「Windows」カテゴリーアーカイブ

新しいWinDbgのpreviewが登場! 

We are excited to announce a preview version of a brand new WinDbg. We’ve update WinDbg to have more modern visuals, faster windows, a full-fledged scripting experience, built with the easily extensible debugger data model front and center. I’ll start this by saying that WinDbg Preview is using the same underlying engine as WinDbg today, […]

情報源: New WinDbg available in preview! – Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows

ここ20年ぐらい大きく変化する事の無かったWindows標準のデバッガであるWinDbgですが、ここに来て大きくUIが変化し、機能強化されることになったようです。とは言ってもエンジンの動作は基本的に今までと同様に動作するので、いままで自分で作ったコマンド拡張やワークフローは変わらないので今までと同じように使用できます。

なんと、リボンUIですよ!

ものがものだけに詳細は情報源を読んで頂くとして、気になるところだけ。

ダウンロード/インストールがストアから

ダウンロード、インストールがストアからになります(現在まだ実際のインストールは出来ません)。インストールにはWindows 10 Anniversary Updateが必要になります。

https://www.microsoft.com/en-us/store/p/windbg/9pgjgd53tn86?SilentAuth=1

フィードバック

フィードバックはフィードバックHUB寄りの受付となります。

ドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/debugger/debugging-using-windbg-preview

ビデオ

UIの変更

正直WinDbgはユーザーフレンドリーとはかけ離れたインターフェイスでしたが、使いやすくするために以下のようの変更がされています。

  • リボンUI化する事で目的に合わせた操作を見つけやすくなっています。
  • ファイルメニューの改善により、目的に合わせ、まず何から始めなければならないのかわかるようにしました。
  • ソースウインドウが改善され、最近のエディタのように見えるはず(つまりシンタックスハイライトによる色づけぐらいはやっと付いた)。
  • ダークテーマが選べる!
  • とにかくあちこち直しました。Watchの類もとにかく改良しました。
  • 組込スクリプト環境。JavaScriptとNatVisをデバッガの中で編集して実行できるようになりました。スクリプトウインドウではエラーの強調表示、インテリセンスがあり、簡単にスクリプトを実行できます。

感想

やっと直す気になったかという感じですが、試用に当たっていまさらRS1を用意しろというのもちょっと困ったものです。という事でしばらく実際の試用はRS2/3に対応してくれるまではないかなと言う感じ。

Windows 10 Insider Preview Build 16275 for PC & Build 15245 for Mobile

Hello Windows Insiders! Today we are releasing Windows 10 Insider Preview Build 16275 for PC to Windows Insiders in the Fast ring only (not Skip Ahead). Note that if you joined Skip Ahead and leave…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16275 for PC & Build 15245 for Mobile – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

今回は両方ともバグ修正のみ。いよいよリリースが近づいてきましたね。

Windowsの元号の設定

情報源: Era Handling for the Japanese Calendar (Windows)

Windows 7/ Windows Server 2008 R2移行は元号の設定がバイナリファイルではなく、レジストリのエントリー化されています。基本的に改元時の新元号への対応はWindows Updateにて行われますが、閉塞環境等でWindows Updateがかけられないとか、パッチ適応さえ難しいといった場合には最悪レジストリの書き換えで何とかなるかもしれません。

それ以前のシステムはって?(ry

.NET Frameworkは動作しているWindowsが持つ元号の設定を使用するので気にする必要はありません。.NET Coreも原則同じなのでLinuxやMacの場合もOSが持つ元号を基本的には使用するので、ディストリビューションやAppleの対応次第になります。

Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10を使ってみた

Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10が発売日の今日ヨドバシから届いたので使ってみました。

付いてきたマニュアルというか図ではUSBに刺せば終わりのように書かれていますが、実際にはそのままだとドライバがちゃんとインストールされず、デバイスマネージャーからのドライバ更新でも上手くドライバが入りませんでしたが、Windows Updateをかけたらうまくドライバが入りました。

いつもPCでForza Horizon 3をはじめゲームをプレイするときはエリートコントローラを有線で使用していたのですが、これで無線で使用できるようになりました。

コントローラとPCとの接続はXBoxと同じで、コントローラの電源をONしてから、接続ボタンを3秒以上押し接続待機状態(XBoxボタンのランプが短い点滅)としてから、このワイヤレスアダプターのお尻にある接続ボタンを押します。その後コントローラのXBoxボタンのランプが連続点灯となれば接続(ペアリング)完了です。

これでより快適にゲームがプレーできます。

Windows 10 Insider Preview Build 16273 for PC 

Hello Windows Insiders! Today we are releasing Windows 10 Insider Preview Build 16273 for PC to Windows Insiders in the Fast ring and Skip Ahead. Flighting Update for PC We have some updates for Wi…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16273 for PC – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

RS4のブランチが切られ、RS3は安定化に向けた作業に入っており、Slow Fast両Ringとも今後安定化に向けたビルドが配信されます。また、Skip Aheadに参加したユーザーには今後RS4のプレビューリリースが配信されますが、RS4の開発は始まったばかりなので、RS3のリリース頻度よりだいぶ落ちる頻度での更新となります。

今回のビルドはRS3安定化に向けたビルドで、ウェイトの違うフォントを1ファイルにまとめることの出来るBahnschrift fontのサポート他不具合の修正や小さな機能改善となっているので、詳細は上情報源にてご確認ください。

Age of Empires 20周年, Age of Empires: Definitive Editionの発売日決定, そして、AoE IVが製作決定! #AgeOfEmpires

ドイツで行われているGemescomでAge of Empiresの20周年を祝うパーティーが開かれました。

その中で、E3で発表のあった初代AoEをモダナイズして復刻したAge of Empires: Definitive Editionの発売日が10月19日で有ると発表されました。(日本時間では20日の可能性有り)

現在、Windows Storeにて予約販売が開始されています。日本では2,000円です。

恐らく英語版のみで日本語にローカライズはされていないんじゃ無いかと思います。ローカライズされていたら本当に素晴らしいですけど。

また寝られない夜がやってきます。

また、AoE II, AoE IIIのDefinitive Editionの製作も発表されました。

そして、そして、ついに来ました新作 Age Of Empires IVが製作決定です!!

