Windows 10でMicrosoft-Windows-WHEA-Logger ID 17 の警告が頻発する場合

次のような感じでMicrosoft-Windows-WHEA-Loggerが ID 17 でPCI Expressバスの警告を頻発させていました。

いろいろ調べたところ、UEFIの設定でPCIeのバスのASPM(電源管理機能)を生かしておくと発生するようです。

UEFIの設定でその機能をOFFにするのはもちろん、Windows側でも、各電源プランの詳細電源オプションで次の図のようにPCI Expressの電源管理をOFFにするように設定します。

これでとりあえず、警告は出なくなると思います。

恐らくPCI ExpressのドライバがASPMに対応していないか、不具合がある物と思いますが、これも何となく先ほどのグラボの不調と関係していそうな。。。

Windows 10 Insider Preview Build 15031 for PCでのゲームモードその後とForza Horizon 3が突然落ちてしまうことについて

Hello Windows Insiders! Thank you very much to those of…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15031 for PC  | OPC Diary

一度はうまく行けたかに見えたWindowsのゲームモード + Forza Horizon 3その後起動しなくなる現象が復活してしまいました。

プロセスエクスプローラーでその状態になる時を確認していたところ、Systemが30%弱のCPU使用率となっていて、CPUを優先しようとしているゲームとカーネルモードで動作しているスレッドがCPUを取り合いしているためのようです。

ゲーム起動時なくてもSystemのCPU使用率が高い場合が有り、その時CPUを使用しているのはACPI.SYSで始まるスレッドでした。ACPI.SYS CPU使用率で検索すると、以下の記事がありました。

CPU1コアが100%張り付く件: IT技術者が困ったときに見るブログ

この記事ではIntelのNICドライバでしたが、私のマザーはRealtechですが、同様にWOLの設定があったので、WOL関連の設定は全てDisableにしたところ、SystemのCPU使用率が1%まで下がり、再起動後や、その後もSysstemのCPU使用率が異常に上がることはありませんでした。

この設定変更後はWindows 10の設定、ゲームの個別設定の両方でゲームモードをONにしても問題無く起動できますし、実際のCPU使用率もゲームモードOFF時は最高でも56%程度のCPU使用率でしかゲームが専有できていなかった物が、70%~80%常時使用できるようになったので、ゲームモード自体の効果はそれなりにあるようです。体感的には一瞬固まるプチフリーズみたいな事が時々あったのですが、それが解消されたような気がします。

Forza Horizon 3が突然異常終了してしまう

ずっとなんですが、Forza Horizon 3がプレー中に突然異常終了してしまうことがよくあります。大体大きくビデオメモリの書き換えが必要なタイミング、アニメーションの切り替えや、テクスチャ量が増える様な場合に発生します。

上の調査でタスクマネージャーを多少にらみながらプレーしていたのですが、この突然落ちるケースでは、落ちる瞬間に「システムの割り込み」のCPU率が数秒急上昇することがわかりました。

何か良くない感じなので、イベントビューワーを見てみます。

こちらがアプリケーションが落ちたときのエラーログ。

そして同時刻にNVIDIAのドライバが無応答になった警告が出ています。

「システムの割り込み」のCPU率が上がった原因はこれで、恐らく「システムの割り込み」がドライバを回復させています。ゲームが落ちたのも恐らくグラフィックボード側かドライバ内の異常が原因でしょう。

とりあえずNVIDIAのドライバを更新しても、逆にダウングレードしても同様現象が発生するので、現状はどうした物かという感じになっています。

恐らくDRAMからVRAMへのデータ転送時にドライバが無応答になってしまうタイミングが有るんだと思いますが、これがForza Horizon 3の問題なのか、DX12の問題なのか、FH3がUWPアプリケーションだからなのか、単にドライバの問題なのかはよくわかりませんね。

