NuAns NEO [Windows 10 Mobile]の今後について | トリニティ株式会社

・はじめに2年前の1月31日に当社にとって初めてのスマートフォンである「NuAns NEO」(以下、NuAns NEO [Reloaded]と区別するためにNuAns NEO [Windows 1

情報源: NuAns NEO [Windows 10 Mobile]の今後について | トリニティ株式会社

本年4月をもって販売終了とのこと。FCUへのアップデートについては、現在最終的な試験中のようです。

しかし、ODM先の会社自体無くなってしまうとは。

ここまで率直に書いて頂けると好感が持てますね。

Microsoft Office 2019とWindows 10のサポート期間

情報源: Changes to Office and Windows servicing and support – Windows for IT Pros

Windows 10のバージョン毎のサポート期間

リリース リリース日 サポート終了 エンタープライズ・教育機関向け延長サポート
Windows 10, version 1511 2015-11-10 2017-10-10 2018-04-10
Windows 10, version 1607 2016-08-02 2018-04-10 2918-10-09
Windows 10, version 1703 2017-04-05 2018-10-09 2019-04-09
Windows 10, version 1709 2017-10-17 2019-04-09 2019-10-08

Office 365 ProPlusのシステム要件のアップデート

  • 今後Office 365 ProPlusではサポートが終了したWindows 10 Semi-Annual Channel (SAC) はサポートされません。(上表参照)
  • 2020年1月14日より、ProPlusは次のバージョンのWindowsでサポートされなくなります。これにより、OfficeとWindowsの両方が、最新の機能を備えた最も安全な環境を提供するために、定期的で調整された更新を確実に受けるようになります。
    • Windows 10 LTSC(2018未満)
    • Windows Server 2016 もしくはそれ以前
    • Windows 8.1 もしくはそれ以前

以下も参照。
Changes to the Office 365 ProPlus system requirements (February 1, 2018)

Office 2019

  • 2018年後半に登場。
  • Office 2019は以下のOSをサポート:
    • Windows 10 SAC release(現行でサポートが継続しているWindows 10)
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2018
    • Windows Serverの次のLTSCリリース
  • Office 2019クライアントアプリケーションは、Click-to-Runインストールテクノロジでのみリリースされます。 Office 2019クライアントの展開方法としてMSIは提供しません。 Office Server製品のMSIは引き続き提供します。

Office 2019は、延長されたサポート期間を短縮した別の期間で出荷されます。

  • Office 2019は、5年間の主流サポートと約2年間の拡張サポートを提供します。これは、Office 2016のサポート期間に合わせるための固定ライフサイクルポリシーの例外です。延長サポートは、2025年10月14日に終了します。
  • 既存のOfficeのサポート期間は変更されていません。

Windows 10 Enterprise LTSC 2018

次のLTSCリリース、Windows 10 Enterprise LTSC 2018は、2018年秋にリリースされます。以前のLong-Term Servicing Channelリリースに合わせて、このリリースはWindows 10 Semi-Annual Channelリリースと同じ機能を備えています同時に、通常の例外(インボックスアプリ、Microsoft Edge、Cortanaなどの追加機能で頻繁に更新されるアプリを含む)を使用しています。この新しいリリースでは、標準のシリコンサポートポリシーに従って、最新世代のプロセッサのサポートも追加されます。今回のWindows 10 Enterprise LTSCのリリースは、5年間の主流サポート期間と5年間の拡張サポート期間という固定ライフサイクルポリシーでリリースされます。

ReSharper Ultimate 2017.3.2 bugfix is here – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

Our latest and greatest ReSharper Ultimate 2017.3 has just received the second bugfix update – download ReSharper Ultimate 2017.3.2 We’ve made more than 100 fixes in this build. Here are the notable changes: Returned MSTest support for UWP and CodedUI … Continue reading →

情報源: ReSharper Ultimate 2017.3.2 bugfix is here – .NET Tools Blog.NET Tools Blog

バグ修正が主なので、情報源をご確認ください。

Python in Visual Studio Code – Jan 2018 Release

情報源: Python in Visual Studio Code – Jan 2018 Release – Python Engineering at Microsoft

主な変更点。

Lintのルール表示の仕組みが改善されました。

設定ファイルを手作業で編集しなくても、いくつかのリンター設定を構成できる新しいlintコマンドが追加されました。 Python:Select Linterコマンドを使用すると、選択したLinterを選択できます。Python:リンケージを有効にすると、リンケージを有効または無効にすることができます。

リンターを選択すると、PylintからFlake8またはサポートされている他のリンターに簡単に切り替えることができます。複数のLinterを同時に使用したい場合には手動で設定ファイルを変更する必要があります。

ターミナルがanaconda、Virtual Environmentに対応しました。

新しいPython端末を作成すると、現在選択されている仮想環境またはconda環境が自動的にアクティブになります。

以下は、単純な “hello world” Flaskウェブアプリです。 Flaskはこのマシンにグローバルにインストールされていませんが、アプリケーションの現在のフォルダの仮想環境にインストールされています。

Python:Select Interpreterコマンドを使用して、仮想環境をアクティブにすることができます。

PythonのCreate Terminalコマンドを使用して新しい端末を作成すると、コマンドウィンドウが開き、選択した仮想環境またはconda環境がアクティブになります。

次に、python helloflask.pyを使用してアプリケーションを実行すると、起動した仮想環境でFlaskが利用できるため、アプリケーションは正常に実行されます。

以前のバージョンでは、フラスコがインストールされていない仮想環境のインタプリタではなく、グローバルなPythonインタプリタを使用してファイルを実行するため、これは失敗します。

Python:Run File in Terminalコマンドは、Pythonスクリプトを実行する前に、選択した環境をアクティブにします。何らかの理由で仮想環境端末のアクティブ化を無効にしたい場合は、python.terminal.activateEnvironmentsをfalseに設定します。

インストール等は以下を確認ください。

Python – Visual Studio Marketplace

バグ報告や、機能追加要望は以下のGitHubのissueにてお願いします。

https://github.com/Microsoft/vscode-python/issues

2017 Ford F-150 Raptor Xbox One X Edition #Forza7

情報源: Forza Motorsport – 2017 Ford F-150 Raptor Xbox One X Edition

2017年のSEMAショーで披露された、2017 Ford F-150 Raptor Xbox One X Editionが公開されました。

このRaptorは93インチの高さがあり、38インチのBF Goodrich Krawler T/A tireを履いています。チームはバハ100kmレースでのノウハウを使用し、バハでのレースにも耐えられるような足回りを実装しました。

このRaptorのイラストは、イラストレーターのHydro74によってデザインされ、スタイリッシュな「Project Scorpio」サソリのモチーフが特徴です。密かに見て、サソリのボディには、親指スティック、Dパッド、ABXYボタンなど、Xbox One Xの多くの詳細が含まれていることがわかります。

車両はForza Motorsport 7のメッセージセンターのギフトに届くメッセージを確認することで入手できます。また、マイクロソフトストアよりこのFord F-150 Raptor Xbox One X Editionのデスクトップテーマを入手することが出来ます。

Ford F-150 Raptor Xbox One X Edition を入手 – Microsoft ストア ja-JP

さらに、本日より、このRaptorが使用できる新しいライバルイベントが始まりました。 “Delivering the Sting”(蠍の一刺し)を探し、是非チャレンジしてください。

続きを読む 2017 Ford F-150 Raptor Xbox One X Edition #Forza7