クエリアナライザでストアードプロシージャのデバッグを行う時の注意

本日のはまりポイント。

MS SQL Server 2000のクエリアナライザでストアードプロシージャをデバッグするときにdatetime型引数で値を設定する場合には、以下の要領(ISO 8601)で指定する。「2008/4/3 13:02」とかにしてしまうともれなくODBCのエラーではまれます。確かにCASTのエラーなんですが、さっぱりこれに行きつけませんw

以下のように書くこと!

YYYY-MM-DD hh:mm:ss

exp) 2008-03-31 02:00

ああはずかしぃ。GoogleLive Search駆使してここに行きつけた。。

コメントを残す