Project Silica, データを強化石英ガラスに保存するマイクロソフトのテストプロジェクト

Microsoft and Warner Brothers collaborate to store and retrieve the 1978 ‘Superman’ movie on a piece of glass roughly the size of a drink coaster.

情報源: Project Silica proof of concept stores Warner Bros. ‘Superman’ movie on quartz glass

マイクロソフトリサーチとワーナーは映画の映像データを石英ガラスの中に保存することに成功したと発表しました。Project Silicaと言うこのマイクロソフトの研究は、「コールドデータ」と呼ばれる長期保管(アーカイブ)されるデジタルデータの保存期間を半永久的にする事が目的です。通常このようなデータは磁気メディア(大抵は磁気テープ)に保存されますが、磁気テープがデータを保持できる期間は数十年で且つ場所を取ります。Project Silicaでは強化石英ガラスの中にデータを立体的に刻み込むので、半永久的に保存できる上、スペースを節約することが出来ます。

壊れやすいワイングラスや電球とは異なり、データストレージに使用される石英ガラスの正方形は、驚くほど破壊しにくいものです。早い段階で、研究チームは500度のオーブンで1つを焼き、電子レンジで焼き、沸騰させ、スチールウールで傷つけようとしました。そして、彼らがデータを読み返したとき、それはすべてそこにありました。