「Race」カテゴリーアーカイブ

バックミラー 2018-11-19

RVM的な何か。

F3 マカオグランプリ

18日のマカオは良い方向に天気予報が外れ、上海とは違い比較的良い天候の中レースが行われました。

ただ、やはりマカオなのか、レース5周目にリスボア・ペントでソフィア・フローシュのマシンが坪井翔の右リアのタイヤを乗り上げ、キャッチフェンスを突き破り、アウト側のカメラ台にクラッシュ(建物2~3階の高さ)、坪井翔もこれにより、ガードレールにぶつかりクラッシュとなってしまいました。これによりレースは長い時間赤旗中断となりました。このクラッシュにより、ドライバー2名(フローシュと坪井)、カメラ第二いた2名のフォトグラファーとマーシャルの方1名計5名の負傷者が出ました。全員意識があり、医療機関にて治療を受けていると主催者側からアナウンスされています。坪井は予選でもクラッシュし、体を痛めていたので心配です。皆さんのご無事をお祈りしています。

マカオFIA F3ワールドカップで大クラッシュ発生。レースは赤旗中断【追記】

第65回マカオグランプリ:F3ワールドカップでの負傷者5名は生命の別状なしも、フローシュは脊椎骨折。坪井は経過観察

記事を書いている途中で新しい記事があり、フローシュは脊椎骨折の大けがとなってしまったようです。

16時半過ぎよりレースが再開し、結果、優勝はダニエル・ティクトゥムがポーリトゥウイン、これで2連覇。2014年15年のフェリックス・ローゼンクビスト以来。2位はエリクソン、3位はフェネストラズ。日本勢では宮田が14位、関口が15位、片山が18位、坂口が19位、DRAGONが20位でここまでが完走となりました。

マカオFIA F3ワールドカップ:赤旗中断の荒れたレースを制しダニエル・ティクトゥムが連覇を飾る

WTCR 最終戦 マカオ

今年より、WTCCに変わり始まったWTCRですが、このマカオの3戦が今季最終戦となりました。

最終戦結果により、56歳ヒュンダイのタルキーニがWTCRの初代王者となりました。チームタイトルは年間第2位となったイバン・ミューラーがオーナーのイバン・ミューラー・レーシングが獲得しました。WTCRにはまだマニュファクチャラタイトルはありませんが、ヒュンダイが、個人もチームも制したことになります。

ホンダCivic Type Rはシリーズ全般を通してヒュンダイや後半好調だったAUDIに比べてストリートの延びに悩みを抱えていそうに感じます。来年での巻き返しを期待したいのとWTCCの時のような凡ミスは避けて欲しい。

WTCR:最終戦マカオで56歳のタルキーニが初代王者に。レースはアウディとホンダが制す

マカオグランプリ GT

第65回マカオグランプリ:ファーフス&BMWがシュニッツァーのラム代表に捧げる勝利を飾る

バックミラー 2018-11-18

WEC 第5戦 上海

WEC上海決勝はどしゃ降りの中SCスタートで始まり、途中赤旗が2回出て長時間中断になるなど、順調なレースとはなりませんでした。

LMP1ではトヨタ7号車がポールトゥウイン、2位にはトヨタ8号車が、3位にはSMPレーシング11号車が入りました。SMP11号車は、今回トラブルもなく、「雨のバトン」がレベリオン1号車を押さえポディウムとなりました。荒天の中、ハイブリッドでAWD化されているトヨタと、RWDのノンハイブリッドの違いは大きく、やはり同じクラスとするには無理があると思いました。

GTE Proではアストンマーティンが新型車で初優勝を果たしました。LMP2クラスはジャッキーチェンレーシングが嬉しい地元優勝、GTE Amaはデンプシーポルシェがリセット後でも強さを見せました。(デンプシーはレギュレーションで搭載が義務づけられているレコーダー装置に不正が見つかり前戦までのポイントがすべて剥奪された。)

残念なニュースとしては、澤選手が参加していたGTE Amaクラスのクリアウォーターレーシングが、スーパーシーズン途中ですが、本戦を持って撤退という事になってしまいました。残念です。

