Category Archives: Race

NTTがIndycarのタイトルスポンサーに #indycar

NTTグループが北米最高峰のモーターレース「インディカー・シリーズ」の冠スポンサーに:NTT持株会社ニュースリリース:NTT HOME

Addition of NTT as title sponsor ushers in new era for IndyCar Series

NTTが来シーズンよりIndycar Seriesのタイトルスポンサーになることが発表されました。複数年契約となったようです。

バックミラー 2019-01-13 #ABBFormulaE #FormulaE #dakar2019

RVM的な何か。

ABB FIA Formula E Championship 2019 Marrakesh E-Prix

レースはBMW・アンドレッティ(BMW)がまさかの同士討ちで勝てたレースを失い、マヒンドラのダンブロージオが2シーズン以来の優勝となりました。2位を走っていたBMWのシムズが先頭を行くどうチームのダコスタのインを突こうとし接触、これでダコスタはリタイア、シムズは4位に後退しました。シムズの未熟さが出た感じがしました。

3位はフラインス、4位はバードとバージンレーシングが2位、3位ゲットし、DSテチータのベルニュはスタート時に無理をしてバードと接触、大幅に順位を落としましたが、5位まで復活、予選20位と予選を失敗したロッテラーも6位まで順位を上げ、DSテチータが今戦でも強さを見せました。日産のブエミは予選好調でしたが、ヴェルニュの事故の巻き添えになるような形で順位を落とし、8位、ローランドは15位、マッサはまだなれないのか、完走最下位の18位、バンドーンは予選中の故障を修理できず、決勝を走ることが出来ませんでした。

これでドライバースタンディングでは、本戦優勝したダンブロージオが40ポイントで1位、2位は28ポイントの同点でダコスタとベルニュ、ダコスタは本戦のノーポイントは今後に影響しそうです。チームはDSテチータが首位で47ポイント、2位は40ポイントの同点でマヒンドラとBMW・アンドレッティ、日産eDamsは18ポイントの5位です。

フォーミュラE 2019 | Results | Motorsport.com

フォーミュラE第2戦マラケシュePrix決勝:BMWまさかの同士討ち。ダンブロジオ漁夫の利で通算3勝目|motorsport.com日本版

Continue reading バックミラー 2019-01-13 #ABBFormulaE #FormulaE #dakar2019

バックミラー 2019-01-07

RVM的な何か。

ABB Formula E マラケシュ ルーキーテスト

Full rookie line up revealed ahead of Marrakesh test

ABB Formula E 第2戦マラケシュePrixは今週末12日に行われますが、その終了後13日に行われるルーキーテストのエントリーが発表されました。

日産の高星明誠、ヤン・マーデンボロー、DSテチータにはジェームズ・ロシターと言った日本で活躍しているドライバーの他、昨年ウイリアムズでF1参戦したセルゲイ・シロトキンがマヒンドラから、WECやIndycarで活躍しているピエトロ・フィッティパルディがジャガーから参加するなど、ルーキーテストとしてはもったいないラインナップになっています。

Mercedes-Benz EQC 400 Prototype

メルセデスはEVのブランドとして「EQ」を立ち上げており、そのプロダクションモデルのプロトタイプであるEQC 400 Prototypeがジェイレノズガレージに登場しました。

モーター前後に2つ搭載し、それぞれが前後輪を駆動するAWDカーで、両方合わせて約400hp、前後アクスル間で走行状況に応じて自動的にトルク配分が行われます。走行距離はEUの計測方法で450km以上。

EQC 400は2020年1月に登場する予定です。

バックミラー 2018-12-23

RVM的な何か。

Ken Block’s GYMKHANA TEN

ガスモンキーガレージやシフティングギアで有名なアーロンや、ペター・ソルベルグの息子のオリバー・ソルベルグらも登場しているのでお見逃しなく。

ABB Formula E Historic Gen2 Testing In Ad Diriyah

Fresh faces take on Ad Diriyah track for in-season test | FIA Formula E

## F1 Top 10 Battles of 2018

Ken Block’s GYMKHANA TEN: The Ultimate Tire Slaying Tour

Amazon Primeのthe_CYMLHNA_FILESで先行公開されていましたが、遂にYoutubeで本編が公開されました。

今回、Foonitruck, Cossie, WRC Fiesta RSと新しい車の他、過去作に登場したHoonicorn, Focus RS RXなども登場し、ロケ地もデトロイト、ロス・アンジェルス、テキサス、メキシコ、冬のスェーデンと多岐にわたっています。

バックミラー 2018-12-16 #ABBFormulaE #FormulaE #AdDiriyahePrix

ABB Formula E Saidia Ad Diriyah E-Prix

Formula E 18/19シーズンの初戦となります。今シーズンからはHWAの加盟で1チーム増え、全11チーム合計22台でシーズンが行われます。また、Gen2と呼ばれる新車両、乗り換えがなくなり、レースフォーマットも周回数からタイムレースとなり、アタックモードが追加されるなどした新レースレギュレーションが今シーズンから採用されます。

