2016年振り返り

今年のサマリー。

PV: 329,363 UU: 186,806

昨年より大幅に伸ばすことが出来ました。ありがとうございます。

Top 10の記事は以下のようになっています。

順位 タイトル PV
1 私家版 Git For Windowsのインストール手順 56542
2 Visual Studio 2015のアンインストール方法について 18775
3 Home page / Archives 15592
4 Officeを強制的にアンインストールする方法 9196
5 Visual StudioでGitを使用できるようになるまで 8532
6 IIS Express サーバーを起動できませんとエラーが出た時の復旧方法 4774
7 C#でMath.NET Numericsを使用する(統計計算編) 4350
8 私がSourceTreeを高評価しない理由 4096
9 BASH Running in Ubuntu on Windowsについて 3957
10 ASP.NET Web API クライアント編 3594

今年振り返ると、業務的にはコードから益々遠ざかり、過去の自分の仕事の後始末と、「上流設計」どころか引き合い案件の資料作り他で終わってしまった感じで(まぁ受注したけど)、その引き合い案件ですら20代の自分のダメな仕事と向き合う羽目になるというつらい1年で、来年はそれを形にしないといけないのでさらに辛く、そして自分では「上流設計」と「機器構成」、「総合試験」だけで、コードをかけない。ダメすぎる。私的な点でも9月からはForza Horizon 3が楽しすぎて他が手に付かないダメな感じです。全くダメすぎる。

まぁ、来年もきっとこんな感じでダメなままだろう。

では皆様良いお年を。ごきげんよう。

#Forzathon NEW YEAR CELEBRATION #Forzahorizon3

Forzathon

いつも通りなら明日午後5時から。 開催中です。

今回は特にもうがんばれしかない感じですが、年越し・新年だけに2017年車縛りが二つあります。

オートショーで年でソートすると、フォード F-150 レーストラックから、2017年式フォーカスRS がその範囲になります。この中にはNSX, 日産GT-R, メルセデスGT-Rが有りますし、オフロードもジャグァのSUV, F-150と一応あり、戦力としては何とかなるんじゃ無いでしょうか。

どちらにしてもオンラインレース3勝はクリアできる気がしない。(オンラインレースは参加のみでOK)

ま、今回はユニコーンカーも無いのでお気楽に楽しめる範囲で良いんじゃ無いでしょうか。

追記(2016/12/30 16:47):

公式のフォーラムでの直前情報。

https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm650906_Contest-and-Gift-List-for-FH3.aspx#post_650906

対象車が明確になっています。

2017 models:

  • 2017 Acura NSX
  • 2017 Ford GT
  • 2017 Ford Focus RS
  • 2017 Ford F-150 Raptor
  • 2017 Ford F-150 Raptor Race Truck
  • 2017 Jaguar F-PACE S
  • 2017 Mercedes-AMG GT R
  • 2017 Nissan GT-R

二番目のAuld Lang Syneですが、日本語版だと5勝と言うところが抜けて書かれているようです。ベントレーの車で1対1のレースを5勝です。

終了

終了しました。かかった時間は大体50分弱。

The New Hotness, Auld Lang Syneは条件通りです。Fresh Beginningはオンラインのレースに1戦でも参加して終了させれば実績解除です。勝利、チャンピオンシップの完了は必要なし。

Blizzard Montainでの実績 「勝利への滑走」

難しいかなと思ったのですが、意外とあっさりクリア。

実績解除の条件は非スノータイヤでいずれのエキシビジョンレースで3スターを取れば良いようです。なので、まずはレースで3スター条件が難しくない物を選ぶのと、車ですが、4WDで車重が重い物の方がタイヤグリップが失われにくいです。一番避けたいのがRRかFRの馬力があるスーパーカー・スポーツカーで、肝心なときにくるくる回るだけになります。また、コースもよっぽどマゾイ人でなければ氷結湖を通るクロスカントリーレースやコーナーが急なコースは避けるべきですし、下りよりも登りです。そこで私はどうしたかというと、レンジローバーでPLATEAU LOOP TRAILをクリアして実績クリアしました。このレースは基本的に車道しか通らず、全体的にカーブもゆるめで、スリースターの条件も8000スキルポイント取得という簡単さなのでおすすめです。どうせ勝手に滑るので、8000スキルポイントはすぐにクリアできます。

1963年式 フォード エスコート

ディスカバリーチャンネルに名車再生!クラシックカー・ディーラーズという古い車をレストアして転売する番組(みなさんご存じですよね?)があるのですが、ちょうど月曜日(26日)の録画分を見ていたらこのエスコートのレストアが取り上げられていて、欲しくなってしまいガレージに入れてアップグレードしました。

色は番組と同じ黄色にして、エンジンを1.6Lラリーに変え、トランスミッションと足回りを強化したら、たらすごく良くなりました。元々そんなに悪くないのですが、エンジンは換装した方が上り坂がパワフルになって良いです。