WEC上海6時間決勝:悪天候で赤旗2回の波乱レースをトヨタ7号車が制す|motorsport.com日本版

WRC

WRC今季最終戦ラリーオーストラリアが終了し、年間チャンピオンが決まりました。ドライバーチャンピオンはセバスチャン・オジェ(Mスポーツ/フォード)、マニュファクチャラーチャンピオンには参加2年目にしてトヨタGRが獲得しました。

トヨタ、WRC復帰2年目で戴冠! ライバル脱落でオジェが6連覇を達成|WRCラリー・オーストラリア

復帰2年目でWRCタイトル獲得。豊田章男トヨタ社長「この勝利で終わるわけではない」|motorsport.com日本版

バックミラー 2018-11-12

Super GT 第8戦(最終戦) もてぎ 250km

今季最終戦となりました。ノーウェイト、比較的距離が短いスプリント的な本レースの結果は、GT 500クラスはART NSXがポールトゥウイン、2位にZENT Lexus、3位にRaybrig NSXが入りました。GT 300クラスはLeon AMG GT-Rが1位、2位にapr Priusが、3位にグッドスマイル初音ミク AMG GT-Rが入りました。

この結果により、GT 500年間チャンピオンにはRaybrig NSX(チーム国光) 山本/バトン組となり、チーム国光はスーパーGT初年間チャンピオン、ホンダとしても8年ぶりのチャンピオン、山本はスーパーフォーミュラーとのダブルタイトル、バトンも2009年のF1チャンピオン以来の9年ぶりのチャンピオン獲得となりました。「NSXの神様」と「F1チャンピオン」の組合せは初年度から最高の結果をもたらしました。

GT 300年間チャンピオンは、今レースの優勝で逆転したLeon AMG(CVSTOS) 黒澤/蒲生組となりました。ポイント的にはART BMWが頭一つ出た感じの最終戦でしたが、見事に黒澤/蒲生組が最終戦を制して逆転勝利、チームとして初めての年間チャンピオンとなりました。

スーパーGT最終戦もてぎ決勝速報|直接対決を制したRAYBRIG NSX-GTがタイトルを獲得!

スーパーGT最終戦もてぎ|バトン、フル参戦1年目でのチャンピオン獲得に「F1王者と同じくらい大きな成果」|motorsport.com日本版

スーパーGT最終戦もてぎ|息を呑む直接対決、制した100号車RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴とジェンソン・バトンがGT500王者に|motorsport.com日本版

2018 Brazilian Grand Prix

優勝はルイス ハミルトンでポールトゥウイン。2位はオコンとの接触によるスピンがあったにもかかわらず、猛追したもののあと一歩届かなかったマックス フェルスタッペン。3位はキミ ライコネンとなっています。セバスチャン ヴェッテルは6位に終わり、フェラーリはコンストラクターのタイトル奪取も絶望的になりました。

まぁこんな事も。昔はよく見た風景ですが、最近では珍しい。

F1ブラジルGP決勝:ハミルトンが今季10勝目。フェルスタッペンはスピン後に猛追も優勝逃し2位

バックミラー 2018-11-05

RVM的な何か。

ピレリスーパー耐久シリーズ2018 第6戦 スーパー耐久レースin岡山

スーパー耐久シリーズ最終戦となりました。本戦グループ2にMORIZO名義でトヨタ自動車CEO 豊田氏が参加したり、ST-3シリーズがシリーズチャンピオンを挙げた激しい戦いを見せるなど、最終戦に相応しい一戦となりました。

トップカテゴリーであるST-Xクラスは本戦でスーパー耐久を卒業し来年はスーパーGT GT300クラスに参戦するKONDO Racing GT-Rが1位に入り有終の美を飾りました。前戦でシーズンチャンピオンを決めていたGinet Motor Sports GT-Rが2位となりました。

グループ2決勝:ST-4は13号車エンドレス86が2年ぶりの優勝、ST-5は2号車ロードスターが逆転TEAM221ロードスターが逆転王座を獲得|スーパー耐久第6戦

