Windows 10でMicrosoft-Windows-WHEA-Logger ID 17 の警告が頻発する場合

次のような感じでMicrosoft-Windows-WHEA-Loggerが ID 17 でPCI Expressバスの警告を頻発させていました。

いろいろ調べたところ、UEFIの設定でPCIeのバスのASPM(電源管理機能)を生かしておくと発生するようです。

ログの名前:         System
ソース:           Microsoft-Windows-WHEA-Logger
日付:            2/18/2017 10:20:58 PM
イベント ID:       17
タスクのカテゴリ:      なし
レベル:           警告
キーワード:         
ユーザー:          LOCAL SERVICE
コンピューター:       SHINANO
説明:
修正されたハードウェア エラーが発生しました。

コンポーネント: PCI Express ルート ポート
エラー ソース: 詳細エラー報告 (PCI Express)

バス:デバイス:機能: 0x0:0x1C:0x2
ベンダー ID:デバイス ID: 0x8086:0xA112
クラス コード: 0x30400

UEFIの設定でその機能をOFFにするのはもちろん、Windows側でも、各電源プランの詳細電源オプションで次の図のようにPCI Expressの電源管理をOFFにするように設定します。

これでとりあえず、警告は出なくなると思います。

恐らくPCI ExpressのドライバがASPMに対応していないか、不具合がある物と思いますが、これも何となく先ほどのグラボの不調と関係していそうな。。。