書評 : Coders at Works

実践Common Lispの著者であるピーター シーベルによる著名なプログラマ15人対するインタビュー集。各プログラマのプログラミングとの出会い、好き嫌い、哲学についてインタビューをしている。実際には少しずつ世代の違うプログラマが選ばれているので、通して読むことでプログラミングの歴史そのものも感じることができると思う。特にプログラマそれぞれの哲学がとてもおもしろい。

コメントを残す