書評:英国機密ファイルの昭和天皇(新潮文庫)

英国の外交文書から天皇家とその周辺による戦前・戦中の和平工作と英国の外交戦略、戦後の占領期における天皇家および吉田政権での英国の外交戦略がわかる。

また、同時に英国内でのインテリジェンスの取り扱い、外交に深く関わり、その影響力を手段として提供する英王室、戦後の英米の力関係の逆転と言った点でも非常に興味深い内容になっている。

戦中戦後のドキュメンタリは国内、日米、日中の視点でのものが多く、英国側の視点でのものがないため、空白を埋めてくれるような感じ興味深くおもしろかった。

コメントを残す