「Python」カテゴリーアーカイブ

Python in Visual Studio Code – Jan 2018 Release

情報源: Python in Visual Studio Code – Jan 2018 Release – Python Engineering at Microsoft

主な変更点。

Lintのルール表示の仕組みが改善されました。

設定ファイルを手作業で編集しなくても、いくつかのリンター設定を構成できる新しいlintコマンドが追加されました。 Python:Select Linterコマンドを使用すると、選択したLinterを選択できます。Python:リンケージを有効にすると、リンケージを有効または無効にすることができます。

リンターを選択すると、PylintからFlake8またはサポートされている他のリンターに簡単に切り替えることができます。複数のLinterを同時に使用したい場合には手動で設定ファイルを変更する必要があります。

ターミナルがanaconda、Virtual Environmentに対応しました。

新しいPython端末を作成すると、現在選択されている仮想環境またはconda環境が自動的にアクティブになります。

以下は、単純な “hello world” Flaskウェブアプリです。 Flaskはこのマシンにグローバルにインストールされていませんが、アプリケーションの現在のフォルダの仮想環境にインストールされています。

Python:Select Interpreterコマンドを使用して、仮想環境をアクティブにすることができます。

PythonのCreate Terminalコマンドを使用して新しい端末を作成すると、コマンドウィンドウが開き、選択した仮想環境またはconda環境がアクティブになります。

次に、python helloflask.pyを使用してアプリケーションを実行すると、起動した仮想環境でFlaskが利用できるため、アプリケーションは正常に実行されます。

以前のバージョンでは、フラスコがインストールされていない仮想環境のインタプリタではなく、グローバルなPythonインタプリタを使用してファイルを実行するため、これは失敗します。

Python:Run File in Terminalコマンドは、Pythonスクリプトを実行する前に、選択した環境をアクティブにします。何らかの理由で仮想環境端末のアクティブ化を無効にしたい場合は、python.terminal.activateEnvironmentsをfalseに設定します。

インストール等は以下を確認ください。

Python – Visual Studio Marketplace

バグ報告や、機能追加要望は以下のGitHubのissueにてお願いします。

https://github.com/Microsoft/vscode-python/issues

pylintのインストールでエラーが出た場合の対処方法(Windows)

情報源: Python – Windows版VisualStudioCodeでPythonでpylintのインストールを要求される(103539)|teratail

軽くはまったのでメモ。

pylintのインストールでエラーが出た場合には以下のようにwraptのバージョンがpylintが必要とするバージョンと合っていない可能性があるので、アップデートを試してみる。

この後にもう一度pylintのインストールを試みる。

Azure Notebooks(AzureでのJupyter Notebooksのホスト)

情報源: Run book Run! From physical paper to executable online books | The Visual Studio Blog

Azure Notebooksと言うタイトルでMicrosoft AzureがJupyter Notebooksのホスティングを始めたようです。現状はPreview。

Jupyterはオンラインドキュメントの作成プラットフォームですが、今までのEPUBなどの電子書籍フォーマットやSphinxといった文書作成ツールのような静的なコンテンツのみの作成だけでなく、実際にドキュメントに書かれたコードをその場で実行できるなどインタラクティブ性を持たせられることが大きな特徴です。

参照: Jupyter Project

Azure NotebooksではPython 2 or 3, R, F#を実行することが出来るようです。

詳細は、以下のAzure Notebooksのサイトを確認してください。

Microsoft Azure Notebooks – Online Jupyter Notebooks

Visual Studio 2017 Version 15.4 Preview

情報源: Visual Studio 2017 Version 15.4 Preview | The Visual Studio Blog

詳細は情報源を読んで頂くとして、項目的には以下の通り。

  • Universal Windows Platform Development – Windows Fall Creators Update
  • .NET Standard 2.0 Support
  • Windows Application Packaging Project
  • XAML Edit & Continue Improvements
  • Mobile and Game Development – Unity
  • Xamarin – Live Player(!)
  • IDEの改善
  • Rツールのアップデート

その他の関連記事

A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

情報源: A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Update 2よりインストール可能になったPython関連機能の紹介記事。VS2017からはVS2015までのPTVSのようなアドインという扱いではなく、Pythonへの対応機能は基本機能とされている。

個人や、OSS開発では無償で使用できるCommunity Editionでも当然使えます。

Python support in Visual Studio 2017

情報源: Released: Python support in Visual Studio 2017 – Python Engineering at Microsoft

現状製品版のVS2017ではPythonのサポートがありません。

Pythonのサポートは現状Previewプログラムで行われています。このためVS2017でPythonの開発を行いたい場合にはプレビュープログラムに参加するか、PTVSがGAされるのを待つしか無いようです。

機能的にはPythonのVS内でのREPL環境が提供されたりなど、機能拡張もされていくようです。

Release IronPython 2.7.7.0 Release Candidate 0 

main – Implementations of Python and Ruby programming languages for .NET Framework that are built on top of the Dynamic Language Runtime.

情報源: Release IronPython 2.7.7.0 Release Candidate 0 · IronLanguages/main · GitHub

IronPython 2.7.7 RC0がリリースされました。

変更点は以下のissuesをご確認ください。

https://books.google.co.jp/books?id=puQgDAAAQBAJ&redir_esc=y

Python 3.6 の(個人的に)注目の変更点 – methaneのブログ

Python 3.6b1 がリリースされましたね。(フライング) beta1 ということで、 3.6 に向けた新機能の追加は (provisional package を除いて) 終了です。ただし、仕様が確定したと言うわけではなくて、beta版に対するフィードバックを元に新機能を修正したり、最悪 revert して 3…

情報源: Python 3.6 の(個人的に)注目の変更点 – methaneのブログ

Windowsのコンソール周りの改造と、MAX_PATHの改造は良いなぁ。