ubuntu desktop 15.04にASP.NET 5をインストールする

早い話がチラシの裏。

参考:http://docs.asp.net/en/latest/getting-started/installing-on-linux.html

まずはmonoの最新版をインストールする。

準備は以下に書かれている通り。

http://www.mono-project.com/docs/getting-started/install/linux/

で、インストール。

ASP.NET 5で使用するkestrel http Serverのためにlibuvをインストールします。
必要なバージョンのパッケージが無いので、ソースコードからインストールして、ビルドします。

次に、ASP.NET 5をインストール。

https://github.com/aspnet/Home/blob/dev/GettingStartedDeb.md ここに書かれた内容だとあまり上手く行かないので、以下の.NET Coreのインストール手順で進めます。

http://dotnet.github.io/core/getting-started/

monoのインストールが被っているような気がするけれど気にしない。

ただ、この手順のままだとナイトリービルドがインストールされてしまうので、最後に一応正式な最終バージョンをインストールします。

とりあえずここまででASP.NET 5/DNX自体のインストールは終わり。

次に、NuGetの設定をします。

~/.configにNuGet.configというファイルを以下の内容で作成します。

また、スキャフォールディングツールが無いのは厳しいので、yeomanとそのgenerator-aspnetをインストールします。

標準レポジトリのnode.jsがまた古めでアレゲなので、以下の手順でnode.js, yeomanのインストールをします。

これで比較的新しめのnode.jsとnpmがインストールされますが、これでもnpmが古かったりするので、npmをアップデートします。

gitがインストールされていないようならapt-getでgitをインストールします。

yeoman, Grunt, Bowerをインストールします。

これで、aspnetのプロジェクトが作れるようになる。

yeomanの使い方はWindowsと変わらないので過去記事を”yeoman”で検索してみてください。ただ現状だと、yeomanでASP.NETのプロジェクトを作っても、なんかNuGetのタイムアウトでdnu restoreにも失敗してしまう。

この後は好みで、Visual Studio Codeなり、Atom + Omnisharpなり好みの編集環境を作っていく感じで。

コメントを残す