MSF Agile

Microsoft Solutions Framework Version 4.0, Beta: Workspace Home
MSF Agileのベータリリース。MSFのアジャイル版らしい。確か内容的にも軽量化されていると思います。ただ、基本的にシナリオを書くのはお客ではなくビジネスアナリストなる人。
へぇー、ビジネス分析でペルソナ、シナリオねぇ。やや面白いことになりそうですね。興味のある方はアランクーパの本は読んでおいたほうが良いかもです。はずしているかもしれませんが。
プロセス的にはアーキテクトの作ったアーキテクチャにビジネスアナリスト作ったシナリオをもとにデベロッパーがソフトウェアを組み込んで、テスターがテストしてという流れです。
また、TeamSystemでもサポートされるようです。

くーす本

@江青日記の昨日分を読んで、私もくーすは書籍として出版されるべきものだろうと思いました。
マイクロソフトはソフトウェアファクトリでこの先突っ走って行くのでしょうが、いつ如何なる時、如何なる場所でもソフトウェアファクトリが正しいかといえば、それは話が別でしょう。比較的小規模なシステム開発が主で、客先の業種が固定できないような、つまりは地方にたくさんあるSIerではソフトウェファクトリが必要とされることはまずないでしょう。プロダクトラインの整備に投資する正当性がありません。それよりも、軽量で顧客のニーズにもう少し細かくこたえていく開発方法が適しているように思います。
くーすはSeasar2とJavaで開発を行うためのICONIXを元にした方法論ですが、基本的には.NETでの開発でも応用できると考えています。そういう意味でも多くの人に、特に非Javaで開発をしている方々にくーすを知ってもらうのにも書籍化は良い話だと思うのですが。

続きを読む くーす本

Avalon

お祭りなので、とりあえずここまでまとめ。
prog-blog - WinFX SDK
たぶん国内BLOGで第一報でした。
HollyTown – Avalon
MSDNサブスクリプションダウンロードのダウンロード位置が書かれています。
どっとねっとふぁんblog – Avalonがやってきた。
インストール順序・スクリーンショットが公開されております。
中の技術日誌 – Avalon使い方など
中さんのブログ。きっとこれからバリバリ書かれるでしょう。
このBLOGを書いている当人はダウンロード中

PASSJ合宿 第1セッション目

河端さんのプログラミングによるセッション終了。
内容的に簡単にまとめるとSQL CLRとCTEのお話。
CLRを使ったユーザー関数

T-SQLのユーザー定義関数は遅い。CLRはコンパイルされて実行されるのでパフォーマンスが出る。

集計

インスタンスメソッドとして実装
テンプレートにあわせて記述

ストアードプロシージャ

ストアードプロシージャの中ではADO.NETは使用しない。

CTE

WITH句が使えるようになった。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。