Visual Studio 2005 および SQL Server 2005 最新プレビュー版の日本語版

正式発表!!!━━゜∀゜)━━━━ キター!!! 
以下MSDNフラッシュ。
ただし、まだMSDNサブスクリプションダウンロードにはアップされてないみたい。


■ Visual Studio 2005 および SQL Server 2005 最新プレビュー版の日本語版
を同時提供開始
2005 年内の製品リリースに向け、マイクロソフトでは Visual Studio 2005
Beta 2 日本語版および SQL Server 2005 April CTP 日本語版の提供を開始しま
した。

itmedia-IDG:MS、PDF対抗の文書フォーマット「Metro」を披露

itmedia-IDG:MS、PDF対抗の文書フォーマット「Metro」を披露
上元ネタ中さんのブログ。
非PostScriptとである以上は印刷・出版業界にはとりあえずスルーされるでしょうから、その辺は厳しいですね。まぁ、そんなことは百も承知で出てくるわけですから、PDFとはねらっている所が違うというか、これは単純に今のラスターによるGDIに代わる新しいベクターによるWYSIWYG のソリューション出会って、そのデータフォーマットがオープンになったと思った方がよいかもしれません。

どっちにしても一つの言語に寄りかかりすぎるのはデベロッパとして危険な姿勢だな

中の技術日誌ブログ
とりあえず上の中さんのBlogをふまえつつ。

結論から言うと、言語なんてものはどうでもいいことってことです。どのような仕組みで、何を実現するか。言語が1つや2つ使えたからなんだ、5言語くらい、20テクノロジーくらい使えてやっと一人前。そうじゃありませんか?

そうですね。そう思います。
一つの言語に固執するのは技術者としてあまりよい選択だとは思いません。プログラミング言語は対象とするドメインで使用されることを前提にして作られる物なので、一つの言語で全ての仕事がまかなえるとは思えません。また、市場からの要求や技術革新により、言語や環境という物は移り変わっていく物なので、自分の価値という物を高める・或いは維持する為だけでも常にオルタナティブな何かを持っておく必要があるのは目に見えて確実なことです。
前を向いていこう。

IpcChannelは本当に高速なのか その2

前回の計測ではIPCを使用したほうが遅いという結果だったのですが、動作環境がVirtual PC上であったため、現実の環境でない影響が大きかったのではにかと思います。
今回は日本語版の登場に合わせ、実記での環境で同じ調査を行いました。
調査環境:
PC:
VAIO TR(PCG-TR3/SP)
Pentium M 1GHz / DRAM 1GB
開発環境:
Visual Studio 2005 Team System Beta2 (Japanese)
試験方法:
TcpChannelとIpcChannelそれぞれで簡単なクライアントのメソッド(カウントアップ)を1000回呼び出す処理を10回行う。
調査結果:

IPC(ms) TCP(ms)
1回目 350 1回目 500
2回目 240 2回目 450
3回目 230 3回目 470
4回目 240 4回目 460
5回目 230 5回目 440
6回目 230 6回目 440
7回目 230 7回目 430
8回目 240 8回目 430
9回目 230 9回目 440
10回目 230 10回目 430
平均 245 平均 449

考察:
今回は順当にIpcChannelのほうが早い結果になりました。やはり前回の結果はVirtual PC上の特別な値だったということでしょう。
結論:
IpcChannelは約束どおりTcpChannelより高速。

マクドナルド完全制覇

マクドナルド完全制覇
うははは。壮観。
その昔近くにある136号沿いのマクドナルドで、ハンバーガーを一度に100個以上頼むとどうなるんだろうという企画を立て、一人10個のノルマとして12人で押しかけたことがあったのですが、そのときマクドナルドのレジは単品最大99個までしか入力できないと言うことが解ったのが最大の収穫です。「店長、個数が、個数が入れられません!」と言う女子バイトのやや情けない声と当然カウンタ奥は戦場のようになり、奥の男子バイトから浴びせられた鋭い視線は忘れられないよ。
その後当然いただくわけですが、さすがにチーズバーガー10っこは完食できず、どうにかがんばって7個が限界でした。おなかいっぱいと言うより、ケチャップとチーズのにおいにやられて受け付けられないというのが正確な状況でしたね。
まぁこれでもう当分食うこともないと思っていたら次の週にはしっかりビッグマックを食べてました。ええもう、ジャンクフードジャンキーですよ

VS2005 日本語版Beta2

今回は無事DVDからインストールできました。とりあえず各Webに書かれている方法でSQL 2005のBeta2とVS2005のBeta1をアンインストールし、再起動、DVDからのインストールです。
とりあえず日本語が出ていると安心しますね。

補足:
インストールはVirtual PCではなく、VAIO TR。今までVS2005 B1 + SQL 2005 B2を使用してきた物をそれぞれアンインストールしたのち、VS2005 B2のインストールを行いました。

母艦がこける

メインで使用しているデスクトップのExplorer(Shell)がよくこけるようになってきました。何だろう。Noroton Internet Securityがかなり怪しいわけですが、それだけでもないような。やっぱりNorotonは鬼門なのか、それともサラリーマン金太郎を見るためにインストールした楽天の一連のツールが行けないのか。
うーん連休中は再インストールして、環境をもう一度キレイにしないと行けないなかなぁ。後、Nortonは止めて、トレンドマイクロもさけて別のAntivirusにしよう。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。