5月3週目から6月1週目(?)までの #Forzathon #ForzaHorizon3

情報源:https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm719243_Forzathon.aspx#post_719243

5月19日から22日 OUTBACK FIELD TRIP

Tree Hugger(ツリー ハガー)

Perform 20 Lumberjack Skills to receive 85,000 CR
ランバージャックスキルを20回キメると85,000CRをゲット。

Play S’More(プレイ モア)

Complete 3 Playground Games to win 3 Wheelspins
プレイグラウンドゲームを3回プレイしたらホイールスピン3回をゲット。

Flashlight Start(フラッシュライト スタート)

Complete a Street Race to win the Porsche Carrera GT
ストリートレースを1回完走してPorsche Carrera GTをゲット

Always Prepared(常に準備を)

Complete a Bucket List that ends in the Outback to earn 75,000 XP
ゴール地点がアウトバックのバケットリスト1つをクリアして75,000XPをゲット。

5月23日(1日イベント) JUST A LITTLE RECREATION

Soaring Luxury(ソアリング ラグジュアリー)

3 Star the Airport Danger Sign in the Mercedes-Benz G 65 AMG to win the Lamborghini Huracàn HE
Mercedes-Benz G 65 AMGに乗り空港近くの危険サインで3スターを取れたらLamborghini Huracàn HEをゲット。

翻訳するなら舞い上がるラグジュアリー。そのまんまか。

That Was Close(ラッキー)

Perform 10 Near Miss Skills in a Sports Utility Hero to receive 100,000 CR
Sports Utility Heroの何れかの車に乗ってニアミススキルを10回キメれば100,000CRをゲット。

「危なかったね!」の方がチャレンジ内容を考えると翻訳として合っているような。

Cultural Phenomenon(カルチャー フェノメノン)

Complete 5 Head-to-Head races in a Land Rover to earn 85,000 XP
ランドローバーに乗り1対1レースに5回勝てば85,000XPをゲット。

「文化の形成」でいいと思う。SUVと言う文化はランドローバーにより形作られました。

How Sporting(なんてスポーティー)

Win a Championship in a Sports Utility Hero to win 3 Wheelspins
Sports Utility Heroの何れかの車に乗りチャンピオンシップで1回優勝すればホイールスピン3回をゲット。

「スポーツとは?」でいいんじゃないかな。SUVがスポーツカーであることをチャンピオンシップを勝利して証明しろって事ですね。

続きを読む 5月3週目から6月1週目(?)までの #Forzathon #ForzaHorizon3

Visual Studio 2017 Update 2とVisual Studio for Macが正式リリース

情報源: A fresh update to Visual Studio 2017 and the next preview | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Updare 2(15.2)が正式リリースとなりました。

  • Python向けのツールが追加されました。従来のPython Tools for Visual Studioに相当します。また、Python本体、アナコンダのインストールもサポートされます。
  • データ サイエンスと分析のアプリケーションが追加されました。ここではR言語のサポート、Rのランタイム、Microsoft R Client、cokiecutterがインストールされ、上のPythonが戦たくれていなければ、Python, アナコンダもインストールされます。
  • ReShaper 2017.1のlightweight modeが正式にサポートされます。
  • Xamarin 4.5で従来のプロパティーページがプロパティページとマニフェストエディターに分割されました。
  • Visual Studio Tools for UnityではUnity 5.6がサポートされ、インストールされます。
  • TypeScriptのサイドバイサイド実行がサポートされます
  • Linux C++開発が向上しました。
  • CMakeメニューがフィードバックに基づき変更されました。
  • 診断ツールウインドウで、リソース上限を設定できるようになり、上限に達すると自動的に診断ウインドウが停止するようになりました。その場合でもデバッガ自体は継続しています。これは長時間のデバッグを行っていると診断ウインドウが大量のリソースを消費する事へのフィードバックに基づいています。
  • インストールパッケージキャッシュの移動、削除が可能になりました。

Visual Studio For Macが正式リリースとなりました。

Visual Studio 2017 for Macリリースノート