書評: マスターファイル 国際救助隊 サンダーバード2号

マスターファイル 国際救助隊 サンダーバード2号 (マスターファイル シリーズ)
マスターファイル 国際救助隊 サンダーバード2号 (マスターファイル シリーズ) 柿沼 秀樹 GA Graphic 東北新社

SBクリエイティブ 2013-10-23
売り上げランキング : 122145

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブクログから転載。

架空の飛行機やロボットを、実際の戦闘機や航空機など解説していく専門書(世界の傑作機とか)のスタイルで解説していくグレートメカニクス編集部の一連シリーズで、マクロスのバルキリー、ガンダムのMS、ドラグナー、バイファムときて、とうとうSF特撮の真打ちとも言うべきサンダーバードから、一番人気(当社比)のサンダーバード2号が登場した。

相変わらずの高クオリティででっち上げられた内容(今回はマクロスのように制作側にしつこいくらいの設定があるわけがない)は全くすばらしくて、僕らのような実機を含んだこの手の物を読み慣れた物でも全くすばらしいと評価できる内容になっている。

とくにこの機体の製作秘話の下りについては手放しですばらしい仕上がりで大変感心する。このまま話を広げて嘘八百な60分間のドキュメンタリー番組をつくってBS世界のドキュメンタリーで流してほしいくらいだ。まったく読み足りない!

全くもって海洋堂の特撮ボルテックを買ってしまいそうになっており、もう十分に罠にはめられたような気がしているけど、全く後悔していない。すばらしい内容で、テレビの前でかじりついていた世代は絶対に買え。そしてペネロープで大人の女性にもてあそばれたい願望を持ったヤツも買って間違いない。ペネロープは一切出てこないけどな。

One thought on “書評: マスターファイル 国際救助隊 サンダーバード2号”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください