今後のXbox One OSアップデートでXbox One S/XではFreeSync対応

情報源: Inside Xbox News Recap – Xbox Wire

情報源のXbox Wireによると今後のXbox One OSアップデートでXbox One S, Xbox One XではRadeon FreeSyncのディスプレイに対応するようです。また、TVを選びますがサムスンやLGなどの一部のTVではゲーム向け低レイテンシーモードが自動的に選択されるようになるほか、Twitterにリンクでは無くキャプチャをそのままアップロードでき、ハッシュタグのサジェストをする機能の追加、Edgeブラウザの機能向上とコントローラでの使い勝手の改善、Mixerの視聴ユーザーがゲームに参加出来るMixerコントローラの実装が予定されているようです。このうちいくつかは既にInsiderむけAlphaビルドでは提供されています。既に発表されている1440pへの対応を含めて考えると、TVよりもFreeSync対応のゲーミングディスプレイを購入した方が良いゲーム環境を手に入れられそうです。