ということで、Windows 10 RS2のリリースも近づいてきましたので、また何か進展があったら更新(記事の追加を)します。

State of the union: ReSharper C# 7 and VB.NET 15 support 

When we released ReSharper 2016.3 (and earlier this week, ReSharper 2017.1 EAP), we introduced initial support for C# 7 and VB.NET 15. For example, ReSharper now understands binary literals and digit separators, as well as local functions with several inspections. … Continue reading →

情報源: State of the union: ReSharper C# 7 and VB.NET 15 support – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

Resharper次バージョンでのC# 7対応についての記事。

Forza Motorsport – Forza Week in Review 2-17-17

Forza Motorsport

情報源: Forza Motorsport – Forza Week in Review 2-17-17

今週の週報。

ForzaRC Season 2 Prizes

受賞者と賞品に関する話題。今週より賞品車の納車(ゲーム上ですけど)が行われていくようです。

ピンバッジいいですね。

#Forzathon – Valentine’s Day & More

今週は火曜日にValentine’s Dayがあり、今Look what we found!が開催中です。

“Making Friends”から初めてローラT-70を入手するところから始めるのが良いと書かれています。とりあえず他では今のところ手に入らないので、確定させてしまう方がいいですね。

こちらもよろしく。

Cycled Production Hopper

Forza Motorsport 6でCycled Production Hopperを更新する計画があるらしく、公式フォーラムにスレッドを立て意見を募集しています。

https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm681830_New-FM6-Cycled-Production—-Call-for-Cars-Track-ideas.aspx#post_681830

Heavy Metal Affliction

今週は2004 Subaru WRX STi WR1でした。

https://forzamotorsport.net/en-us/news/hma_2_16_17

#ForzaFriday

日本時間では毎週土曜日の朝8時からです。

Beam http://www.beam.pro/ForzaMotorsport
twitch http://www.twitch.tv/ForzaMotorsport

今週は二度の#Forzathonとその準備で終わった感じ。ローラ T-70は年式が年式なので走りという点では余り期待していなかったのですが、さすがレーシングカート言うことで思ったより良かったのが良いですね。

さて来週はまず火曜日にフェラーリ599xxを手に入れるためのフェラーリ祭りですね。

Rider EAP 17: NuGet, unit testing, good and bad news on debugging – .NET Tools Blog

Ah, the scent of fresh software in the morning. We just published a fresh Rider Early Access Preview (EAP) version, go grab it! (Unless you’re about to debug .NET Core: if you are, read on first.) What’s in this build? Significant … Continue reading →

情報源: Rider EAP 17: NuGet, unit testing, good and bad news on debugging – .NET Tools Blog

Riderの新ビルド(EAP)の紹介記事。

.NET CoreのデバッガがMS製品以外で使用が禁止されているプロプライエタリだったので、Riderのパッケージから外れるよという話と、明るい方のニュースとしてはコード保管機能の拡充や、ユニットテストサポート、NuGetのサポートなどの機能追加、改善が成されているようです。

追記:

Riderの新ビルドをインストールしてみましたが、C#のコードスタイル設定がReSharperと同程度に細かく設定できるようになっていました。

VBも同じ。

#Forzathon Look What We Found! #ForzaHorizon3

今週のForzathon。従来通りなら金曜日17時より開始。

公式フォーラムの情報
https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm681533_Contest-and-Gift-List-for-FH3.aspx#post_681533

公式フォーラムのForzathonスレッド
https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postst67493_Forzathon.aspx

Mid-Engine Triumph(ミッドエンジンの栄光)

Ferrari Dinoに乗り1つのチャンピオンシップで優勝して3ホイールスピンゲット。

とりあえず以下のように得意なところで勝負できるようにチャンピオンシップのブループリントでDinoだけのレースとかにすると良いと思います。下手にRare ClassicsとかにするとACコブラが出てきて加速で負けてなかなか勝つのが大変です。

一応車も用意しました。ゲーマタグ “Ishisaka” で検索してみてください。

また、このチャレンジで必須のDinoは掘り出し物なので、まだ持っていない方はゲームを進めて見つけておくか、オークションにて入手する必要があります。

実績解除後感想

上の車とチャンピオンシップで無事クリアしました。

ホイールスピン3つともHEではないものの、未入手の車が当たってちょっとうれしい。

Fang It!(ぶっ潰す!)

