確認お願いします。発送7日経過不着は不在票のご確認を!

HANSを発明した Robert Hubbard 博士が亡くなる

Dr Robert Hubbard, the engineer behind the HANS device that has saved many lives in motorsport, passed away on Tuesday.

情報源: HANS inventor Robert Hubbard dies

今ではモータースポーツ事故の強度の加速度やその結果による衝撃から頸椎を保護するHANSデバイスを装着していない4輪モータースポーツのドライバー見掛けることが滅多にありません。HANSによって死や重い後遺症から逃れられたドライバーも少なくないはずです。そんなHANSデバイスを発明したRobert Hubbard博士がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。