Visual Studio Code January 2018(1.20.0)リリース

情報源: Visual Studio Code January 2018

主な変更点

  • 内臓ディレクトリビュー(エクスプローラ)で複数ファイルを選択して開くことが可能になった。
  • 管理者権限が必要なファイルの保存が可能になった。
  • 256MBを超えるファイルの保存が可能になった。
  • Caseを意識したスマートサーチ。
  • 画像ファイルのズーム表示。
  • カラーテーマのカスタマイズ。
  • ドロップダウンのカスタマイズ。
  • エディタの改善。
  • Gitサブモジュールの対応
  • 内臓ターミナルの改善
  • デバッグ機能の強化
  • TypeScript 2.7.1対応。
  • などなど

詳細、ダウンロードは情報源をご確認ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください