知多半田市に到着

知多半田市に到着。
正確には住吉町の駅前に宿を取りました。とりあえず月末まではここにいる予定。
仕事は対岸の碧南市なんですけどね。
今回は社有車で移動だったので、車が確保できて便利な感じというか、車がないとここもつらいですね。
とりあえず近くにヤマダ電機があるので、多少何かがあってもハードウェア的なことであれば大丈夫な予感っていうか、散財しないようにしないと。
とりあえず各日曜は暇な予定。(W

My Picks for TechEd 2005

My Picks for TechEd 2005 – Don Fernandez’s Blog
米国でのTechEdのセッションが決まってきたようですね。
このPickuupからさらにピックアップすると

  • Visual Studio 2005 Team System: Using Visual Studio 2005 Team System to Support Your Agile Processes. They should just change the session name to Agility with VSTS.
  • Integrated Innovation: Using ADO.NET 2.0 with SQL Server 2005
  • SQLCLR vs T-SQL: Best Practices for Development in the Database
  • Windows Forms: An In-Depth Look at Windows Forms in Visual Studio 2005
  • Windows Forms: How to build Windows Forms Applications Today That Will Interoperate Well with Avalon
  • Whiteboard with Anders Hejlsberg

なんてところでしょうか。
日本の場合去年より1日減ってしまったので、セッション数が減ってしまうなぁ。

Introducing Indigo: An Early Look

Introducing Indigo: An Early Look
中さんのBlogから。
いわゆるWinFXの中で、一番重要なコンポーネントはかねがねIndigoだと思っています。Avalonほどの派手さは持ち合わせていませんが、今/これからの分散処理を背負ってたつ重要なコンポーネントであり、その重要さはDCOMと並ぶ、いや凌駕すると言って良い物でしょう。また、結局DCOMが果たせなかった異プラットフォームでの相互運用をこのIndigoが果たしていくと言っても良いかもしれません。
おそらく、今までWindows上で分散処理を実現するためにDCOMを学びそれに取り組んだように、我々はIndigoを学びそれに取り組んでいく必要があります。
このEarly LookにあるようにIndigoを使って分散処理のコードを書くことはそれほど難しいことではないようにもいます。しかし、その設計にはDCOM以上の困難さが待ち受けていることは覚悟しておく必要があるように思います。見えなくなる分、制御も出来ないのですから、より深くIndigoを知る必要がありそうです。(これはADO.NETとかも同じでしょう。)
後、SQLはどうするんだろう、Indigo対応は次バージョンか。

RSS Bandit v.1.3.x (Wolverine) Beta リリース

RSS Bandit v.1.3.x (Wolverine) Beta リリース
Rss Bandit
http://www.rssbandit.org/
.NETなRSSリーダ。
タブブラウザの機能も持ちます。
今使っているSharpReaderよりは使い勝手が良さそうなので、しばらく平行して使ってみます。
リソース翻訳のお手伝いはしたいのですが、来週から現場で連絡が取りづらくなるのでどうしよう。スケジュール的にはどんな感じなのでしょうか。
中さんのところでも紹介されています。
RSS Bandit1.3 Beta
http://blogs.users.gr.jp/naka/archive/2005/02/08/8881.aspx

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。