Ishisaka のすべての投稿

I’m Tadahiro Ishisaka. I’m a C# Developer. Working on ABB Bailey Japan Ltd. Mostly interested in OOP, Design Patterns, Functional languages, Ruby, Lean and Agile development. I’m a developer of PIMS. I won Microsoft MVP in the past. (C#, 2006, 2007, 2008)

Windows X64でのNUMA対応

Windowsインタビュー : 「Windows x64はAMD64にスペシャル・チューニングされている」と米AMD

[Lewis氏] x64 Editionの場合は違いますよ。Windows Server 2003の全Editionだけでなく,Windows XP ProfessionalでもNUMAに対応しています。
 Windows x64 Editionは,AMD64にスペシャル・チューニングされています。その最大のものが,デフォルトでNUMAをサポートしていることなのです。これを推進したのは(Windows NTの初代アーキテクトであり,AMD64やWindows x64 Editionの開発に深くかかわったとされる)David Cutler氏のチームなのですよ。

そういうことか。NUMA対応をさらりとやっていやがる。あんまり宣伝してませんよね。後はSQLがどうかだな。もっともDBにアクセスするアプリケーション側の問題かもしれないですけど。

Visual Basic .NET 2003 (Japanese)

突如MSDN サブスクライバダウンロードに登場したブツ。

Visual Basic .NET 2003 provides the easiest, most productive language and tool for rapidly building applications for Microsoft Windows® and the Web. Ideal for existing Visual Basic developers as well as new developers in the Microsoft .NET development environment, Visual Basic .NET 2003 delivers enhanced visual designers, increased application performance, and a powerful integrated development environment (IDE) to get you on the fast track to application development.

と言うことで、VS.NET 2003からVBを切り出した者であるようだが、今更MSDNに上げても仕方がないのでスタンダードエディションではないと思われる。VSのどのあたりエディション同等なんでしょ。
うーんVBのみパッケージがないことに有る程度不満の声もあるからその対策かな。
しかしもうVS2005 Beta2テスト中という時期にわざわざ出しますか?
ああそうか、バージョンアップ用のえさですね。(W

WinFX SDK Beta1 RCインストール

インストールはとてもスムーズ。

VPC上のWinXPにインストールしましたが、インストール直後なぜかBSODに。まぁ見なかったことにして再起動。
インストールすると以下のようにVSにAvaronのプロジェクトが追加されます。

“Avalon” and “Indigo” Beta1 RC

Download details: Microsoft? Pre-Release Software Code Named “Avalon” and “Indigo” Beta1 RC
正式リリース。
しかしBeta1のRCというのも。もうしゃれか皮肉としか思えない。(W
ダウンロード時、正規版Windowsかどうかのチェックが入ります。
#ちなみにこちらは実行ランタイムなので、焦って間違いませんように。(W

今日は

取りあえず、気になっていた部分のMovableTypeのテンプレートの修正。日付ごとアーカイブの追加など。
一昨日のWeb Serviceのエントリに関してはびっくりするような方からコメント頂いたり、リンクを貼っていただいているようで、ちょっと驚き。この話題には皆さん関心があるようですね。
ただ、コメントいただいたことに対する僕の考えは、まだ何となく頭の中で文書としてまとまらないのでまだ宿題とさせてください。
まぁあのように書いたのもOPC UAが有るからなんですが。

