「オブジェクト指向・システム開発」カテゴリーアーカイブ

Windows desktop development with C++ in Visual Studio

The Windows desktop platform has long been the most popular platform among C++ application developers. With C++ and Visual Studio, you use Windows SDKs to target many versions of Windows ranging from Windows XP to Windows 10, which is well over a billion devices.

情報源: Windows desktop development with C++ in Visual Studio

Memo.

VS2017でC/C++を使ってデスクトップアプリケーションを開発する際のセットアップ手順他。

特に注意が必要なのは、標準のデスクトップ開発を選択した場合にはMFC/ATLがインストールされないので、個別で必ずチェックを入れないと行けないところ。

COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge

The Windows 10 Creators Update adds out-of-process (OOP) COM and OLE support for apps on the Desktop Bridge – a.k.a Packaged COM. Historically, Win32 apps would create COM extensions that other applications could use. For example, Microsoft Excel exposes its Excel.Application object so third-party applications can automate operations in Excel, leveraging its rich object model. […]

情報源: COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge – Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows

ReactXP

A library for cross-platform development

情報源: A library for building cross-platform apps – ReactXP

MicrosoftのSkypeチームがクロスプラットフォームでアプリケーションを作るために作成した、クロスプラットフォーム開発向けライブラリらしい。

現状はWeb(React JS)、iOS(React Native)、Android(React Native)、Windows UWP(React Native)に対応しているようです。

開発のいきさつ的にはCordova使えんかったわーって感じで、速度的に期待できるネイティブ開発が行えるReact NativeがあるReactを使用する事になった模様。詳しくは以下のBlogを参照してください。

Introducing ReactXP – ReactXP Blog

これが、Skypeチームだけなのか、全社的に使われるようになるのかも注目ですね。

何故Xamarin使わないんだって言うのも有りますが、ま、それはね。

こちらも参照。

https://medium.com/@dabit3/reactxp-first-look-d3dd1d08febd

ReSharper Interactive Tutorials get an update 

As you may remember, along with ReSharper 2016.3 we released a special plugin entitled “ReSharper Tutorials.” In brief, it’s a plugin with a set of interactive ReSharper tutorials. Here’s how it works: When you launch a tutorial, a sample solution … Continue reading →

情報源: ReSharper Interactive Tutorials get an update – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

日本語化はされていませんが、ReSharperのチュートリアル拡張が出たようです。使い方、入手方法は上情報源を参照してください。

Visual Studio Code March 2017(1.11.0)

See what is new in the Visual Studio Code March 2017 Release (1.11)

情報源: Visual Studio Code March 2017

Visual Studio Codeの3月分アップデートが来ました。

ダウンロード http://code.visualstudio.com/download

変更点はいっぱいなので、情報源のReadmeを確認ください。

自分的に目だったのは以下の点です。

エンコードの自動判別機能はやっと付いた感じですがうれしいです!

.NET Framework 4.7

情報源: Announcing the .NET Framework 4.7 | .NET Blog

.NET Framework 4.7がリリースされました。

.NET Framework 4.7はWindows 10クリエーターズアップデートに含まれています。

主な変更点は以下となっています。

  • DataContractJsonSerializerの改良
  • SSlStreamでのTLSのサポート
  • ASP.NETでObjct Cacheの改良
  • WCFでデフォルトのメッセージセキュリティがTLS1.1/1.2に変更
  • WCFでのシリアライズの改良
  • Window Formsでの高DPI対応
  • WPFでのタッチ、スタイラスペンのサポート
  • WPFでの印刷の改良

詳細は上Blog記事、以下のReadme、GitHubのチェンジログを参照してください。

https://msdn.microsoft.com/library/ms171868.aspx#v47

https://github.com/Microsoft/dotnet/blob/master/releases/net47/dotnet47-changes.md

また、開発にはVisual Studio 2017 15.1が必要です。また、15.1へのアップデート時、もしくはアップデート後に下図の赤枠内の4.7 SDKと4.7 Targeting Packにチェックを入れて更新する必要があります。

Windows 10 Creators Update以外への提供はまだですが、以下のバージョンへの提供が予定されています。

  • Client: Windows 10 Creators Update (RS2), Windows 10 Anniversary Update (RS1), Windows 8.1, Windows 7 SP1
  • Server: Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2 SP1

Visual Studio 2017 15.1

情報源: Visual Studio 2017 Release Notes

15.1へのアップデートがリリースされました。

主な変更点はTeam Explorerのスタンドアローンインストール、Windows 10 Creators Updateへの対応となっています。

アップデートは、既にインストールされているVisual Studioインストーラを起動して「更新」ボタンで進めます。