Windows 10, Windows Server 2019 1903 既知の不具合リスト

情報源: Windows 10, version 1903 and Windows Server, version 1903 – Windows Release Information | Microsoft Docs

既知の不具合が情報源にまとめられています。 Dolby Atmosヘッドフォンが使えないのが個人的にがっかり。

今週の専門ディーラー 2019-05-22 #Forza7

今週はこの4台。

1995 Chevrolet Corvette ZR-1

1981 #2 Zakspeed Racing Capri Turbo

1961 Maserati Tipo 61 Birdcage

2017 Renault R.S. 17

Visual Studio 2019 16.1

情報源: Visual Studio 2019 Release Notes | Microsoft Docs

出ております。IntelicodeがGAとなりました。.NET Core 3.0 PreviewでXAMLデザイナが使用可能になったようです。Git Clone時にSSHのURIが指定可能になりました。など。詳細は上リリースノートにてご確認ください。10:28現在日本語の方は更新されていません(English(United Statesに変えて見てね)。

Windows Server version 1903 GA

Last month, we gave everyone a detailed sneak peek into new capabilities we are releasing with Windows Server, version 1903. Today, we are excited to announce that this release is now generally available. Windows Server, version 1903 brings innovation to areas that that matter to you, such as Containers, Edge Computing and Hybrid. You can Read more

情報源: Windows Server version 1903 now generally available – Windows Server Blog

Windows Serverも1903がGAしました。VLCもしくはMSDNよりダウンロードが可能です。

Windows 10 May 2019 Update GA

In early April, we announced enhancements to the Windows update process to improve the user experience with more control, transparency, and the initial availability of the Windows 10 May 2019 Update through the Windows Insider Program’s Release Preview ring to focus on and improve quality. Based on positive data and the feedback we’ve seen from […]

情報源: How to get the Windows 10 May 2019 Update | Windows Experience Blog

GAしました。基本的にはWindows Updateにより更新します。

そろそろRPA:Robotic Process Automationについて一言言っておくか

RPAは専門外だが、自動制御ってところで25年飯を食ってきたので一言書いておきたい。ポエムだよ。あとTwしたものをまとめている。

RPAの第一歩はまず、業務内容の言語化。日本語でまず業務内容を「細かく」記述できるかどうかがまず第1の関門。ここで躓くようなら、業務内容か組織に自動化に対する問題がありすぎて作業の自動化は無理なので、素直に諦める。まず初めにそっちをどうにかしないといけない。

次の関門は、記述できた業務内容をフローチャート化出来るものと、フローチャート化出来ないもの、フローチャート化はナントカできるが複雑すぎるもの3種類に分ける。1番目はそのまま完全にRPA化が可能。2番目のフローチャート化出来ないものは、人がやった方が早いのでRPA化しない。実は3番目もやらない。現状のRPAのソリューションで3番目を片付けるのはやっかいなので、まずここをどうシンプルにするか業務改善を考えた方が良い。システム化はそのあと。そして、皆さん何故かRPAが2番目と3番目の項目に適応できると考えていらっしゃる。はっきり言ってムリ。現状RPAはつまらないルーチンワークを見つけ出して、そこを効率化することで、社員を本来しなければならない業務に集中させるツールとして考えないと失敗する。PRAもAI技術も銀の弾丸じゃないので夢を見すぎてはいけない。しかし、何故か皆さん主要業務が自動化できると考えている。

結局業務内容見直しとその改善のと言う点で、かつてもてはやされたBPRとRPAは本質的に何も変わらないよ。これらの本質は業務改善であって、RPAを入れることが目的化したらそれは手段の目的化に過ぎないし、そうであれば100%失敗することを保証する。まず、業務内容を言語化して文書化する。そしてそれを見なおす。そこからはじめる。RPAは道具。適材適所がある。

F#の方向性の話

TL;DR We’ve moved the F# GitHub repository from microsoft/visualfsharp to dotnet/fsharp, as specified in the corresponding RFC. F# has a somewhat strange history in its name and brand. If we roll back the clocks to the year 2015, F# sort of had two identities.

情報源: The F# development home on GitHub is now dotnet/fsharp | .NET Blog

微妙な二系統の開発は止め、.NET Coreベースのオープンソースプロジェクトへの集約という事らしいです。

バックミラー 2019-05-20

RVM的な何か。

Super Formula Rd.2 オートポリス

予選日荒天のためキャンセルとなり、決勝午前中のフリー走行が、フリー走行兼予選となるも、これも、雨天で、マシンクラッシュによる赤旗中断にて、各チーム満足なアタックが出来ない状態でした。午後は雨も止み、何とかドライコンディションの中の決勝となりました。

決勝はソフトタイヤスタートでうまくペースダウンを抑えながら走った関口が優勝、1周目でミディアムからソフトに変え、同じくこれを引っ張った山本が2位、大嶋が3位に入り、後半グリッドからスタートした3人がうまい戦略とそれを実現するタイヤマネージメントをこなし表彰台を獲得しました。そこからタイムは少し離されるも、牧野4位、福住5位パロウが6位とSFルーキー組が入賞し、7位キャシディ、8位山下とここまで入賞となりました。

とりあえずちゃんとレースが出来て良かったと言うのが率直な感想です。また、今回からTCRがサポートレースとして開催され、Youtubeでも中継が始まりましたが、予算的な制限もあるとは思いますが伝え方としてはもう一工夫かなと思いました。

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス決勝|関口雄飛、16番手スタートから劇的勝利!|motorsport.com日本版

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス|決勝レース結果|motorsport.com日本版

#Forzaleague スピードシェイクダウン 5/19~6/16 #Forza7

2019/05/19 09:00~2019/06/16 09:00まで。

参加リワード: 2011 Radical SR8 RX

Xbox Live 12ヶ月ゴールド メンバーシップ
価格: 6,880円
マイクロソフト

Continue reading #Forzaleague スピードシェイクダウン 5/19~6/16 #Forza7

5/18~5/24 #Forzathon #Forza7

5/18 02:00~5/24 03:00まで。

メカニック

達成リワード: 25,000CR

チャレンジ

アップグレードメニューで車の好きな箇所を変更する。

Ferrari 458 Italiaをドリフトしようにアップグレードしてクリア。

クリア

25,000CRを受領。

auto sport – オートスポーツ – 2019年 6/7号 No.150
価格: 580円
出版社 三栄書房 (2019/5/24)

Continue reading 5/18~5/24 #Forzathon #Forza7

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。