BUGATTI Chironが市販車で300mph超えを達成

ブガッティ シロンがエーラ・レッシェンのテストコースにおいて最高速度304.77mph/490.48km/hを達成し、ケーニグセグ アゲーラの持つ市販車最高速度記録447km/hを大幅に塗り替えましたた。しかし、今回のシロンは、ダラーラのエンジニアが改良を加え、市販車より100mmボディが長く、市販車のリアウイング/エアロブレーキが外され、新たなエアロパーツと交換されているほか、大幅に軽量化され、助手席もなく、今回チャレンジ専用のECUが装備されているので、ケーニグセグよりはだいぶズルをしている感じです。とにかく300mphを超えることに(会社として)意味があったという感じですね。

One thought on “BUGATTI Chironが市販車で300mph超えを達成”

  1. かなりの改造が入っていたとしても凄いとしか言いようがない
    エンジンも凄い、足回りも凄い、ボディも凄い、タイヤも凄い
    でもケーニグセグや他のメーカーも黙ってないだろうね
    まさかの市販車時速500キロオーバーも見えてきた

通りすがり氏 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください