Ishisaka のすべての投稿

I’m Tadahiro Ishisaka. I’m a C# Developer. Working on ABB Bailey Japan Ltd. Mostly interested in OOP, Design Patterns, Functional languages, Ruby, Lean and Agile development. I’m a developer of PIMS. I won Microsoft MVP in the past. (C#, 2006, 2007, 2008)

WinFX

今アメリカではPDCが行われています。

ということで?PDCでLonghornがお披露目って言うか、そのAPIセットであるWinFX(こっちの方が大事)が発表されました。その内容は予想通りというか、やっぱりというかネイティブコードよさようなら、マネージドコードよこんにちわ。

ということで、だから言ったじゃーんとOPC-Fに言ってやりたい。言ってやりたい。

もうDCOMだめぽ。だからってWeb Serviceにすれば幸せなのかよ。そんなことねーぞ。

OPC UNIFIED ARCHITECTURE

OPC TRANSITIONS TO UNIFIED ARCHITECTURE FOR GLOBAL INTEROPERABILITYというプレスリリースがOPCファウンデーションから発表されました。内容極めて掻い摘んでしまうと、題名から期待される物とはほど遠くOPCを現状のCOM/DCOMベースのアーキテクチャをXML Web Serviceへ移行させるよって言うことなんですが、個人的には「あー。」って感じですね。

ぼちぼちと書いていますが、OPC DAはXML Web Serviceなんぞで扱うほど大きな粒度を持ったコンポーネントじゃねぇっつーの。もっと細かいんだからバイナリーインターフェイスじゃねーとねー。

この先OPCも長くないかも。デファクトなしの暗黒時代に逆戻りかなー。まぁせこせことDCOMでつなげばいいですけど。

日本シリーズも気が付けば第6戦

ダイエーホークスがホームの利を出したか、勝利。結局最終戦までもつれることに。しかし伊良部はだめだなー。しかしファンじゃないチームが出場している日本シリーズは冷静に見ることができてこれはこれでおもしろいですね

Wireless IntelliMouse Exploler

というわけで購入。

私の場合は電池1個より2個の方が落ち着いていい感じです。

スクロールホイールは引っかかり感は確かになくなりましたが、少し重たい感じですね。

後、おけつが光らないのがちょっと悲しい。

会社用も色違いで購入決定。

書評: 実践C++/C# .NETプログラミング

今日Amazonから届いて、斜め読み。

CLRや、クラスライブラリの説明が詳しく、丁寧で、好感が持てます。特にCLR上でのコンテキストの扱いについて日本語で書かれた数少ない書籍だと思う。ただ、CLR自体の解説はDon Boxの.NET Essentialほどではないので、心配しなくても大丈夫です。(笑い)これは、足りないと言うことではなくて、実際にソフトウェア開発を行う上では必要十分な内容ということです。

少なくとも、今から.netでソフトウェア開発を行い始める人の為の本ではありませんが、一通り、入門書や、SDKのチュートリアルを終えた人にはよい本だと思います。入門書ではとばしがちな、CLRについての体系的な技術情報、リモーティング、クラスライブラリの詳細、デバッグ方法についての知識を得ることができます。これで物足りないようであれば、.net essentialでも、ECMAのCLI仕様書でも好きな物を読み進めてくださいませ。

あと、Managed C++についての(日本語の)情報に飢えている一部の方に朗報です。今すぐこの本を手にしましょう。たぶんこの本を逃すとしばらく出てこないと思います・・・。

実践C++/C# .NETプログラミング

Richard Grimes著 宇野俊夫訳

翔泳社

ISBN4-7981-0348-9

OPCよ汝は何処へ3

OPCはインターフェイス仕様です。インターフェイス仕様だけではアプリケーション、ソフトウェアシステムは成立しません。実際に動作するソフトウェアシステムを作成する必要があり、それを作成する為には何らかのインターフェイス仕様を元にソフトウェアシステムを構築する為の指針、もしくはフレームワークが必要になります。たとえば、EJBというインターフェイス仕様を使用して、ソフトウェアシステムを構築するための指針として、サン・マイクロシステムズは、「Java 2 Platform, Enterprise Edition アプリケーション設計ガイド」いわゆるブループリントを提示しています。

しかしながら、OPCファウンデーションはこのような明確な形で、OPCによって作られるソフトウェアシステムの外観という物を提示していません。しかしながら、それが何もないわけではなく、実際にはマイクロソフトから提供されています。それがWindows DNAです。OPCは独立したインターフェイス使用であるとともに、Windows DNAの製造業向けの指針であるWindows DNA For Manufacturingを支える基本的な要素の一つです。つまり、OPC DAをはじめとする、OPCの各インターフェイスは、Windows DNAを通してみると、その位置や存在意義が見えてくると思います。その将来も。

これは、OPC XMLも例外では無いと私は考えています。OPC XMLは.NETの中でとらえるよりも、Windows DNAをWeb Serviceに対応させた、Windows DNA 2000の中で考えていく方がとらえていく方が自然でしょう。

OPCはWindows DNAにおいては、UDAの範囲外のデータアクセスレイヤーとして存在しているにすぎません。

そして現在の.netの世界でどうでしょう。マイクロソフトは.netでのソフトウェアシステム構築の指針として、「Application Architecture for .NET: Designing Applications and Services」という、Javaのブループリントに相当する文書を発行しています。OPCもこの文書に書かれた指針の中でその位置や役割を再構築していく必要があるでしょう。そしてそれは、具体的なインターフェイス仕様の変更という形で現れてこなければならないはずです。

OPCよ汝は何処へ2

候補1 SOAP

OPCファウンデーションもOPC XMLという形ですでに規格化を始めていますし、SOAP Ver1.1の範囲にとどめれば、一定の相互接続性も確保できます。

しかしながら、私はこのSOAPがDCOMに変わるOPCで使用するコンポーネントアーキテクチャの決定打とは思えません。現状のSOAPはHTTPで通信されることがほぼ前提で、この方式は数十m秒から数秒の定周期でタスク間の通信が発生するOPCの世界には遅すぎて適していません。現状のSOAPはOPCよりももっと大きな粒度のオブジェクトのインターフェイスとして使用されるべきです。