“NetWareにかわる”SUSE LINUXベースのネットワークスイート

ノベル、“NetWareにかわる”SUSE LINUXベースのネットワークスイート

 ノベルではこうした特徴を持つSUSE OESを用いて、NetWareユーザーのLinuxへの移行を促進するとともに、サポート期限が終了したWindows NT Server 4.0からの受け皿としても展開する考えで、NetWare/NT Server 4.0からスムーズにSUSE OESへユーザー、グループ、データを移行させるためのマイグレーションツールを標準で添付した。

とうとうNetwareが無くなり、Novelが本格的にLinuxを売りますか。つくづく長く仕事をしている物だと思います。
私が初めて管理したサーバーはNetware3.12Jでした。部内のファイル/プリントサーバとして使用していて、社内で唯一の本格的なLAN環境でしたね。その後Netware4.0にはアップグレードせず、NT3.51導入、AdminsMLに入り今という感じです。まぁシステム管理者でなくなってからももう数年になりますが。
まだ、IPXは残るようですが、実際にはIPで運用されるでしょうから、各社それぞれだったネットワークプロトコルもようやくIPに集約された感じですね。そういえば最近はマルチプロトコルルータって言葉自体も聞かなくなりましたね。

コメントを残す