Ishisaka のすべての投稿

I’m Tadahiro Ishisaka. I’m a C# Developer. Working on ABB Bailey Japan Ltd. Mostly interested in OOP, Design Patterns, Functional languages, Ruby, Lean and Agile development. I’m a developer of PIMS. I won Microsoft MVP in the past. (C#, 2006, 2007, 2008)

「ASTERIA実践ガイド」希望者募集!!

CNET Japan Blogでもご活躍の江島さん(インフォテリア㈱)よりご連絡いただき、この度江島さんが執筆され、5月16日に翔泳社より発売される「ASTERIA実践ガイド」を送っていただけることになりました。
書籍情報
書名 :『ASTERIA実践ガイド』~マウスで楽々プログラミング

添付 :CD-ROM 1点 (ASTERIA評価版、サンプルなど)
サイズ:B5変形 / 352ページ
価格 :\3,200- (税別)
発売日:2005年5月16日
出版社:翔泳社
『ASTERIA実践ガイド』公式サイト
http://book.infoteria.com/
また、以下のような趣旨にて、江島さんよりもう5冊ほど寄贈していただけるとのことですので、この趣旨をご理解いただいた上で、この本がほしい、ASTERIAを評価したいという方は、私のほうまでE-Mailにて送付先をご連絡いただきたくお願いいたします。5名の選考は先着順、締め切りは5月12日とさせてください。


[江島氏メールより抜粋]
大企業向けのシステム開発というクローズドな市場でしか認知されていないASTERIAの存在を知ってもらえるだけでも有り難いことです。
こういう機会でもなければナカナカご縁がないということは、ご理解いただけるかと思います。
もちろん、手塩にかけて製品開発をし、解説書を執筆してきたた本人としては、ちょっぴりでも読んでいただいて、できれば付録CDに収録した評価版を触ってみて、ご意見・ご感想を聞かせていただけるのであれば、これ以上に嬉しいことはないです。


インフォテリア株式会社
http://www.infoteria.com/jp/index.jsp
ASTERIA
http://www.infoteria.com/jp/product/asteria/index.jsp
CNET Japan 江島氏Blog
http://blog.japan.cnet.com/kenn/
※8日はさすがに短いので締め切りは12日までとしました。先着順はかわらずです。

なぜPDFではだめなのか

マイクロソフトの「Metro」はPDFキラーになるか – CNET Japan

「本当の問題は、PDFの代わりにわざわざMetroを使う理由があるのかということだ」(Gartenberg)

たぶんその理由はPDFがXMLではないからだ。
個人的には、ドキュメントイメージデータがPDFと言うかPostscriptに全て修練されるのは空恐ろしい物も感じるので、オルタナティブな何かがあっても良いと思う。

Googleウェブアクセス高速化ツール「Web Accelerator」を公開

グーグル、ウェブアクセス高速化ツール「Web Accelerator」を公開 – CNET Japan
おそらくアホみたいにいっぱいあるはずのグーグルのキャッシュを利用できるサービスのようです。
ただ、ユーザーが増えてしまうとグーグル自身がボトルネックになるのではと言う疑問があるんですけどね。
取りあえず我々はまだメリットを享受できないようなので遠目に眺めるのがよいようです。

SQL Server 2005 Express インストール中にエラー

VS 2005 Beta2 + SQL Server 2005 Dev. April 2005 CTPの環境に SQL Server 2005 Express を追加インストールしようとした所、インストール中にSQL Browserのインストール権限が無いとエラーになりました。
その後既にインストールされていたSQL Browserサービスも道連れにされたらしく、SQL Serverの構成マネージャが上手く動きません。とほほ。
SQLに修復セットアップが見つからず取りあえずアンインストール中。

B.A.R. ホンダ2レース出場停止に

Yahoo!ニュース – F1-Live.com – B・A・R Honda、2レース出場禁止
B.A.R.ホンダがレギュレーション違反によりスペインGPと次戦モナコGPが出場停止となりました。噂されていた今シーズンのライセンス停止よりは軽い処分ながら、重い処分です。
うーんルノーが同じレギュレーション違反したら同じ裁定になるかどうか怪しいもんですがね。
取りあえず、今シーズンは棒に振った形です。もう、だからホンダはフルコンストラクタとして参戦しろと。

Visual Studio 2005 Beta2 MFC気づきメモ

デバッグ時VS2003で混合モードと呼んでいたアセンブラのウインドウは「逆アセンブル」と言う名称に代わっている。
AfxMessageBox()で以下のような書き方だとcharの配列が変換できないとコンパイルエラーになってしまう。
AfxMessageBox(“エラーだよ!”);
以下のようにするとOK
CString s1(“エラーだよ”);
AfxMessageBox(s1);
ちなみに
CString s1 = “Hoge”;
もコンパイルエラーになります。
なんでや!
ちなみに製品のフィードバックってどこでするのでしたっけ?

Windows Graphic Faundation

The Future of Windows’ Graphics Technology Review by ExtremeTech
Longhornでのグラフィック周りのソフトウェアブロックが上で説明されています。

この記事によると、Longhornの基本はWindows Graphic Faundation(WGF)1.0と言うDirectX9.0ベースの新しいAPIを持っており、その後DirectX10になると思われていた次世代の3DグラフィックエンジンがWGF2.0として登場するようです。そして、このブロック図ではAvaronはこのWGF1.0のすぐ上に実装される形になるので、思っていたよりマネージドとアンマネージドとの境界の厚みは薄そうですね。
また、これらのグラフィックエンジンが使用するグラフィックドライバはLonghorn Display Driver Model(LDDM)と言う新しいドライバモデルにより実装された物となるようです。今回のWinHECビルドのLonghornではAeroの一部効果が特定のグラフィックチップでしか動作しなかったようですが、このドライバモデルの変更が影響しているのではないかと思います。
しかし、こうなると、気になるのがWinXP/Win2KでのAvaronの実装方法で、今のOSではLDDMに基づいたグラフィックドライバは動作しないでしょうから、Avaron以下のレイヤとAvaronとのひも付けは別の方法で行うことになるはずで、そのときのパフォーマンスだとか、制限等が気になりますね。(たぶんDX9のAPIの上にWGF1.0の互換レイヤを挟んでAvaronを実装するのでしょうけど。)
元ネタは:さすらいの.NETプログラマーさん。多謝。
Longhorn Graphics

64bit Windows

64bit版Windows「Windows XP Professional x64 Edition」登場 – 清水理史の「イニシャルB」
普通のユーザーにとって、64bitネイティブなアプリケーションが登場するまでは、正直あんまり意味がない状態だと思う。ちょうどdaytona(Windows NT 3.5)が登場したときと状況は似ていると思う。あのときも32bitアプリケーションなんて皆無なのに何で32bitアプリケーションが必要なんだと言われていたっけ。
そこで、個人的バイアスも含めて64bit化されるであろうデスクトップアプリケーションを羅列してみよう。(まさにGWひま企画だ!)
Adobe Photoshop
Adobe Illustrator
Adobe Premedia
Adobe Indesigne
Autocad
Mathmatica
Matlab
Visual Studio
Microsoft Office
Java VM
ということで、Adobeのデザイン関係は一通り64bit化される可能性は高いでしょう。特に大容量メモリの貢献を一番受けやすい分野です。Autocadも順当に対応してくるでしょうね。ここには書いてませんが各CADメーカも対応してくるでしょ。これもメモリが多いことの恩恵を受けやすい所です。
さて、Officeですがこれはもうフラグシップとして出さないわけにはいかないんじゃないのと言うことであげて見ました。VisualStudioは願望って言うか、やはり出さないのはおかしいでしょ。