書評:ビューティフルコード

Brian Kernighan,Jon Bentley,まつもとゆきひろ
Amazonランキング:13268位
Amazonおすすめ度:


コンピュータプログラムのソースコードが鑑賞の対象となるのであれば、それは芸術なのだろうか、それとも技術なんだろうか。

プログラムソースコードの美しさは、絵画の美なのか、フェラーリのあるいは、ジェット戦闘機の美なのか、安藤忠雄の手がけた建築の美なのか。

少なくともプログラムソースコードが美を持つのであれば、それを描くものは、それを常に鑑賞に足る水準とすることを目指さなくてはならない。

この本は、読者にそんなことを考えさせる。

プログラマに持つべき教養があるとすれば、この本はそれを得るために避けては通れない。

コメントを残す