スーパー耐久第6戦|グループ1決勝:24号車スリーボンドGT-Rが今季2勝目をマーク。集大成のレースで有終の美を飾る|motorsport.com 日本版

Hellephant, Mopar’s 1,000hp クレートエンジン

Mopar reveals a 1,000-horsepower crate engine – Autoblog

クライスラーのパーツ部門であるMoperが426 HEMIエンジンにスーパーチャージャーを取付、最終的に1000hpの出力となるクレートエンジン”Hellephant”を今回のSEMAショー(2018)で発表しました。エンジン本体の他、補機類、ECU他最低限の電装品・ハーネスが附属しています。Dodge Challenger Hellcat Damonでも840hp「しか」なかったので、それよりも大幅に大きな出力のエンジンとなっています。馬力の向上は主にスーパーチャージャーの容量増加で行われているようです、Hellcatより大きいのでHellephant。。。

当然、今までの426 HEMIとエンジンマウントは同じなので、どんなカスタムが出てきますやら。。。

Ken Blockの”Cossie”復活へ #kenblockscossieworldtour

先代の”Cossie”はラリー中の事故で燃えていまいましたが、ケン・ブロックが来年に向けFord Escort Cosworth、愛称”Cossie”を復活させることを発表しました。AmazonプライムTVの新番組GYMKHANA TENでも使用されるほか、世界各地のイベントでタイやスモークとともに披露されることになるようです。

バックミラー 2018-10-29 #SuperFormula #F1

RVM的な何か。

Super Formula JAF Grand Prix 鈴鹿 最終戦

レース終盤は、予選全てトップでポールをとったチーム無限の山本尚紀が逃げ、ここまでチャンピオンシップポインティングトップの近藤レーシングのニック・キャシディが猛追する展開となりました。山本がその差0.6秒で逃げ切り優勝、ニック・キャシディが2位、3位には近藤レーシングの山下健太が入りました。シーズン最終戦、SF14最終年に相応しい名勝負となりました。

これによりドライバーシーズンチャンピオンは山本尚紀、チームチャンピオンシップは近藤レーシングとなりました。エンジンマニュファクチャのタイトルは山本の今戦優勝によりホンダという事になりました。

スーパーフォーミュラ最終戦|山本尚貴、最終周まで続いたキャシディとの激戦を制して2度目のチャンピオンに輝く

FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2018

スタートの蹴り出しで、首位になったフェルスタッペンが逃げ切り優勝、2位を走っていたリカルドはもう少しというところでマシントラブルでリタイア、結果ヴェッテルが2位、ライコネンが3位となりました。ハミルトンは苦労しながらも4位に入り、今レースのポディウムは逃しましたがこれで今シーズンのワールドチャンピオンを獲得しました。自身5回目のチャンピオンとなり、5回のチャンピオンは歴代2位タイとなりました。トロロッソはガスリーが10位、ハートレイが12位でした。マクラーレンのバンドーンは8位に入り、良い仕事をしました。

F1メキシコGP決勝速報:フェルスタッペン優勝、ハミルトンが5度目のチャンピオン獲得|motorsport.com日本版

バックミラー 2018-10-22 #SuperGT #F1

2018 AUTOBACS SUPER GT Round 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE

予選の結果から、GT500はNSX勢の圧勝かと思われましたが、決勝が始まってみると、Lexus勢、特にTOM’Sが力発揮し、Keeper TOM’sが1位au TOM’sが2位、WedsSport BANDOHが3位という結果に。これで、Keeper TOM’sとRAYBRIGが67ポイントで首位タイとなり、鈴鹿での最終戦で試遊が決することになります。

GT300は予選好調でポールのHoppy 86が序盤を引っ張っていく感じでしたが、SCなどの要因もあり、珍しくタイヤ戦略の失敗もあって後方に沈んでいきました。レースは結果K-tunes Racing LM corsaが1位、これで新田選手が再び高木選手とともに勝利数タイに。2位がJLOC リーガルフロンティア ランボルギー、3位がModulo Drago CORSE NSX GT3となり、こちらは初表彰台となりました。

