レイヤーアーキテクチャはSOAでも有効か

The First Virtue : レイヤーアーキテクチャはSOAでも有効か

以上の現状から、SOAの実装は、一部のレガシーラッピングを除き、レイヤーアーキテクチャを前提としているといっても過言ではありません。

さて、それではSOAの実行を最適にするアーキテクチャはレイヤーアーキテクチャかと言えるでしょうか?

答えはNoです。

レイヤー・アーキテクチャは最適ではないようです。

それではどうすべきでしょうか。ここでは、2つの問題があります。

  • SOAPで転送されるメッセージは帳票の一種であって、複数データの組み合わせからなる半構造化データであること。したがって、そのメッセージを受信処理するアプリケーション(コンポーネントや他のサービスを含む)も1つとは限らず、一般には複数からなること。
  • サービスによるシステムの分割は、特に更新系の場合、マスターデータの配置の問題を解決する必要があること。”one fact in one place”の原則から論理的に単一箇所で管理すべきマスターデータを、サービスに物理的にどのようにパーティショニングすべきかを考える必要があること。

この2つを同時に解決するための新しい設計法が必要です。

どうでも良いのですが駄反応的に電文って言葉を思い出しました。

次回期待。

 

コメントを残す