Git for Windows 2.5.1 リリース

SnapCrab_Git 251 Setup_2015-8-31_20-49-16_No-00

情報源・ダウンロード: Release Git for Windows 2.5.1 · git-for-windows/git

v2.5.1がリリースされました。

Gitの2.5.1への追従の他以下のようなバグフィックスが行われています。

  • 標準コンソールベースのターミナルでバックスペースが動かないことがあることに対する修正
  • セットアップウイザードでのスペルミスの修正
  • connect.exe の復活。connect.exeはsshなどをProxy経由で使用できるようにするものです。
  • 環境変数LANGが未設定で無くなり、LANG=C.UTF-8が設定されます。
  • Git for Windows SDKのインストール時にNTLM認証Proxyに対応した
  • patchコマンドの復活

など。

また、Git for Windows 2.xから、既存のバージョンがインストール済みで、新しいバージョンをインストールする場合、インストーラーが既存のインストールを一度アンインストールしてからインストールするので注意してください。

コメントを残す