秋のGen 2合同テストでも最速だったBMW・アンドレッティのダ・コスタが久しぶりの優勝且つ自身Formula E初のポールトゥウイン。2位は、途中オーバーパワーでドライブスルーペナルティを受けたにもかかわらずここまで最追い上げを見せた、今年からはDSのワークスチームとなったDSテチータのヴェルニュが獲得し、3位はマヒンドラのダンブロジオが獲得しました。パナソニック・ジャグァのミッチエバンスが4位、DSテチータのロッテラはヴェルニュと同じ理由でドライブスルーペナルティを受けながらも5位。日産・eDAMSはブエミが6位、ローランドが7位とダブル入賞となりました。

BMWのダ・コスタは前評判通りの速さを見せましたが、それよりもDSテチータの2台の速さが際立っており、今シーズンもテチータ中心にレースが回っていきそうな気配です。また気になる点としては、Gen2マシンになっての初戦で、AUDIのPU使用者が予選でオーバーパワーで予選失格、DSテチータの2台もレース中に同じ理由でドライブスルーペナルティを受けており、どうもGen2マシンは、ソフトウェアのセッティングかPUの特性によってはホイールが空転した場合にオーバーパワーが計測される傾向があるようです。こうして前シーズンからの参戦組が活躍する一方、F1転向組で期待されたフェリペ・マッサは14位、ストフェル・バンドーンは17位、DTMチャンピオンのパフェットはリタイアと良い結果が残せず、やはりFormula Eは「ルーキー」に厳しいレースといえそうです。

また、「マリオカートのキノコ」ことアタックモードも今回は機能していたのではないかと思います。ただ、その使用方法はレース開始1時間前の発表となっており、シミュレーションが難しく、各チームのレースステラテジストの腕前が試されるものになりそうです。

レースリザルト

ドライバー順位

チーム順位

2018/19フォーミュラE開幕戦:ダ・コスタがBMWにデビューウインを捧げる。ニッサン勢はダブル入賞

ペナルティ多発のフォーミュラE開幕戦。デビュー戦のマッサは3つの違反|motorsport.com日本版

ABB Formula E 18/19が週末に開幕 #ABBFormulae #FormulaE

いよいよ今週末15日土曜日にFormula E 18/19シーズンが始まります。初戦は国際的なモータースポーツ自体が初開催となる、サウジアラビアのディルイーヤePrix会場から。

日本ではJsports4にて、予選が15日16:35から、決勝が同20:30から放送されます。また、英語実況ですが、TwitterでLiveを確認することもで切ると思います。気になる方は@TwitterSportsJPをフォローしておきましょう。また、フリープラクティスの模様はYoutubeでも見られるはずです。(日本では予選・決勝はJSportsとの契約のためかYoutubeでは見ることができません)

今シーズンから、日産が参戦し、F1からはフェルスト・バンドーンが参戦し、フェリペ・マッサもレースに帰ってきます。車も新しくなり、レギュレーションも大きく変わります。よりレースが激しくなるFormula Eに注目していきましょう!

Formula E

フォーミュラE : モータースポーツ | J SPORTS

バックミラー 2018-12-10 #F1

RVM的何か。

Formula 1テーマ曲

おっさんなので、Formula 1のテーマ曲と言うと真っ先に思い浮かぶのがこれになるのですが、

今年からは映画音楽を手がかけているブライアン・タイラーが作曲を手がけた公式テーマ曲が公式TV中継・ネット配信で使用されています。DAZNとかのオープニングで流れるアレです。さきごろ、ブライアン・タイラー自身が指揮をしたオーケストラによる演奏が、彼のTwitterで公開されました。

という事でApple Musicでもお楽しみ頂けます。

バックミラー 2018-12-03

RVM的な何か。

FIA GT Nations Cup 2018

情報源: FIA GT Nations Cup | OPC Diary

バーレーンで行われた、年に1回の国別対抗戦。これをを制したのはトルコチーム(AMG GT-R GT3)でした。UKとの接戦が続きましたが、ドライバー交代後UKをパスして、差を3.3秒に広げ1位となりました。2位はUK(Ferrari 488 GT3)、3位はデンマーク(Ferrari 488 GT3)、日本は完走11位でした。リタイアが18台中6台となりました。

チームは国別対抗となったものの、使用車両ではFerrari 488 GT3が圧倒的に多く、車両自体ももっと国際色が豊かでも良かったかなと。ドイツチームも日本チームフェラーリというのはちょっとという感じがしなくもない感じでした。

レースリザルト(PDF)

日産 e.Damsのドライバー体制

日産e.dams、フォーミュラEのドライバー体制を発表 – Nissan Motorsports

アルボンの加入が決まっていたのに、アルボンがF1のトロロッソ・ホンダに行くことになり、体制の正式発表数日前にセバスチャン・ブエミのパートナーが誰になるかわからない状態でしたが、イギリス人のオリバー・ローランド(2017年F2年間3位)が加わることが発表されました。また、高星明誠(2018年Kondo RacingよりGT500参戦)がテスト兼リザーブドライバー、ヤン・マーデンボロー(2018年 IMPULよりGT500参戦)がシミュレータードライバーを担当することも発表されました。

ロッテラーのオフシーズン

アンドレ・ロッテラーのオフシーズンのトレーニングの様子などが、Formula Eの公式Youtubeチャンネルで公開されました。トップドライバーはまさに心技体全てが求められる中、そのトレーニング内容を見られるのは、あまりない機会です。ドライバー用のエクササイズの機械を使ったトレーニングがあったり、ヨガが取り入れられていたりとなかなか面白いです。そして写真が趣味だったとはw