Fang It!(ぶっ潰す!)

フォードに乗って5回1対1レースに勝てば15,000XPゲット。

まぁこれも指示通り。ちょうど先週のForzathonでチューンされたF-100やゲットしたマスタングBOSS HSが有ると思いますし。

実績解除後感想

特に問題無くさくさくっと行けると思います。

Making Friends(トモダチ作戦)

Making Friends(トモダチ作戦)

Int’l ScoutまたはHolden FX Uteに乗りオンラインロードトリップに1 回参加してLola #6 Penske Sunoco T70をゲット。

これは完走でよさそう。

ご褒美はこのローラT-70(右)。

日本におけるローラT-70の伝説はこちら。日本でローラT-70を使用してチャンピオンシップに挑んだ滝レーシングチームの活躍が語られています。

DearLoLa

誰か滝レーシングチームのペイント作ってくれないかな。

一応Int’l Scoutの舗装道路用結構速いチューンを用意しました。ゲーマタグ “Ishisaka” で検索してみてください。

また、このチャレンジで必須のScoutもしくはHolden FX Uteも掘り出し物なので、まだ持っていない方はゲームを進めて見つけておくか、オークションにて入手する必要があります。

実績解除後感想

結局上の車はどちらも使えず、Aクラスにアップデートしていた別のScoutでクリアしました。

実績解除するにはオンラインで4回レースもしくはゲームをこなしてもダメで、一度オンラインのレース・ゲームを1/4~4/4まで頭から一通りオンラインロードトリップをこなさないと実績クリアになりません。

しかし、レースでわざと車をあてに来るやつが本当にウザイです。

ご褒美。アップグレードでトランスミッションを交換できませんが、さすがレーシングカー。そこそこ良い感じです。

Finders Keepers(見つけた者勝ち)

上三つ何れかのイベントゲーム内のエキシビジョンやオンラインゲームなど何らかのイベントをクリアして30,000CRをゲット。まぁ上三つの何れかチャレンジ中にクリアできます。

実績解除後感想

Making Friendsのチャレンジから始めたのですが、最初レース終了後これをクリアしました。

まとめ

今週は、掘り出し物を使うという点と(今となっては)出力低いエンジンの車でどうレースをこなすかと言ったチャレンジになっています。ただ、オフラインは自動的にIPにあわせてAIの車も調整されますし、オンラインのレースもクラスでマッチングすると良いかもしれません。あとは出力の低い車をどうちゃんと運転するかですね。

クリア

という事でクリアしました。

今回もそれほど大変ではなかったのではないでしょうか。

Happy 15th Birthday .NET! 

A first-hand look from the .NET engineering teams

情報源: Happy 15th Birthday .NET! | .NET Blog

.NETも15歳です。元服です。

.NETも最初はCOM 3.0(COM+ 2.0)から始まり、.NET Frameworkと.NET構想(Hailstorm)みたいな感じで登場して、途中WinFxが登場したり、今となって思えばあれはマイクロサービスでは無かったのかというOsloとか、Silverlightとか、IronRubyとか、まぁずいぶん振り回されたもんですが、.NET Frameworkはそれでもしぶとく生き残っています。しかし、とうとう彼女も15歳を迎えるに当たって自身が分身するということをしでかし、全く落ち着きがありません。お転婆さんですよ。

ただ、「手がかかる子ほどかわいい」などと世間で申しますよう、大変かわいい。時々かわいすぎて首を絞めたくなるほどにかわいい。ただ、最近COMお母さんに似てきたような気もして心配もしています。

まぁ、そんな彼女の成人は見届けられるのかな。