「オブジェクト指向・システム開発」カテゴリーアーカイブ

A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

情報源: A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Update 2よりインストール可能になったPython関連機能の紹介記事。VS2017からはVS2015までのPTVSのようなアドインという扱いではなく、Pythonへの対応機能は基本機能とされている。

個人や、OSS開発では無償で使用できるCommunity Editionでも当然使えます。

New distro’s coming to Bash/WSL via Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

Memo.

情報源: New distro’s coming to Bash/WSL via Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

WSLのディストリビューションを今までのUbuntuに加え、SUSE, Fedoraが追加され、その中から選択できるようになりました。これでyum派のみなさんも安心ですね!

Visual Studio 2017 Update 2とVisual Studio for Macが正式リリース

情報源: A fresh update to Visual Studio 2017 and the next preview | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Updare 2(15.2)が正式リリースとなりました。

  • Python向けのツールが追加されました。従来のPython Tools for Visual Studioに相当します。また、Python本体、アナコンダのインストールもサポートされます。
  • データ サイエンスと分析のアプリケーションが追加されました。ここではR言語のサポート、Rのランタイム、Microsoft R Client、cokiecutterがインストールされ、上のPythonが戦たくれていなければ、Python, アナコンダもインストールされます。
  • ReShaper 2017.1のlightweight modeが正式にサポートされます。
  • Xamarin 4.5で従来のプロパティーページがプロパティページとマニフェストエディターに分割されました。
  • Visual Studio Tools for UnityではUnity 5.6がサポートされ、インストールされます。
  • TypeScriptのサイドバイサイド実行がサポートされます
  • Linux C++開発が向上しました。
  • CMakeメニューがフィードバックに基づき変更されました。
  • 診断ツールウインドウで、リソース上限を設定できるようになり、上限に達すると自動的に診断ウインドウが停止するようになりました。その場合でもデバッガ自体は継続しています。これは長時間のデバッグを行っていると診断ウインドウが大量のリソースを消費する事へのフィードバックに基づいています。
  • インストールパッケージキャッシュの移動、削除が可能になりました。

Visual Studio For Macが正式リリースとなりました。

Visual Studio 2017 for Macリリースノート

JetBrains Riderのライセンス

情報源: Rider: licensing and pricing – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

JetBrainsの.NET向けIDEである、Riderのライセンスが発表されました。

Commercial license /1st year Personal license /1st year
Rider $349 $139
Rider + ReSharper Ultimate $449 $179
All Products (includes Rider) $649 $249

Rider + ReSharper Ultimateと言う新しいライセンスが出来るようです。All ProductsはRiderが加わってもお値段据え置き、1年ごとのサブスクリプションライセンスのみで、買い切りは無し。

また、いつものようにMS MVPな人や、学生・教育機関向け、オープンソースプロジェクト向けの優遇措置が有ります。

 .NET Framework 4.7 正式公開

情報源: Announcing the .NET Framework 4.7 General Availability | .NET Blog

.NET Framework 4.7が、Windows 10 Creators Update以外にも正式公開となりました。

これが対応するWindowsのバージョンは以下の通りです。

  • Windows 10 Creators Update (included in-box)
  • Windows 10 Anniversary Update
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 SP1

変更点は以下のReadMe, GitHubのチェンジログを確認ください。

https://msdn.microsoft.com/library/ms171868.aspx#v47

https://github.com/Microsoft/dotnet/blob/master/releases/net47/dotnet47-changes.md

また、.NET Framework 4.7はDirectX 11(Dx11)のコンポーネントに依存するので、Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012では事前にDx11のインストールが必要です。

インストーラーはWebインストーラー、フルインストーラーが用意されています。

Webインストーラ(日本語)

フルインストーラー(日本語)

Rider EAP 21 F#がサポートされた

A new Rider EAP build is available for download! In this Rider EAP 21, we’ve fixed a number of bugs, bundled the TFS plugin to make working with TFS and VSTS easier, added detection of existing file indents for editing, added highlighting … Continue reading →

情報源: Rider EAP 21: F# support, bundled TFS plugin and more – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

Riderの新しいEAPが登場しました。主な変更点は以下の通りです。

  • F#のサポート
  • TFSプラグインがバンドルされた。
  • XMLコメントのハイライトとナビゲーション
  • 設定ページの向上

F#のサポートですが、現状はコンソールアプリケーションとライブラリのテンプレートが用意されています。

TypeScript 2.3 

情報源: Announcing TypeScript 2.3 | TypeScript

2.3がリリースされました。

Visual Studioをお使いではない型は以下のnpmコマンドでインストールが出来ます。

Visual Studio 2015 Update 3もしくはVisual Studio 2017 Update2 Previewをご使用の方は以下のインストーラーをダウンロードして実行してください。このインストーラーはVS2017は製品版は未サポートなので注意してください。Update2製品版ではTS 2.3が最初からサポートされる見込みです。

インストーラ

変更内容につきましては以下をご確認ください。

https://github.com/Microsoft/TypeScript/wiki/What’s-new-in-TypeScript

Getting Started with Visual Studio for C and C++ Development | Visual C++ Team Blog

Memo.

一通りの手順を説明したチュートリアル。

VS2017のMS製C/C++コンパイラはC++としてはそこそこイケテイルもののCコンパイラとしては今一です。ただ、最近は自社製コンパイラだけでなくclangやgccに対応したりしているのでそれなりにね。

情報源: Getting Started with Visual Studio for C and C++ Development | Visual C++ Team Blog

C++ Unit Testing in Visual Studio

Testing is an increasingly important part of a software development workflow. In many cases, it is insufficient to test a program simply by running it and trying it out – as the scope of the project gets more involved, it becomes increasingly necessary to be able to test individual components of the code on a structured basis.

情報源: C++ Unit Testing in Visual Studio

SSDT 17.0 (April 2017)リリース

We are pleased to announce that SQL Server Data Tools 17.0 is officially released and supported for production use. This GA release includes support for SQL Server 2017 and SQL Server on Linux including new features such as Graph DB.

情報源: Announcing the General Availability (GA) Release of SSDT 17.0 (April 2017)

SSDTがアップデートされました。

主な機能追加点:

  • SQL Server VNextのベースプロジェクト、ISプロジェクト、BIプロジェクトのサポート
  • Azure Analysis Serviceのサポート

その他については以下のチェンジログを参考にしてください。

https://docs.microsoft.com/en-us/sql/ssdt/changelog-for-sql-server-data-tools-ssdt#ssdt-170-supports-up-to-sql-server-vnext

Visual Studio 2015向けダウンロード

Visual Studio 2017では、Reporting Service, Analysis Service向けプロジェクトテンプレートをインストールします。