古代から近現代までを扱う壮大なゲームになりそうです。

Windows Subsystem for Linux on Windows Server

The Windows Subsystem for Linux (WSL) is available in Windows Insider builds of Windows Server. Now developers and application administrators can run tools they use in Linux environments alongside Cmd and PowerShell. If you want to jump straight in, the installation guide is available here. Why include WSL on Windows Server? We want Windows, including […]

情報源: Windows Subsystem for Linux on Windows Server – Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows

Windows ServerにWSLを組み込む理由

Windows Serverを含むWindowsを開発者にとって最適な場所にしたいと考えています。開発者、システム管理者、サービス管理者、サービス構築者は、Linux上で利用可能なツールを必要とすることがあります。利便性の問題として、Linuxツールをワークフローの一部として実行したいと考えている人がさらにいます。

LinuxツールをWindows Server上で使う方法には二つの方法がありました。一つはCygwinなどを使ってWindowsへ移植されたツールを使う方法ですが、しばしばこれはGemやライブラリの互換性の問題に直面し上手く行かないことが有ります。またそもそも移植されていないツールを使用することは出来ません。二つ目の方法はWindows Server上で仮想マシンを使う方法ですが、これではホストのWindowsとは切り離されすぎています。

WSL上でLinuxを動かすことで、この二つの方法での問題を改善できます。WSLは変更されていないLinux(ELF64)バイナリをネイティブに実行します。この事によりWindowsに統合された環境でほぼ全てのLinuxコマンドラインツールをインストールして実行できます。

あなたがサーバーエンジニアで、Linuxの環境、ファイルレイアウトを前提とするnode.js, Ruby, Python, Shell Script, その他のツールを実行させる必要があるなら、WSLを使用してLinuxをインストールして実行する機能により、Windows Server上で自由にツールを拡張できます。

WSLはLinuxサーバーでは無い

Windowsクライアント上のWSLと同様に、MySQL、PostgreSQL、sshdなどのデーモンやジョブを対話型シェルで実行できますが、WSLを使用して永続的なLinuxサービス、デーモン、ジョブなどをバックグラウンドタスクとして実行することはできません。

Windowsで永続的にLinuxのサーバーアプリケーションを動作させたい場合については、Build 2017の発表からHyper-V分離コンテナ上でのLinux実行について参照してください。

Windwos Server上でWSLを使用するにはどうすれば良いか?

WSLはWindows Server Insider Build 16237から追加されました。

次のインストール手順に従ってインストールすることが出来ます。

Install the Linux Subsystem on Windows Server

Windowsのコンソールのカラーパレットが更新されます

情報源: Updating the Windows Console Colors – Windows Command Line Tools For Developers

Windows 10 Fall Creator Update(RS3)よりコンソールのカラーパレットが更新されます。

現状のコンソール

新しいコンソールのカラーパレットでの表示

特に青色の表示が大きく改善されていることが解ります。

このカラーパレットの更新は、元々のカラーパレットがCRTでの表示を前提として設定されているため、現在のLCDなどの高輝度のディスプレイでは全体に色が暗く判別しずらい事によります。

この更新は本日配布されたInsider Preview ビルド16257より反映されています。

カラーパレット全体の変更は以下のようになっています。

Windows 10 Insider Preview Build 16257 for PC & Build 15237 for Mobile

Hello Windows Insiders! Today we are excited to release Windows 10 Insider Preview Build 16257 for PC to Windows Insiders in the Fast ring and also in Skip Ahead! We are also releasing Windows 10 M…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16257 for PC & Build 15237 for Mobile – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

今回の更新の目玉はなんと言っても視線入力装置のサポートです。Tobi社の視線入力装置を使用することで、Windowsの各種操作、マウスカーソルの移動、クリック、仮想キーボードでの文字入力などが視線の移動、瞬きなどの目のアクションによって行う事が出来るようになります。

Tobii Gaming | Eye Tracker 4C for PC Gaming.

もともと、FPSのエイムを素早く動かすために開発されたデバイスが、手や腕を動かすことが困難な方のPC利用に寄与するのは素晴らしいですね。また、健常者でも手を別の用途に使ったり、手術室など医療現場や、食品加工の現場など衛生面から手をデバイスに触れさせたくないようなところでのPC操作に威力を発揮するはずです。

そのほか、EdgeブラウザのUIデザインがフルーエントデザイン化されたほか、コンソールのカラーパレットが「やっと」見なおされ、特に今まで非常に見えずらかった青が見やすくなったようです。

その他は既存の問題手の修正がメインです。

Mobileについても既存の問題点の修正となっています。

その他の話題としては、このWindowsのビルドとOffice Insider向けに公開される次のOffice 365のInsider Buildとの組合せでmOffice appの中で3Dモデルが使用できるようになるようです。