ビジュアルプログラミング – ASTERIA実践ガイドを読んで

ASTERIAはグラフィカルにビジネスアプリケーションを作成するためのビジュアルプログラミング開発・実行環境である。このビジュアルプログラミングというのはよくあるリソースエディタ+コードスケルトンの作成というレベルではなく、以下の図のように実際にアイコンを平面に並べることでプログラミングを行う。
zu1.png
このアイコンは一つのフィーチャを持ったオブジェクトで、オブジェクトごとにあるプロパティを適切に設定することでオブジェクトの詳細な動作を規定する。
また図上でアイコン間を結んでいる矢印線はデータの流れを示している。
このようにASTERIAは適切なアイコンを選択し、それらを設定し、線で結んでいくことで業務アプリケーションの設計と製作を一緒にやってしまう。
また標準で用意されたアイコンを使用する限りにおいてはまったくコーディングは不要だ。
このASTERIAがもつビジュアルプログラミングの最大の特徴は、アイコンというプログラム言語より遙かに抽象度の高いレベルでロジックを規定していくことによる、非プログラマに対する解りやすさだ。
ただし、まつもとひろゆき氏がBlogで指摘しているようにヴィジュアルプログプログラミングというのは死屍累々であることもたしかだ。しかしながら、20年以上も前からビジュアルプログラミングを行い成功している業界がある。PLC(Programable Logic Controller)/DCS(Distributed Control System)の業界である。
以下はいささか手前みそであるけれども、僕が勤めている会社のSymphonyと言うDCSのプログラムの一部だ。

大抵のDCSも当社のシステムと同様に、と言うよりもASTERIAと同じようにアイコンを線で結んでいくやり方でプログラミングを行う。また、このような制御装置に対するプログラミング方法はIECによりIEC(6)1131-4と言う形で標準化されており、PLC/DCSの世界では成功しているプログラミング方法である。
したがって、ビジュアルプログラミングがいつも失敗かというと、決してそうではない。
ではなぜ、ビジュアルプログラミングは広まってもいないし、失敗続きなのだろうか。
ビジュアルプログラミング環境の最大の特徴と利点はフィーチャをアイコンとして表現し、それらアイコン間を線などで結びつけていく事による解りやすさであるが、このわかりやすさを維持するためには二つのことを守っていく必要があると思う。
一つはアイコンの抽象度レベルが同じであることで、アイコン間の抽象度、あるいは粒度が一定でないと2次元上に表しているアイコン間に実は深度の違いが出来てしまい、プログラミングする側で立体的な思考が必要になってしまうため、これはわかりにくさに繋がって行く。
二つめはアイコンの数を増やしすぎないことで、アイコンの数が増えすぎてしまうと似たようなフェイスを持つアイコンだらけになってしまい、見た目上の区別がつかなくなり、アイコンその物の意義が無くなってしまう。
大抵だめだったビジュアルプログラミング言語は、汎用的であることを目指して、この二つの利点を維持できずに失敗してしまっていると思う。
ASTERIAに関しては、一つめの問題点に関しては、通常のフローと、データマッピング内でのフローという形で実際には二つに深度を分けることで、深度の違うアイコンが一つの図上に混在してしまうことを防いでいる。二つめに関しては、現状アイコンで表現されたフィーチャは限定されており、アイコンの絵も適切であると思うので、問題がないと思う。ここではフィーチャが限定されているとは機能が少ないわけではなく、上手く抽象化された単位でアイコン化されている事を示している。
以上で考察してきたように、ビジュアルプログラミング環境が成功するこつは、それが対象とする業務ドメインや、アプリケーションを限定して特化し、汎用を目指さないことだ。それこそ、そういった柔軟性とそれに付随したわかりにくさは、テキストで書くプログラミング言語に任せておけばいい。それよりもビジュアルプログラミングに求められているの解りやすさ・使いやすさのはずである。
従って、ASTERIAも汎用を目指さず、現在の業務アプリケーション向けビジュアルプログラミング環境という位置付けを維持していけば成功できると思う。下手にユーザー(つーかプログラマ)の意見を聞いて汎用に走っては失敗してしまうだろう。
もっとも、ASTERIA実践ガイドの「刊行に寄せて」の一文

ASTERIAには、かつてアップルがユーザーインターフェースの世界にもたらしたことと同じ事を、プログラミング言語の世界においても実現したい、と言う思いが込められています。グラフィカルで直感的なプログラミング環境を普及させ、プログラムを書くという営みをもっと身近にしたいという願いです。

を見る限りは、そんな心配も必要無さそうではある。

続きを読む ビジュアルプログラミング – ASTERIA実践ガイドを読んで