「Visual Studio」カテゴリーアーカイブ

Visual Studio 2017 Version 15.7 Preview 1 リンクまとめ

Visual Studio 2017 Version 15.7 Preview 1 | The Visual Studio Blog

入手: プレリリース版 Visual Studio 2017 | Visual Studio プレビュー

リリースノート: Visual Studio 2017 version 15.7 – Preview Release Notes

Python

Python in Visual Studio 15.7 Preview 1 – Python Engineering at Microsoft

C++

ClangFormat Support in Visual Studio 2017 | Visual C++ Team Blog

C++ Code Analysis Improvements for Visual Studio 2017 15.7 Preview 1 | Visual C++ Team Blog

Linux C++ Workload improvements to the Project System, Linux Console Window, rsync and Attach to Process | Visual C++ Team Blog

Visual Studio Code February 2018

See what is new in the Visual Studio Code February 2018 Release (1.21)

情報源: Visual Studio Code February 2018

今回も変更点が多いので詳細は情報源を確認ください。

トーストの機能が変更されていたり、TypeScriptのサポートが2.7.2になったり、Explorerの使い勝手が向上したりしています。

ダウンロードは以下。

https://code.visualstudio.com/Download

Visual Studio 2017 version 15.6アップデート関連まとめ

昨日Visual Studio 2017 version 15.6がリリースされました。その関連MSDNブログのまとめ。

Visual Studio 2017 version 15.6, Visual Studio for Mac version 7.4 Released

New Git Features in Visual Studio 2017 Update 6

F# language and tools update for Visual Studio 2017 version 15.6

Visual Studio 2017 Version 15.6 Now Available! – Xamarin

リリースノート:

https://docs.microsoft.com/en-us/visualstudio/releasenotes/vs2017-relnotes

Memo: Azureのキーを誤ってGitHubにアップロードさせないようにするためのVS拡張やMSの取り組みなど

@kosimoebiさんに教えていただきました。さすがRD。

という事でMemo。

Managing Secrets Securely in the Cloud | The Visual Studio Blog

Azure Services Authentication ExtensionというVS拡張に関する記事で、そもそもコードや設定ファイル内でキーを記述しなくても良いようにするためのツール。必要なときにツールがキーを取得する。

Managing Secrets Securely in the Cloud | The Visual Studio Blog

これはContinuous Delivery Tools for Visual StudioというVS拡張がコード分析し、キーがコード内に書かれていた場合に警告やエラーを出すことができるようになること、GitHubとMSが協業して、ボットがコードのチェックインを監視していて、コードにAzureのキーがあればボットが抜いてユーザーに通知するよという記事。当然MSのボットがキーを抜く前に悪意のある第三者に抜かれてしまう可能性はあります。

Visual Studio Code January 2018(1.20.0)リリース

情報源: Visual Studio Code January 2018

主な変更点

  • 内臓ディレクトリビュー(エクスプローラ)で複数ファイルを選択して開くことが可能になった。
  • 管理者権限が必要なファイルの保存が可能になった。
  • 256MBを超えるファイルの保存が可能になった。
  • Caseを意識したスマートサーチ。
  • 画像ファイルのズーム表示。
  • カラーテーマのカスタマイズ。
  • ドロップダウンのカスタマイズ。
  • エディタの改善。
  • Gitサブモジュールの対応
  • 内臓ターミナルの改善
  • デバッグ機能の強化
  • TypeScript 2.7.1対応。
  • などなど

詳細、ダウンロードは情報源をご確認ください。