「オブジェクト指向・システム開発」カテゴリーアーカイブ

JetBrains Riderのライセンス

情報源: Rider: licensing and pricing – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

JetBrainsの.NET向けIDEである、Riderのライセンスが発表されました。

Commercial license /1st year Personal license /1st year
Rider $349 $139
Rider + ReSharper Ultimate $449 $179
All Products (includes Rider) $649 $249

Rider + ReSharper Ultimateと言う新しいライセンスが出来るようです。All ProductsはRiderが加わってもお値段据え置き、1年ごとのサブスクリプションライセンスのみで、買い切りは無し。

また、いつものようにMS MVPな人や、学生・教育機関向け、オープンソースプロジェクト向けの優遇措置が有ります。

 .NET Framework 4.7 正式公開

情報源: Announcing the .NET Framework 4.7 General Availability | .NET Blog

.NET Framework 4.7が、Windows 10 Creators Update以外にも正式公開となりました。

これが対応するWindowsのバージョンは以下の通りです。

  • Windows 10 Creators Update (included in-box)
  • Windows 10 Anniversary Update
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 SP1

変更点は以下のReadMe, GitHubのチェンジログを確認ください。

https://msdn.microsoft.com/library/ms171868.aspx#v47

https://github.com/Microsoft/dotnet/blob/master/releases/net47/dotnet47-changes.md

また、.NET Framework 4.7はDirectX 11(Dx11)のコンポーネントに依存するので、Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012では事前にDx11のインストールが必要です。

インストーラーはWebインストーラー、フルインストーラーが用意されています。

Webインストーラ(日本語)

フルインストーラー(日本語)

Rider EAP 21 F#がサポートされた

A new Rider EAP build is available for download! In this Rider EAP 21, we’ve fixed a number of bugs, bundled the TFS plugin to make working with TFS and VSTS easier, added detection of existing file indents for editing, added highlighting … Continue reading →

情報源: Rider EAP 21: F# support, bundled TFS plugin and more – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

Riderの新しいEAPが登場しました。主な変更点は以下の通りです。

  • F#のサポート
  • TFSプラグインがバンドルされた。
  • XMLコメントのハイライトとナビゲーション
  • 設定ページの向上

F#のサポートですが、現状はコンソールアプリケーションとライブラリのテンプレートが用意されています。

TypeScript 2.3 

情報源: Announcing TypeScript 2.3 | TypeScript

2.3がリリースされました。

Visual Studioをお使いではない型は以下のnpmコマンドでインストールが出来ます。

Visual Studio 2015 Update 3もしくはVisual Studio 2017 Update2 Previewをご使用の方は以下のインストーラーをダウンロードして実行してください。このインストーラーはVS2017は製品版は未サポートなので注意してください。Update2製品版ではTS 2.3が最初からサポートされる見込みです。

インストーラ

変更内容につきましては以下をご確認ください。

https://github.com/Microsoft/TypeScript/wiki/What’s-new-in-TypeScript

Getting Started with Visual Studio for C and C++ Development | Visual C++ Team Blog

Memo.

一通りの手順を説明したチュートリアル。

VS2017のMS製C/C++コンパイラはC++としてはそこそこイケテイルもののCコンパイラとしては今一です。ただ、最近は自社製コンパイラだけでなくclangやgccに対応したりしているのでそれなりにね。

情報源: Getting Started with Visual Studio for C and C++ Development | Visual C++ Team Blog

C++ Unit Testing in Visual Studio

Testing is an increasingly important part of a software development workflow. In many cases, it is insufficient to test a program simply by running it and trying it out – as the scope of the project gets more involved, it becomes increasingly necessary to be able to test individual components of the code on a structured basis.

情報源: C++ Unit Testing in Visual Studio

SSDT 17.0 (April 2017)リリース

We are pleased to announce that SQL Server Data Tools 17.0 is officially released and supported for production use. This GA release includes support for SQL Server 2017 and SQL Server on Linux including new features such as Graph DB.

情報源: Announcing the General Availability (GA) Release of SSDT 17.0 (April 2017)

SSDTがアップデートされました。

主な機能追加点:

  • SQL Server VNextのベースプロジェクト、ISプロジェクト、BIプロジェクトのサポート
  • Azure Analysis Serviceのサポート

その他については以下のチェンジログを参考にしてください。

https://docs.microsoft.com/en-us/sql/ssdt/changelog-for-sql-server-data-tools-ssdt#ssdt-170-supports-up-to-sql-server-vnext

Visual Studio 2015向けダウンロード

Visual Studio 2017では、Reporting Service, Analysis Service向けプロジェクトテンプレートをインストールします。

Windows desktop development with C++ in Visual Studio

The Windows desktop platform has long been the most popular platform among C++ application developers. With C++ and Visual Studio, you use Windows SDKs to target many versions of Windows ranging from Windows XP to Windows 10, which is well over a billion devices.

情報源: Windows desktop development with C++ in Visual Studio

Memo.

VS2017でC/C++を使ってデスクトップアプリケーションを開発する際のセットアップ手順他。

特に注意が必要なのは、標準のデスクトップ開発を選択した場合にはMFC/ATLがインストールされないので、個別で必ずチェックを入れないと行けないところ。

COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge

The Windows 10 Creators Update adds out-of-process (OOP) COM and OLE support for apps on the Desktop Bridge – a.k.a Packaged COM. Historically, Win32 apps would create COM extensions that other applications could use. For example, Microsoft Excel exposes its Excel.Application object so third-party applications can automate operations in Excel, leveraging its rich object model. […]

情報源: COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge – Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows