Windows 10 S

情報源: Microsoft Education: Empowering students and teachers of today to create the world of tomorrow – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

教育機関向けのWindowsの新しいエディションとしてWindows Sが発表されました。

噂されていたARM版ではなく、Intelのx86アーキ向けのOSで、教育機関向けにカスタマイズされています。また、ストア経由でのアプリケーションのインストールのみがサポートされ、今までのMSIを使用したデスクトップのアプリケーションはインストール出来ません。

基本的には単体パッケージではなくMSのパートナーが販売するプリインストールのPCにて入手するようです。また、このルートで入手したPCでは教育機関向けのOffice 365, 教育機関向けIntune, マインクラフトエデュケーションエディションを無料で使用することができます。また、このOffice 365にはTeamも含まれ、Windows SでもOfficeを使用できるようにストア経由でのインストールが可能なバージョンが近々公開されます。

 .NET Framework 4.7 正式公開

情報源: Announcing the .NET Framework 4.7 General Availability | .NET Blog

.NET Framework 4.7が、Windows 10 Creators Update以外にも正式公開となりました。

これが対応するWindowsのバージョンは以下の通りです。

  • Windows 10 Creators Update (included in-box)
  • Windows 10 Anniversary Update
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 SP1

変更点は以下のReadMe, GitHubのチェンジログを確認ください。

https://msdn.microsoft.com/library/ms171868.aspx#v47

https://github.com/Microsoft/dotnet/blob/master/releases/net47/dotnet47-changes.md

また、.NET Framework 4.7はDirectX 11(Dx11)のコンポーネントに依存するので、Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012では事前にDx11のインストールが必要です。

インストーラーはWebインストーラー、フルインストーラーが用意されています。

Webインストーラ(日本語)

フルインストーラー(日本語)