「Windows」カテゴリーアーカイブ

Visual Studio Preview2(15.3)

Visual Studio Preview Release Notes

情報源: Visual Studio Preview Release Notes

Visual Studio 2017 Preview2(15.3)が公開され、Previewも新シリーズになりました。

主な変更点:

  • .NET Framewrok 4.7
  • .NET Core 2.0
  • TypeScript 2.3RC
  • IDEの機能向上

詳細は情報源を確認ください。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16215 for PC + Build 15222 for Mobile 

Hello Windows Insiders! Today we are excited to be releasing our #TacoHat Thursday build – Windows 10 Insider Preview Build 16215 for PC – to Windows Insiders in the Fast ring! We are a…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16215 for PC + Build 15222 for Mobile – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

Memo.

通知領域デザイン変更されます。

主にリーディング、PDFリーダー機能関連他でEdgeの機能強化。

フォントの強化としてUDデジタル教科書体が日本語のフォントとして追加されました。このフォントを使う事で縦書きの問題も改善されるかも。

別記事にも書きましたが、WSLの仕様にあたり開発者モードの設定が不要になりました。

Hyper-Vで仮想バッテリーがサポートされます。

レジストリエディタが高DPI対応されました。

日本語、中国語IMEでそれぞれ機能強化がされています。

Windows Subsystem for Linuxの仕様にあたり、開発者モードの設定が不要に

情報源: Developer Mode no longer required for Windows Subsystem for Linux – Windows Command Line Tools For Developers

Windows 10 Insider Preview Build 16215よりWSLの仕様に当たって開発者モードの設定をする必要がなくなります。

これは、開発中の不安定な機能を使用するものだったため、非技術ユーザーを保護する目的で設置されていましたが、昨年からの二つの大きな更新でMSとして自信が持てたので、このツールセットを多くのユーザーが利用できるよう、開発者モードの設定無しで使えるようにするということのようです。

このため、今後WSL自体の機能をWindowsに追加するには、Windowsの機能にて「Windows Subsystem for Linux(Beta)」を選択するだけです。

Windows 10 Workstation editionが計画されているらしい

情報源: Microsoft leak reveals new Windows 10 Workstation edition for power users – The Verge

Microsoftはプロフェッショナルユーザー向けにWindows 10へ新しいエディションを追加しようと考えているようです。また、この新しいエディションでは以下のような拡張が行われるようです。

  • 最大4つのプロセッサ、6TBのメモリをサポート。(Proは2つのプロセッサまで)
  • Workstation Modeの追加。一般的なデスクトップアプリケーションのワークロードを検知して処理を最適化するモードです。RS1で追加されたゲームモードのようなものですね。
  • ReFSのネイティブサポート。
  • ネットワーク経由でのファイル共有を効率化するため、SMBDirectプロトコルのサポート。

手元でR言語などを使用して強大なデータを分析するデータアナリストや、8Kの動画コンテンツをノンリニア編集する必要があるディレクター・エディター、HDなVRコンテンツのクリエーター、CG制作などに向いたエディションになりそうです。

当然これをフル活用するには、現状存在しない4ソケットのワークステーションモデルのPCが必要ですし、ネットワークインターフェイスも最低でも10Gbイーサネット、DIMMスロットもたくさん必要です。現状のサーバーの価格から考えるとメモリ容量によりますが、3~400万ぐらいのマシン価格になりそうですね。とは言っても、それぐらいの価格なら昔のシリコングラフィックスのワークステーションより安いですね:P

Windows 10 SでWSLは動くのか?

情報源: Will Linux distros run on Windows 10 S? – Windows Command Line Tools For Developers

教育分野用のWindows 10のエディションとして、Windows Sが先頃発表されました。このWindows SはWindowsストア経由でのアプリケーションのインストールが行えませんし、ストア経由でインストールしかアプリケーションを実行できません。また、先のBuild 2017ではWSLのユーザーランドがUbuntuだけでなくSUSE, Fedoraが追加され、それがストア経由で選択してインストール出来るようになることが発表されました。

そこで、誰もが疑問に思うのがそれだったらWindows SでWSLが動くんじゃ無いかって事です。

答えはNO

理由はWSLが前提としているデスクトップブリッジが広範な権限を必要とするため、Windows Sでは動かないから。記事では同様な理由でWindows Sは開発者向けではないとしています。

Surface LaptopのようなWindows SがプリインストールされたPCを入手した場合には、Pro等へのアップグレードが必要となります。

New distro’s coming to Bash/WSL via Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

Memo.

情報源: New distro’s coming to Bash/WSL via Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

WSLのディストリビューションを今までのUbuntuに加え、SUSE, Fedoraが追加され、その中から選択できるようになりました。これでyum派のみなさんも安心ですね!

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16188 for PC + Build 15210 for Mobile

Hello Windows Insiders! Today we are excited to be releasing Windows 10 Insider Preview Build 16188 for PC to Windows Insiders in the Fast ring. We are also releasing Windows 10 Mobile Insider Prev…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16188 for PC + Build 15210 for Mobile – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

PC版はEdgeでのPDFへのキャプチャ他関連機能の追加。PDFブラウザとして一通りの機能を持つことに。その他、設定のInsider Programのアイコンがニンジャキャットに変更、コルタナの設定の設定Appに追加、簡単操作に拡大鏡の設定が追加と設定Appが変更されています。

Windows 10 S

情報源: Microsoft Education: Empowering students and teachers of today to create the world of tomorrow – Windows Experience BlogWindows Experience Blog

教育機関向けのWindowsの新しいエディションとしてWindows Sが発表されました。

噂されていたARM版ではなく、Intelのx86アーキ向けのOSで、教育機関向けにカスタマイズされています。また、ストア経由でのアプリケーションのインストールのみがサポートされ、今までのMSIを使用したデスクトップのアプリケーションはインストール出来ません。

基本的には単体パッケージではなくMSのパートナーが販売するプリインストールのPCにて入手するようです。また、このルートで入手したPCでは教育機関向けのOffice 365, 教育機関向けIntune, マインクラフトエデュケーションエディションを無料で使用することができます。また、このOffice 365にはTeamも含まれ、Windows SでもOfficeを使用できるようにストア経由でのインストールが可能なバージョンが近々公開されます。