Go言語5周年

Half a decade with Go – The Go Blog.

Go言語が5周年を迎えたらしい。

Goは恐らく初めて作られた実用的なクラウドコンピューティング向けのプログラミング言語で、新しい言語であるのに、オブジェクト指向、関数型言語的な言語構文を持たないのが最大の特徴だと思う。これは別に嫌みなのではなく、言語設計者が不必要と思う物は入れないと言うだけのことだし、そのおかげで構文は非常にシンプルで学習しやすいものになっている。また、他の言語に無いGo Routineがこの言語の特徴を表している。シンプルな構文で分散処理を行うのがこの言語の仕事だ。

12月初めには1.4、来年6月にはGCが改良された1.5が公開されるらしい。1.4ではAndroidでの動作もサポートされる。

あまり言語的な複雑性は増さずに順調に発展していってほしいと思う。

コメントを残す