「Unix」カテゴリーアーカイブ

PowerShell Core 6.0: Generally Available (GA) and Supported!

Automating the world one-liner at a time…

情報源: PowerShell Core 6.0: Generally Available (GA) and Supported! | PowerShell Team Blog

LinuxやMacでも使用できるようになったPowerShell 6.0(PowerShell Core)がGAしました。

入手方法等の詳細につきましては上情報源をご確認ください。

Installing PowerShell Core on Windows

Package installation instructions

大抵のLinuxディストリビューションではパッケージマネージャによるインストール・パッケージ管理が可能になっているようです。(msiダウンロードしろって言うWindowsより親切なんじゃ…)

それにしても誰なんです?この謎キャラ。

FreeBSD/pc98が終了するらしい

情報源: FreeBSD/pc98-夢と希望を求めて

FreeBSD/pc98はSuper ASCIIで知り、それ以来憧れでした。終ぞテープを入手る事も実際に自分の手で起動させることもありませんでしたが、これで終わりのようです。

OSを入手するために、まずはコネを作るところか初め、巡回するOSイメージのカートリッジテープを宅急便で回してもらう必要が有るとか今の若者には全く理解できない世界だと思いますが、それぐらいPCショップで市販されているOS(事実上MS-DOSのみ)以外を入手することは難しかったのです。しかるべき大学のしかるべき研究室にいれば別だったのでしょうが、地方の専門学校生には指をくわえる以外にどうすることも出来ませんでした。もっとも動作に必要なメモリもカートリッジテープのドライブも買えなかったでしょうけど。

PowerShellがオープンソースに、Linux/OS X用バイナリも

Automating the world one-liner at a time…

情報源: PowerShell on Linux and Open Source!

PowerShellがOSS化され、Linux(Ubuntu/CentOS)、Mac OS X用のバイナリが公開されました。MITライセンス。

まぁBash on Ubuntu On Windows(長い)の逆張りみたいな感じです。

しかし、Linux/Macへの移植はAzure管理ツールとかの作り直しが必要なくなるMS以外にほとんどメリットがないと思うんだけど。誰得?

OSS公開でハイテンションな中の人たち。

書評: Unix考古学

UNIX誕生の歴史をベル研での誕生時から、バークリーでのBSD開発、SUN Workstationの単勝とそれに影響を与えたPARCのAltoの話、そしてUnix WarによるUNIXの自滅までを追った技術史の解説。要所要所で論文からの引用があったり、途中のコラムや脚注も素晴らしいので、資料的価値もあるのでUNIXやコンピューティングの歴史に興味がある方はぜひ手に取られたい。

基本的にはソフトバンクから出ていたUNIX USERの連載をまとめ再編集して加筆したもの。

大変楽しく読めた。

また、生まれたときからLinuxがあると言った若い人も、どうして今のLinux/Unixがこうした仕組みなのか、シンプルであることが尊ばれるのか理解する上でも、「UNIXという考え方」などと一緒に読んで見ると良いと思う。


VMware Player 5にSolaris 11をインストール

はじめだめかーと思いましたが、LiveCDからのインストールができないだけで、テキストインストールのメディアを選択すれば問題なくインストールできるようです。(下図マークしたやつ)

image

基本的には適当にVM作って、落としたISOイメージをマウントすればインストールできます。

インストール部分はカットw

このメディアだと最小限のコンソールベースのインストールなので、インストール後SUになって

pkg install solaris-desktop

とタイプし、1時間ちょっと待てば下のようなgnomeデスクトップが現れます。その後、VMwareのヘルプの手順通りVMwareの拡張機能をインストールすれば問題ありません。たぶん。なぜか音が出ないけど。

image

第8回 静岡ITPro勉強会インフラ部

第8回 静岡ITPro勉強会インフラ部 #shizuinfra | イベントアテンド [ATND] でイベント作成・チケット販売・参加者の出欠管理.

7月29日(日曜日)午後より行われます。

テーマは「KVM」についてと「IT勉強会で使われる二次元の基礎知識」のようで、講師は長良川の産湯につかり、筑波山の強風に鍛えられ、静岡で開花したのかよくわからない黄色いモンスターこと@yoshinabu により行われます。

詳細、申し込みは一番上リンク先のATNDイベントよりお願いします。

私はCode 2012参加のため参加できませんが、KVMに興味のある人は参加されてはどうでしょう。

Windows Azure VMのVM上にKanonをたてるまで

とりあえず、おもしろそうなのでAzure VM上にCentOS 6のインスタンスを作ってKanonを動かしてみたいと思います。何故kanonという突っ込みは無しの方向で。

まずはCentOSのVMを作成。

ダッシュボードを起動し、CREATE VIRTUAL MACHINEをクリック。

SnapCrab_Virtual Machines - Windows Azure - Windows Internet Explorer_2012-6-12_22-24-25_No-00

ダッシュボードの下側に以下がにょろっと出てきますので、FROM GALLARYを選択します。

SnapCrab_Virtual Machines - Windows Azure - Windows Internet Explorer_2012-6-12_22-24-29_No-00

CentOS 6.2を選択します。

SnapCrab_Virtual Machines - Windows Azure - Windows Internet Explorer_2012-6-12_22-24-40_No-00

続きを読む Windows Azure VMのVM上にKanonをたてるまで

Hyper-VでFreeBSDのサポート

FreeBSD Support on Hyper-V – Microsoft UK Faculty Connection – Site Home – MSDN Blogs.

This will allow FreeBSD to run as a first-class guest on Windows Server Hyper-V. The drivers and associated source code will be released early this summer under the BSD license, and will initially work with FreeBSD 8.2 and 8.3 on Windows Server 2008 R2

ワオ!こちらも。

FreeBSD Support on Windows Server Hyper-V – Openness@Microsoft – Site Home – TechNet Blogs.

BSDCan(FreeBSD on Microsoft Hyper-v)で発表するようです。FreeBSDのコミュニティ、MS, NetApp, Citirixの成果。

考えてみたら、Hyper-Vで正式サポートされた初めてのUnixがFreeBSDということになりますね。

C言語およびUNIXの父、デニス・リッチー死去 ― 享年70歳

UNIXの父であり周囲の尊敬を集めたコンピュータサイエンティストのデニス・リッチーが、しばらくの闘病を経て先週亡くなっていたことがわかった。享年70歳だった。

引用元: C言語およびUNIXの父、デニス・リッチー死去 ― 享年70歳.

ご冥福をお祈りしたい。

個人的にはJobsの死去よりよっぽど大事。