発声困難な市議の質問での代読認めず 岐阜・中津川市議会

代読発言:発声困難な市議の要求否決 岐阜・中津川市議会-話題:MSN毎日インタラクティブ
咽頭ガン手術で声帯を摘出したために発生が困難になった岐阜・中津川市議会の市議の質問で代読を認めない決定を市議会が行った。基本的に議会での質問持ち時間は限られており、市議がその時間を有効に使いたいと考えるのであれば、操作・動作に時間がかかるであろう合成音声装置よりも、代読を選択するのは当たり前だろう。
他の市議、行政側によほどこの市議に質問してほしくない、質問されたくない何かが多いとしか思えないような暴挙だ。それとも障害者には市議なる資格がないとでも言うのか。
また、反対の投じた市議たちがこのような差別や、無配慮を無自覚にこれを行っているのだとした、それは余計に恐ろしい。

コメントを残す