WSL上のUbuntuのアップデートとストア公開バージョン更新について

情報源: A Guide to Upgrading your Ubuntu App’s Release – Windows Command Line Tools For Developers

Ubuntu 18.04 LTSのポイントリリースが7月末予定されているため、それに向けた準備について書かれています。

現状Microsoft StoreにはUbuntuの3種類のディストリビューションが用意されており、「Ubuntu」、「Ubuntu 16.04」、「Ubuntu 18.04」で、このうちバージョンナンバーのない「Ubuntu」はストア上ではポイントリリース後16.04から18.04に変更されます。

ストアが更新されても、既インストール済みのディストリビューションが自動的に更新されることはないので、既にインストール済みのユーザーは、Ubuntuのポイントリリース後、通常のUbuntuと同じく以下のコマンドにてディストリビューションのアップデートを行う事が可能です。(アップグレード可能なのが、ポイントリリース後である事に注してください。)