スプリング #Forzathon 10/16~10/23 #ForzaHorizon4

シーズンは日本時間では木曜日23時30分に切り替わります。冬から春になりました。

正確には10/15 23:30~10/22 23:30まで。

シリーズリワード

  • 50% 2018 Renault Megane R.S.
  • 50% 2012 Lamborghini Aventador LP700-4
  • 80% 2018 ATS GT(ヲイ!マタカ)
  • 80% 1957 Ferrari 250 Testa Rossa(ヲイ!マタカ)

シーズンリワード

  • 50% 2009 Lexus IS F(New)
  • 50% 1999Lamborghini Diablo GTR
  • 80% 1939 Maserati 8CTF
  • 80% 2005 Lotus Elise 111S

Lexus IS F

フォトチャレンジ #FordCrossing

Derwent Waterで任意のFordを撮影する。

クリア

Continue reading スプリング #Forzathon 10/16~10/23 #ForzaHorizon4

Forza Horizon 4シリーズ28アップデート #ForzaHorizon4

新規車

Hennessey Velociraptor 6×6

ジョン・ヘネシーは、「それができるから」と言う理由で、Ford Raptorに対して8インチ車高を上げ、V6ツインターボエコーブーストエンジンを600hpまでチューンし、アクスルを追加して6輪化しました。

0~60mphへの加速が4.9秒しかかからないこのカスタムトラックは年間100台しか製造されておらず、見逃したくはありません。

Continue reading Forza Horizon 4シリーズ28アップデート #ForzaHorizon4

Windows 10 Insider Preview Build 20236

Hello Windows Insiders, today we’re releasing Windows 10 Insider Preview Build 20236 to Windows Insiders in the Dev Channel.What’s new in Build 20236Change Refresh Rate of your displayYou can now go to Settings >

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 20236 | Windows Insider Blog

Dev Channel向け。

Windows 10 Insider Preview Build 19042.572 (20H2)

Hello Windows Insiders, today we’re releasing 20H2 Build 19042.572 (KB4579311) to the Beta and Release Preview Channels for those Insiders who are on 20H2 (

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 19042.572 (20H2) | Windows Insider Blog

Beta Channel / Release Preview向け。基本的に不具合の修正とセキュリティアップデート。

Forza Monthly 2020年10月 #ForzaMonthly #ForzaHorizon4

お品書き


トミカ プレミアム 35 アストンマーティン DB5
価格: 639円
タカラトミー(TAKARA TOMY)

Continue reading Forza Monthly 2020年10月 #ForzaMonthly #ForzaHorizon4

Forza Horizon 4 シリーズ28アップデートストリーム #ForzaHorizon4

お品書き

Continue reading Forza Horizon 4 シリーズ28アップデートストリーム #ForzaHorizon4

ホンダのF1撤退について #F1jp #F1DAZN

F1 アイフェルグランプリの1日目が雨で流れて悔しいので書く。

ホンダは基本的に4輪では北米以外では大衆車ブランドなので、レースを続けること自体が直接マーケティングにならない。勝ったからってNSXが売れてくれるわけじゃないし、F1に勝ったからFIT買おう、NBOX買おうって話にもならない。そしてトヨタやルノー・日産アライアンス、FIAT・クライスラーのような超大企業体でもなく、結局、ホンダの企業規模で株主に対して投資対費用効果をKPIとして示していこうとしたときにホンダにとって今のF1 PUは、ブランディング、マーケティング費用としては高すぎるって事です。「技術開発」と言ったところでF1 PUで行われた技術開発って、市販車にそのまま持ってこられるような物はまず無いわけで、技術開発としては、はっきり言って投資対費用効果という面では、F1のPU開発はポンコツなわけです。メルセデスですら、AMGブランドのブランディングだと言い訳が必要なぐらいに。そんな中でも、ホンダが国内でSuper GTとSuper Formulaを「技術開発」を名目に続けていることがそれだけですごいことだし、奇跡みたいな話なのですよ。クドイですけどホンダの規模で。しかも二輪の世界トップカテゴリもやりつつですよ。

じゃ何故アメリカではって話になるけど、アメリカでレースをホンダが続けられるのは、単に売り上げがあり(日本国内と欧州を足したものより多い)高級車としてのAcuraブランドもあるので、ブランディングとしてのバジェットとベネフィットがちゃんとあるから。早い話がNSXを買ってくれる客が北米にはいるからです。

という事で、ホンダのF1撤退は、ホンダを応援していると言いつつホンダの車を買わなかったオレ達の責任です。

No Code, No Life.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。