うるう秒回避のためにWindowsでntpのサーバーをtime.google.comにする

前回のうるう秒が2015年7月1日でした。今回は2016年12月31日の最後にうるう秒が追加されます。日本時間だと2017年1月1日の午前9時(正確には8時の最後に挿入)となります。「うるう秒」挿入のお知らせ | NICT-情報通信研究機構,閏秒(2016-12-31 23:59:60に挿入される予定の)に関する対策方法のまとめです。LinuxやWindowsのNTPの設定をみなおすだけで、対策ができるようになりました。対策を実施して、安心して年末年始を迎えましょう。

情報源: 元旦に実施される うるう秒の対策 まとめ,元旦に実施される うるう秒の対策 まとめ | Act as Professional

来年の1月1日午前9時(日本時間)にうるう秒が挿入されますが、そもそもntpサーバーがSlewな感じでうるう秒関係ない時刻を送ってくれればいいんじゃねーってことで、Googleがいい具合にしてくれるntpサーバーを立ててくれた。

Public NTP  |  Google Developers

Linuxに関しては上の大塚さんの記事を読んでいただくとして、Windowsの場合は結局time.google.comに時計を合わせればいいので、Workgroup環境のクライアントOSもしくはWindows Server であれば、管理者権限のあるコマンドプロンプトか、PowerShellで以下のコマンドを入力する。

Windows 10だとWindows Timeサービスが起動していない可能性があるので、その場合は

で同様に管理者権限のあるコンソールからWindows Timeサービスを起動してから上コマンドを実行してください。

クライアントOSの場合GUIから設定する方法の方が横道なんだろうけど、この方が早い。

ドメインコントローラの時計を合わせたいって人はきっともうわかっているはずなので、上の説明とかいらないと思いますが、今までやったことがなくてどうしても設定したい方は、以下の@ITの記事をよく読んでください。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0508/12/news089_3.html

Language injections in ReSharper Ultimate 2016.3 | ReSharper Ultimate Blog

Memo.

情報源: Language injections in ReSharper Ultimate 2016.3 | ReSharper Ultimate Blog

コードのシンタックスハイライトやコード補完の機能を C#などのコメント欄や文字列として埋め込まれているHTMLやCSS, JavaScriptなどにも適応する機能の解説。2016.3から追加されたもの。

JetBrains Gogland

Gogland is a new IDE by JetBrains aimed at providing an ergonomic environment for Go development.

情報源: JetBrains Gogland: Capable and Ergonomic Go IDE

見逃していましたが、JetBrainsがGo言語のIDEの開発を始めたようです。とうとうIDEとしては本命が来るのかと言った感じですね。

基本的に皆がJetBrainsのIDEに期待する機能は盛り込まれてきそうです。

https://www.jetbrains.com/go/features/

現在EAPの応募が始まっています。(情報源を参照)

ReSharper Ultimate 2016.3.1 

情報源: ReSharper Ultimate 2016.3.1 | ReSharper Ultimate Blog

基本的にバグフィックスです。

.NET 版のチェンジログはこちら。

https://youtrack.jetbrains.com/issues?q=in:%20rsrp%20Fix%20version:%202016.3.1%20%23Resolved%20

C++版のチェンジログはこちら。

https://youtrack.jetbrains.com/issues?q=in:%20rscpp%20Fix%20version:%202016.3.1%20%23Resolved%20

ダウンロード https://www.jetbrains.com/resharper/download/

ちなみに31日まで40% OFFの割引中のようです。

Forza Motorsport – Forza 2016 Year in Review 今週は週報ならず年報

Forza Motorsport

情報源: Forza Motorsport – Forza 2016 Year in Review

今週は週報では無く、1年の振り返り。前半はForza 6のカーパック、特にポルシェ拡張があり、Forxa RCも始まりました。後半はHorizon 3のリリースとそのカーパック、Forza RCのグランドフィナーレと言う内容。

このリムジンでのドリフトの映像は大好き。実際の大統領専用書は見掛や内装はそれっぽくしていますが、普通のキャデラックでは重すぎて要求された防弾装甲や補機類の搭載が出来ず、サバーバンのシャーシ、パワートレインの上にそれっぽいボディーが乗った物なので、実際の走りはだいぶ違うと思いますw

日本

日本では大都市のPCショップを中心に、ゲーミングPCとForza Horizon 3の体験が出来るキャンペーンが展開されていて、体験後、オンラインのアンケートに回答するとチェンテナリオのミニカーが当たるようです。(以下画像をクリック)

また、同時にmini代理店との提携で「MINI JOHN COOPER WORKS キャンペーン」が実施されています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article/windows-gaming/#mini

MINI TOKYO BAYとMINIみなとみらいショールームでMINIの実車に囲まれながらMINI JOHN COOPER WORKSを試遊出来るようになっているようです。(上リンク先参照)

その他、FH3のプレイ動画を使ったキャンペーン動画が公開されていて、

2016 年全日本ラリー選手権に参戦した、MINI JCW RALLY TEAM in Japan. の車両デザインをダウンロードすることが可能です。(上リンク先参照)

ダウンロードできるデザインは以下の物です。

今週の#Forzathonは地味に疲れました。超苦手なドリフトゾーンもブリザードマウンテン車のおかげで少しずつ3スターを取れる感じに。

では、Happy Holidays!

