今週はTechEdしか予定がありません。

月曜日(8/1) ずる休み。横浜に移動。花火でも見るか。
火曜日(8/2) TechEd
水曜日(8/3) TechEd 
木曜日(8/4) TechEd 一応誕生日。 昼休みはhide3が話すので聞く。
金曜日(8/5) TechEd 
土曜日(8/6) 静岡に帰る
会場そのほかでお会いするみなさんよろしくお願いします。
あと飲みにつれてけ。

Windows Vista Beta1 への Visual Studio 2005 Beta2 のインストール方法

まず、何も考えずにやろうとするとMSXMLのインストールで躓いて、インストールできません。
方法は以下のとおり。

  1. msxml6.msiがVSのインストールメディアの\vs\wcu\msxmlにあるので、これを先にインストールする
  2. VS2005 Beta2のインストール
  3. Win Fxランタイムのインストール(必要ないかも)
  4. Win Fx SDKのインストール

Windows Vista Beta1実機へのインストール


実機へのインストールを行った。GUIはやっぱり実機のほうがきれいです。
現在Windows XP ServicePack2が動作している環境に対して、ブートディスクの別パーティションにインストール。
環境:
Athron 64 3500+
GIGABYTEnoGA-K8N Ultra9
SATA * 2 / ATA *1(ブートディスクはSATA)
Ati Radeon 300x
グラフィックカードは標準で認識。
Marvellのイーサネットカードもドライバがある。
オンボードのUSB, Firewaireも認識。
インストーラがnForce4の各デバイスを正しく認識しないので、チップセットドライバのインストールは必要。僕は現時点での最新を使用した。
IDEドライバに関しては嫌な予感がしたので、チェックをはずしてインストールを行った。
音源はnForceのドライバでサウンドが出力できるようにはなった。
ただし、nForceのEthernetドライバはちゃんと仕事をしない。デバイスとしては正常なように表示されるが、実際にはパケットが流れていかない。
インストールに関しては、一つ前のチップセットを選択したほうがトラブルが少ないのではないかと思う。
また、Ethernetやグラフィックに関しては動作確認が取られているカードを探したほうがいいのではないだろうか。
ただデバイスの動作確認についてはHCLのような資料も見つからないし、ネットで動く動かないを調べていくしかないという感じ。

続きを読む Windows Vista Beta1実機へのインストール

Windows Vista Beta1 Meiryou Font


いろいろと噂の明瞭フォント。
フォントのスタイルとしては、女性月刊誌で使われるような細身の丸ゴシック。文書を画面で読むには読みやすいフォントだと思います。
上のピクチャは青空文庫の三四郎をMeiryou Regular 10ptで表示させたもの。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。