【順位結果】2018スーパーGT第7戦オートポリス 決勝

KeePer優勝でトムス会心の1-2。予選圧巻のNSXがまさかの大失速でGT500ランキング同点首位で最終戦へ

スーパーGT:GT300はピットでマージン稼いだK-tunes RC Fが2勝目。Modulo NSXがチーム初表彰台

2018 United States Grand Prix

ライコネンが蹴り出しよく、スタートで首位を奪取。逃げ切り、ライコネンが5年半ぶりの優勝、18番グリッドからもう追い上げで2位までポジションを上げたフェルスタッペンはハミルトンの猛追を押さえきり2位、ハミルトン3位、ヴェッテルは残り2周でボッタスを躱し4位、これでここでのハミルトンのチャンピオンとはいかなくなり、次戦以降に持ち越しとなりました。ボッタスは5位。トロロッソ勢、ハートレイは11位、ガスリーはクルマが不調な感じで14位に終わりました。

フェルスタッペンの2位は何となく、そろそろ世代交代かなと思わせるものがありました。

F1アメリカGP決勝レポート:キミ・ライコネン、跳ね馬復帰後初勝利。ハミルトン王者決定ならず|motorsport.com日本版

Forza Racing World Championship 2018 Finals #ForzaRC #Forza7

とうとうこの日がやってきました。セミファイナルを勝ち残った12名による最終戦です。

最終的に、チャンピオンシップを射止めたのはLaige、2位b0x、3位Mitchとなりました。

リザルト

続きを読む Forza Racing World Championship 2018 Finals #ForzaRC #Forza7

Forza Racing World Championship 2018 Semi Final #ForzaRC #Forza7

レース1,2の2グループに分かれ、各グループの上位6名が明日の決勝に進みます。

セミファイナル1 リザルト

b0xが完全なレースを展開しました。明日の決勝へは、b0x, Mitch, Lightning, Rossi, ForceOne, Weslyが進みます。

セミファイナル2 リザルト

2ではLaigeが完全にレースをものにしました。明日の決勝へはLaige, Zoom, Venom, RR, Virus, Sevenの6名が進みます。

明日の決勝に進む12名の選手。

続きを読む Forza Racing World Championship 2018 Semi Final #ForzaRC #Forza7

Forza Racing World Championship 2018が2018/10/20,21に開催

This Saturday Oct. 20 and Sunday Oct. 21, the Forza Racing Championship (ForzaRC) 2018 season races to the finish line with its final and most exciting event of the year – the Forza Racing World Championship (ForzaRWC) 2018. After months of competition, the top 24 global drivers will take the stage at Gfinity Esports Arena in London, England where they’ll compete for their share of a $100,000 prize pool and the Forza Racing World Champion 2018 title.The action begins tomorrow, Oct. 20, at 1

情報源: Watch the Forza Racing World Championship 2018 – Oct. 20 & 21 – Xbox Wire

要点のみ簡単に訳しています。

日本時間では10/21と10/22の午前2時より #ForzaRC の世界選手権がイギリス・ロンドンのGfinity Esports Arenaで開催されます。(開始時間を3時としていました。お詫びして訂正します)

10/21のレースでは、24名のドライバーが2グループに分かれ3レースを行い、ここポイントが獲得され、上位12名が翌日の準決勝に進みます。10/22の準決勝ではそれが6名に絞り込まれ、6名により決勝が行われます。この模様はwatch.ForzaRC.comにて中継されます。

Driving the Design

レースの合間にDriving the Designのエピソードが流されます。10/21の放送では流行のアーティストAMR The HulkとForzaRCドライバーWilliams Mitchを、10/22にはリベレストアーティストLittle VixenとForzaRCドライバーNoble B0xについて紹介します。

Forza Horizon 4

10/22日の午前1時よりwatch.forzarc.comにてTurn 10, Playground Gamesのメンバーによるプレーセッションが行われます。

視聴者リワード

Forza Racing World Championship

以下の視聴者リワードが用意されています。

  • ForzaRC世界選手権のドライバースーツ&特別リバリー車
  • Driving the Designシリーズのリバリー車(全5台)
  • ユニコーンリバリー車

リワードを受け取るにはいつものようにwatch.ForzaRC.comにてクエストの消化が必要です。

#ForzaRCのハッシュタグを使用して。Twitterでお気に入りのドライバーを応援し、ハイライトを共有しましょう。

ではForza RC 世界選手権でお会いしましょう。