#Forzathon Winter Wonder Land-Down-Under と 来月のカーパック情報

#Forzathon

開始までもう後数時間。開催中です!

「もみの木」ですが、Timber MillのPRイベントは危険サインしか無く(多分)、個人的な感想としては一番難しい危険サインなのでがんばりましょう。ただ難しいところだけ有ってYoutubeには攻略動画が有るので、上手くいかない人は検索して見るのが良いのと、リワインドは使っていきましょう。

追記(22:12)

この車でクリアしました。

ちなみに他の人がどの様な車でクリアしたかは、マップでそのPRイベントを選択して、Xボタンで表示されるリストでわかります。

追記(22:48)
reservoirスピードトラップでも実績クリアらしい。こっちの方が簡単です。。。

「トナカイの遊び」はこなすしか無さそう。

追記(22:12)
ブリザードマウンテンで追加されたケン ブロックのフォーカスが良い感じでした。勝利は必要なく、10回参加すれば実績クリアです。

もらえるのがこちら、Ford GT HEで、クレジットブースト車です。

最近始められた方は、乗りたい車が沢山あってCRが欲しいと思いますので、がんばってこのFord GTの獲得をおすすめします。レースの戦力になりますし、ストリートレースを繰り返すとどんどんCRが貯まっていきます。 特に水色のわっかの付いたフレンド車は1回のストリートレースの勝利で6~7万CRが貯まりますので、どんどん買って欲しい車を手に入れましょう。

「クリスマスなんて!」のメルセデス・ベンツでの50スキルチェーンはゲレンデワーゲンでゴールドマインの砂利山ぴょんぴょんするか、2速で60MPHぐらい出せる車でサーファーズパラダイス北の葡萄畑を荒らすのが良いのでは無いかと思います。

追記(22:12)

わかりにくかったのですが、スキルを50回つなげてスキルチェーンを作るのでは無くて、50回スキルチェーンを実現させるという事でした。

私はメルセデスGクラスを使って、以下のマップの赤枠の葡萄畑で、ドリフトさせながら畑を荒らして、20000スキルポイントがたまってアルティメットスキルチェーンが出たら止めてというような感じで繰り返しました。アルティメットスキルチェーンが出るときは倍率が6倍になっているので、120000スキルポイント以上になり、10万を超えので、1回毎に確実に1つPERKを増やしていく感じです。ただドーナツターンをしてスキルチェーンを作るといった作業を50回繰り返すのは苦行過ぎるので、他のメリットがあるよう、ついでにPERKを貯めていくのが良いと思います。PERK解除は、どこへでもファーストトラベルが出来るようになったりメリットが大きいので、最近始められた方はPERK貯めてどんどん解除していくのがおすすめです。

「それはイヴの夜のこと…」はまぁ勝つしかないっすな。上手い人ならトナカイの遊びで一緒にクリアでは無いでしょうか。

追記(22:12)

エキシビジョンやチャンピオンシップのレースである必要は無く、オンラインのゲームやストリートレース、コンボイレースでも実績クリアのようです。

という事で今週の #Forzathon はクリア。

BMW i8

来月のカーパックにBMW i8が来るのは決定のようです。フォーラムでは確かに人気ありましたけど、欲しいですか?僕はあんまりほしくなくて、これの予想が出たときも日本語のTLでは盛り上がっていなかった感じも。まぁ今月のスープラのようなサプライズに期待しましょう。

では、Happy Holidays!

de:code 2017

de:code (decode) 2017 | 日本マイクロソフトの開発者/アーキテクト/IT 技術者向けイベント

情報源: de:code 2017

鬼が笑う感じで日程と場所が決まった模様。

日時:2017年5月23日, 5月24日
場所:ザ・プリンス パークタワー東京

Forza Horizon 3にトークンシステムが導入

まだNews他での発表は無いみたいですが、昨夜のサーバー不調から回復したら、突然来ていました。大人はお金で解決的なアレです。現状オートショーでの購入や車両のアップグレードに使える模様です。

現状のレートは1T(トークン)=500CRのレートとなっています。

お値段は以下のようになっていて、購入方法は上のビデオを参考にしてください。

「10000トークン買うともう10000トークンが付いてきて非常にお得です!」的なボーナス付きとなっていますね。

まぁ、発売後数ヶ月となり、今から入ってくる人にCRを貯めてがんばれって言うのもアレな感じではあるので、まぁそういう時期なのかなと。

ただ、レースがんばっていると欲しい車は大体手に入って、金の使い道に困るみたいになってきますけどね。あとこうCRブーストなHEを出来るだけ早く手に入れるっていうのも有りますが。稼ぐのはCRブーストなHEカーでストリートレースこなしていくのが効率高いです。特に青のわっかのマークの付いたフレンド車を狙いましょう。一気に6~70000CR手に入ります。