バックミラー 2018-09-10

RVM的な何か。

Super Formula rd.6 岡山

雨により遅延、結果70分のタイムレースとなり、レース中もクラッシュによる赤旗、SCとなり、SCなまま70分で終了した波乱のレースでした。この波乱のレース、制したのは関口雄飛、一時首位に立つも惜しくも2位に小林可夢偉、3位には平川亮がはいり、Team Impulが1位、3位という事になりました。

規定周回数の75%を満たさないため、勝利者ポイントは半分となりましたが、チャンピオンシップでは現在首位のニック・キャシディが5位に付け29ポイントにポイントを伸ばし首位をキープ、 石浦宏明は7位入賞で1ポイントで25ポイント、山本尚紀はポイントを上げられず3位に後退しましたが、次戦最終戦鈴鹿ではポイント加算もあるためまだ首位がどうなるかはわかりません。また、チームランキングも面白いことになってきました。

リザルト
ドライバースタンディング
チームスタンディング