丸善 ラゾーナ川崎店

昨晩は川崎泊だったので、今日帰ってくるときにラゾーナ川崎によって帰ってきました。

もちろんお目当ては1階に出来た丸善です。

広さ:

広いです。かえってそれが災いして見通しが悪く、丸の内本店のような、分類毎の壁による区切りや、案内の掲示もないので、どこに何があるかわかりにくいです。特に丸善は書棚が高いので、見通しが余計に悪くなってます。まぁただ店員さんは多いから聞けば良いんですけど。(辻々に立つ店員さんを見ると、でもそんなに万引き多いですか?ってかんじも。。)

IT技術書の品揃え:

和書はフロアの大きさ的なものもあるので当然といえば当然ですが品揃えは一応合格でしょう。さすがに丸の内本店のような一棚オライリーなんて事はありませんでしたけど。(でもお目当てが無くて、東口の有隣堂で見つけました。。)
さすがに古い絶版本を見つける楽しみはここにはありません。

また、洋書は全滅です。雑誌以外ありません。丸善といえば洋書だったんですがね。

その他全般的な品揃え:

電気関係の技術書はまぁそれなり。今新書ブームなんですが新書が意外とおざなりかなぁ。文芸書の単行本も丸善を期待してきた顧客には、全集類の取り置きがほとんど無いとか、在庫の作家と作品がとかで今一かもしれません。まぁもっとも、モール自体の客層から言ってベストセラーや人気作家中心の品揃えは売る方としては正解でしょう。ビジネス書も丸善本店の勢いは無し。そういうことでまとめると、書籍全般の品揃え、並べ方は本店より丸ビル店に感じが似ています。

文具系ですが、丸の内本店のような気が違ったかと思うような高額な筆記具は置いてありませんが、文具のムックに出てくるような筆記具、ノートメモ類はちゃんと押さえてありますね、目立つところにモレスキンやロディアメモもちゃんと置いてあります。感じ的にはやはり丸ビル店のイメージ。ただポルシェデザインのカバン類とか、バーバリのコートとかは置いていないと思いました。

感想:

書籍・文具とも有隣堂支配地域である神奈川東部にいよいよ東京の大店が殴り込みといった感じで、決して及び腰でなく、正々堂々品揃えで真正面からけんかを売る様は好感が持てます。(そういえば有隣堂もアキバ点と新宿店で東京に殴り込みをかけているなぁ)

そんなにしょっちゅう川崎に行くわけではないですが、よっていきたいところがまた一つ増えたようです。

ちなみこのラゾーナ川崎内に出来たビックカメラですが、「逝ってよし」とだけここには書いておきます。あれで東口にあるヨドバシに勝てるつもりなのか。

コメントを残す