Category Archives: Windows

Cerviがマイクロソフトの導入事例に

マイクロソフト導入事例 : 有限会社 コザック
このサイトをホストしているCerviがマイクロソフトの導入事例で紹介されています。
なんとハード2台での運用だったとは。( ・_・;)

コザックでは、近い将来、ASP.NET をバージョン 2.0 へとアップグレードすることが計画されており、現在すでにベータバージョンでの検証が進められています。また SQL Server の次のバージョン (SQL Server 2005) の導入も視野に入っています。

気になりますね。(わくわく)

Linux vs Windowsの対決を扱ったレポートの正しい読み方 – IT Pro

Windowsセキュリティ : Linux vs Windowsの対決を扱ったレポートの正しい読み方
上の記事の中では、これらのレポートが意味を成さない理由として以下のような点を上げています。
LinuxとWindowsには多くのバージョンがあるのに、大抵の場合漠然と書かれていて、それらのバージョンが特定できない。
前提条件が明記されていない。
セキュリティの強さは設定やツールの利用で変わるのにそれらに関するデータがない。
私個人もこれらの記事に対して意味がないと考えており、上の記事にも大体賛同します。
基本的にシステムでとらえた場合セキュリティは総合的に守っていく物である事がまず前提としてありますし、結局OSとしてみた場合でもどの程度のセキュリティが確保できるかはどちらの場合でも、アプリケーション設計者やシステム管理者の力量に頼るところが大きく、結局人の質がセキュリティの質をきめる事になっています。
ただ、個人的な経験から言えば、Linuxの方がWindowsに比べかなりの部分個人の力量に頼るところが大きいと思います。特にWindows Server 2003 SP1の登場した今となっては、システム管理者のポーションで言えばハッキリそう断言できますね。

WindowsとLinuxは敵ではない

ITmedia エンタープライズ:WindowsとLinuxは敵ではない
LinuxはOperating System
Windowsはアプリケーションプラットフォーム
たぶんこのくくりは正しく、結局比較自体はあまり大きな意味はない。
また、現状の流れではLinuxがプラットフォームなることはないだろう。また。それもあまり期待されていないように思う。たぶんLinuxがUnixのオルタナティブではあるが、Windowsのオルタナティブとはならないと思う。

SP2適用は企業の全Windows XP端末のうち24%

SP2適用は企業の全Windows XP端末のうち24%:海外民間調査 – CNET Japan

カナダの資産管理会社AssetMetrixが現在企業で使用されている13万6000台のコンピュータを対象に行った調査によると、Windows XPが搭載されていたコンピュータは全体の3分の1以上に上ったが、そのうちSP2が適用されていたのはわずか24%に過ぎなかったという。

おそらく日本国内はもっと低い適応率じゃないのか。
必ずしも別の防御先が取られているとも思えないし。
アプリケーション互換性への考慮も解るけど、この状態はあまりにも無防備な状態に置かれていると考えるべきだろう。早急な改善が必要。Adminzの奮起を期待したい。
当然デベロッパーだけど。

Windows XP N って

Microsoft Statement on European Commission Process

REDMOND, Wash. — March 28, 2005 — Microsoft announced today that it has agreed to adopt the European Commission’s designation for a name of the version of Windows without a media player. As part of the European Commission Decision issued on March 24, 2004, the company is required to make available a version of the Microsoft Windows operating system without Windows Media Player in Europe. Late last week the Commission instructed Microsoft to name this product “Windows XP Home Edition N” and “Windows XP Professional Edition N.”

Nって。なぜN。
ヨーロッパ向けMediaplayer無しWindows XPの各エディション。終わりに’N’が付くようです。
しかし、必要な人がいるんですかね。
プログラム開発サイドとから見ると、Mediaplayerのコンポーネントが全くないのか、いくつかは残っているのか興味があるところ。後はヨーロッパ向けに開発する場合、アプリケーションによっては動作検証が面倒くさくなりますね。