「オブジェクト指向・システム開発」カテゴリーアーカイブ

Git for Windows 2.13.1(2) Commit, Statusコマンドのバグ修正

Git for Windows 2.13.1(2)

ダウンロード、詳細は上リンクを参照。

2.13.1へのバグパッチ対応がされたものです。

修正内容はcommitコマンド、statusコマンド実行時にクラッシュすることがあるという内容なので、現状問題がなくても早めに適応したほうがよいでしょう。

Git for Windows 2.13.1

情報源: Release Git for Windows 2.13.1 · git-for-windows/git · GitHub

主な変更点:

  • Git v2.13.1への追従
  • Git Credential Manager v1.10.0への追従
  • OpenSSHのアップデート
  • Git Flow v.1.11.0への追従
  • Git LFS v2.1.1への追従
  • Windows 10 Creators Updateで追加された、開発者モード時にシンボリックリンク作成を昇格無しに行える機能への対応
  • その他バグフィックス

詳細、ダウンロードは情報源へ。

.NET Core 2.0 Preview 1

情報源: Announcing .NET Core 2.0 Preview 1 | .NET Blog

Memo.

Release Note https://github.com/dotnet/core/blob/master/release-notes/2.0/2.0.0-preview1.md

2.0ではより広範なLinuxディストリビューション、BSDのサポートがされています。(作業中含む)

現在対応しているOSは以下の通り。(上リリースノートより引用)

OS Version Architectures Notes
Windows Client 7 SP1+ x64, x86
Windows Server 2008 R2 SP1+ x64, x86 Configurations: Full, Server Core, Nano
Windows IoT 10+ [C] arm32 IoT Core – see Raspberry Pi instructions
Red Hat Enterprise Linux 7.3+ x64 This includes Centos and Oracle Linux
Fedora 25+ x64
Debian 8.7+ x64 Debian 9 (Stretch) workaround
Ubuntu 14.04+ x64, [C] arm32 This includes Linux Mint 17 for x64
For arm32, see Raspberry Pi instructions
openSUSE 42.2+ x64
Tizen 4+ [S] arm32 Tizen .NET Developer Preview
Mac OS X 10.12+ x64
In Progress OS’s
Arch Linux [C] TBD TBD Blocked on missing OpenSSL 1.0 package in distro.
Arch Linux community efforts tracked here.
FreeBSD & NetBSD [C] TBD TBD Tracking main issue and label.
NetBSD packages for .NET Core 1.0.0
  • Note: The goal is to support these OS’s up to the version that has released when .NET Core 2.0 releases. Some will be officially supported by Microsoft and/or Samsung while others may be made available with community support. Entries will be supported by Microsoft per the Microsoft support policy except where support is explicitly called out as coming from elsewhere.
  • [S] This is supported by Samsung.
  • [C] This is supported by the Community

Visual Studio Preview2(15.3)

Visual Studio Preview Release Notes

情報源: Visual Studio Preview Release Notes

Visual Studio 2017 Preview2(15.3)が公開され、Previewも新シリーズになりました。

主な変更点:

  • .NET Framewrok 4.7
  • .NET Core 2.0
  • TypeScript 2.3RC
  • IDEの機能向上

詳細は情報源を確認ください。

Microsoft releases open-source toolkit to accelerate deep learning – Next at Microsoft

A toolkit used across Microsoft to achieve breakthroughs in artificial intelligence is generally available to the public via an open-source license, a team of researchers and software engineers announced today. … Read more »

情報源: Microsoft releases open-source toolkit to accelerate deep learning – Next at Microsoft

Memo.

EF 6.2 beta 1

A first-hand look from the .NET engineering teams

情報源: Announcing EF 6.2 beta 1 | .NET Blog

Entity Framework開発チームの主軸はEF Coreへの機能追加というのは変わらない物の、フルフレームワーク側のEntity Frameworkに関してもバグの修正や機能改善は続けられていくようです。また、GitHubでソースも公開され、コミュニティからフィードバッグはそちらで受け付けていくことになるようです。

現状の機能改善予定については情報源のリンク先、及び以下のGitHub Issuesで確認できます。

https://github.com/aspnet/EntityFramework6/issues

A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

情報源: A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Update 2よりインストール可能になったPython関連機能の紹介記事。VS2017からはVS2015までのPTVSのようなアドインという扱いではなく、Pythonへの対応機能は基本機能とされている。

個人や、OSS開発では無償で使用できるCommunity Editionでも当然使えます。

New distro’s coming to Bash/WSL via Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

Memo.

情報源: New distro’s coming to Bash/WSL via Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

WSLのディストリビューションを今までのUbuntuに加え、SUSE, Fedoraが追加され、その中から選択できるようになりました。これでyum派のみなさんも安心ですね!

Visual Studio 2017 Update 2とVisual Studio for Macが正式リリース

情報源: A fresh update to Visual Studio 2017 and the next preview | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Updare 2(15.2)が正式リリースとなりました。

  • Python向けのツールが追加されました。従来のPython Tools for Visual Studioに相当します。また、Python本体、アナコンダのインストールもサポートされます。
  • データ サイエンスと分析のアプリケーションが追加されました。ここではR言語のサポート、Rのランタイム、Microsoft R Client、cokiecutterがインストールされ、上のPythonが戦たくれていなければ、Python, アナコンダもインストールされます。
  • ReShaper 2017.1のlightweight modeが正式にサポートされます。
  • Xamarin 4.5で従来のプロパティーページがプロパティページとマニフェストエディターに分割されました。
  • Visual Studio Tools for UnityではUnity 5.6がサポートされ、インストールされます。
  • TypeScriptのサイドバイサイド実行がサポートされます
  • Linux C++開発が向上しました。
  • CMakeメニューがフィードバックに基づき変更されました。
  • 診断ツールウインドウで、リソース上限を設定できるようになり、上限に達すると自動的に診断ウインドウが停止するようになりました。その場合でもデバッガ自体は継続しています。これは長時間のデバッグを行っていると診断ウインドウが大量のリソースを消費する事へのフィードバックに基づいています。
  • インストールパッケージキャッシュの移動、削除が可能になりました。

Visual Studio For Macが正式リリースとなりました。

Visual Studio 2017 for Macリリースノート

JetBrains Riderのライセンス

情報源: Rider: licensing and pricing – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

JetBrainsの.NET向けIDEである、Riderのライセンスが発表されました。

Commercial license /1st year Personal license /1st year
Rider $349 $139
Rider + ReSharper Ultimate $449 $179
All Products (includes Rider) $649 $249

Rider + ReSharper Ultimateと言う新しいライセンスが出来るようです。All ProductsはRiderが加わってもお値段据え置き、1年ごとのサブスクリプションライセンスのみで、買い切りは無し。

また、いつものようにMS MVPな人や、学生・教育機関向け、オープンソースプロジェクト向けの優遇措置が有ります。