ガチャピンさん、ムックさん勤続45年お疲れ様でした。

勤続45年目のガチャピン 改編による番組打ち切りでリストラか – ライブドアニュース

今年3月の改編期でポンポッキーズも終了という事で、ガチャピンさん、ムックさんとは画面を通してはなかなかお会いできなくなるようです。

勤続45年という事で、僕がもう物心ついたときにはそこにおられたわけで(ズバリ僕はおよげたい焼きくん世代)なんというか、本当にありがとうございました。お世話になりました。としか言いようがございません。

ポンキッキーズは初めは月~金ママと遊ぼうピンポンパンが終わった後に、ポンキッキとして30分番組として放送され、その中でお二人ともご登場されていました。ポンキッキは当時の児童番組としては珍しくビートルズなどがBGMに使われ、内容も当時のアヴァンギャルドだったBBCの児童養育番組等を参考にされたそうで、ピンポンパンの子供にはおもちゃと体操とおねぇさんを与えておけばいいという、なんか馬鹿にされたような雰囲気とは違う大人っぽさと凝った作りが子供ながらに面白いと思っていました。

そんなポンキッキも、時代の流れで、土曜の朝週一の番組になり、タイトルもポンキッキーズに変わりました。内容大幅に変更になりましたが、番組中で紹介されるみんなの歌的な楽曲も矢野顕子だったり、ナベサダだったり、大江千里、斉藤和義と非常に挑戦的な感じになりました、(以下)また、爆笑問題が演じるネズミ二人組の爆チュー問題のコーナーも大変印象深い物でした。

そうして始まったポンポッキーズも紆余曲折あり、放送内容も大幅に変わっていき、とうとう地上波からも追い出され、BSフジでの放送となり、正直細々と言って良い感じで続いていましたが、それもとうとうおしまいという事になったようです。

何となく、児童教育番組って民放でやるのはもう二度と出来ないのだろうななどと考えています。

お二人とも本当にお疲れ様でした。

ま、全く会えないってわけでもなさそうなので何より。

追伸:

世間ではガチャピンさんばかり言及されますが、ムックさんのことも忘れないで欲しい。

また、Wikipediaも見ずに記憶だけで思いの丈を綴ったので細かい間違いは沢山ある物と思います。

#Forzathon Built for A Purpose(専用設計) #ForzaHorizon3

2/16 17:00~2/23 17:00。「予想を覆せ」が副題です。

普段余り顧みられることがないVAN & Utilityのお祭り。

Ship It Faster(迅速発送)

#Forzathon Ship It Faster(迅速発送)

Win a Race in a Vans and Utility vehicle to win the Subaru BRAT HE
Van & Utility の何れかでレースに1勝して Subaru BRAT HE を獲得

好きなもので、好きなサーキットやSSで勝利すれば良いでしょう。

実績解除後の感想

オンラインのレース・ゲームでの勝利も解除されるので、ファミリーの集い中にBRAT HEでゲームに1勝して終了。

続きを読む #Forzathon Built for A Purpose(専用設計) #ForzaHorizon3

ASP.NET MVC 5.2.4, Web API 5.2.4, and Web Pages 3.2.4

情報源: Announcing ASP.NET MVC 5.2.4, Web API 5.2.4, and Web Pages 3.2.4 | .NET Web Development and Tools Blog

このリリースには、マイナーなバグ修正と、ASP.NET Web APIクライアントの.NET Standardサポートを対象としたいくつかの新機能が含まれています。

詳細は以下のGitHubのリリースノートをご確認ください。

https://github.com/aspnet/AspNetWebStack/releases/tag/v3.2.4

Cities: Skylinesがマジで時間泥棒過ぎる(褒め言葉)

昔からSim City系は大好きというか、Sim City中毒なので、この手の都市開発シミュレーションは何度もその時間と気力の泥棒ぶりに悩まされてきたので、Cities: Skylinesは発売当初から気になってはいたものの、手を出したら沼って心に決めて購入を控えてきました。

しかしながら大変喜ばしい残念なことに、Steamが先週末の3日間無料プレー開放などしたため、ついうっかり手を出してしまいました。そして案の定ドハマリして、フルバンドルパックご購入ですよ。54%とかなっているのも良く無い。

何が素晴らしいって、有志の皆様の翻訳Modのおかげを持ちまして、何の言語的な躊躇もなく日本語でプレイできてしまいます。そして、ゲーム自身も最新版本家Sim Cityを期待しつつプレイしたときの、あれこんなんだったけ?というものが全くと言ってないそのゲームシステムは完璧です。至高と言って良いSim City 2000のゲームシステムを踏襲しつつ、あぁここはなおして、ここはこのままにして、これあったらいいよねが完璧に備わっています。制作者達のSim City愛がひしひしと伝わってきます。

また、もともと鉄道経営シミュレーションを作った会社だけあって、交通系も充実しています。ただA列車で行こう程細かいダイヤ設定や資源管理などはしなくても良いので、都市開発シミュレーションとしてはちょっと細かすぎないぐらいの感じです。

楽しすぎて、気づくと4時間ぐらいぶっ通しでプレイしていて、その後ぐったりという。全くの時間泥棒です。

プレイに関しては以下のWikiを参考にさせていただいています。

Cities:Skylines攻略情報wiki

という事で、犠牲者を増やしたいので、みなさん買いましょう。

Steam で 75% オフ:Cities: Skylines