アメリカの歴史上ものすごいお金持ちだった人ベスト30 – GIGAZINE

アメリカの歴史上ものすごいお金持ちだった人ベスト30 – GIGAZINE

ウイリアム・ゲイツ三世は第5位。ベスト30の方々の没年を見て感じるのは、ほとんどの方が反トラスト法成立以前に富を気付いていることだ。独占はそれだけの富の収奪を行うと言うことなのだろう。第二次世界大戦後であと目立つのはウォルマート創業者ウオルトン氏、バフェット氏(金融・投資)ぐらいだ。ゲイツ氏にしてもウオルトン氏にしてもどことなく独占の臭いはする。逆にこれらの人たちは独占できるほどの商才と運に恵まれた人たちとも言える。

日本でこれらと並べられるほどの商才と運を持った歴史上の人物は岩崎弥太郎(三菱創業者)ぐらいではないのか。

One thought on “アメリカの歴史上ものすごいお金持ちだった人ベスト30 – GIGAZINE”

コメントを残す