バックミラー 2018-11-12

Super GT 第8戦(最終戦) もてぎ 250km

今季最終戦となりました。ノーウェイト、比較的距離が短いスプリント的な本レースの結果は、GT 500クラスはART NSXがポールトゥウイン、2位にZENT Lexus、3位にRaybrig NSXが入りました。GT 300クラスはLeon AMG GT-Rが1位、2位にapr Priusが、3位にグッドスマイル初音ミク AMG GT-Rが入りました。

この結果により、GT 500年間チャンピオンにはRaybrig NSX(チーム国光) 山本/バトン組となり、チーム国光はスーパーGT初年間チャンピオン、ホンダとしても8年ぶりのチャンピオン、山本はスーパーフォーミュラーとのダブルタイトル、バトンも2009年のF1チャンピオン以来の9年ぶりのチャンピオン獲得となりました。「NSXの神様」と「F1チャンピオン」の組合せは初年度から最高の結果をもたらしました。

GT 300年間チャンピオンは、今レースの優勝で逆転したLeon AMG(CVSTOS) 黒澤/蒲生組となりました。ポイント的にはART BMWが頭一つ出た感じの最終戦でしたが、見事に黒澤/蒲生組が最終戦を制して逆転勝利、チームとして初めての年間チャンピオンとなりました。

スーパーGT最終戦もてぎ決勝速報|直接対決を制したRAYBRIG NSX-GTがタイトルを獲得!

スーパーGT最終戦もてぎ|バトン、フル参戦1年目でのチャンピオン獲得に「F1王者と同じくらい大きな成果」|motorsport.com日本版

スーパーGT最終戦もてぎ|息を呑む直接対決、制した100号車RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴とジェンソン・バトンがGT500王者に|motorsport.com日本版

2018 Brazilian Grand Prix

優勝はルイス ハミルトンでポールトゥウイン。2位はオコンとの接触によるスピンがあったにもかかわらず、猛追したもののあと一歩届かなかったマックス フェルスタッペン。3位はキミ ライコネンとなっています。セバスチャン ヴェッテルは6位に終わり、フェラーリはコンストラクターのタイトル奪取も絶望的になりました。

まぁこんな事も。昔はよく見た風景ですが、最近では珍しい。

F1ブラジルGP決勝:ハミルトンが今季10勝目。フェルスタッペンはスピン後に猛追も優勝逃し2位