Ishisaka のすべての投稿

I’m Tadahiro Ishisaka. I’m a C# Developer. Working on ABB Bailey Japan Ltd. Mostly interested in OOP, Design Patterns, Functional languages, Ruby, Lean and Agile development. I’m a developer of PIMS. I won Microsoft MVP in the past. (C#, 2006, 2007, 2008)

#Forzathon JUST A LITTLE RECREATION(ほんの少しのレクリエーション) #ForzaHorizon3

5月23日16時から24日16時まで。1日イベントなので注意しましょう!

Soaring Luxury(ソアリング ラグジュアリー)

Soaring Luxury(ソアリング ラグジュアリー)

3 Star the Airport Danger Sign in the Mercedes-Benz G 65 AMG to win the Lamborghini Huracàn HE
Mercedes-Benz G 65 AMGに乗り空港近くの危険サインで3スターを取れたらLamborghini Huracàn HEをゲット。

翻訳するなら舞い上がるラグジュアリー。そのまんまか。

ご褒美はこれ。

チャレンジの内容自体は下のビデオを確認ください。Air Port危険サインで168M以上ジャンプする必要があります。168M以上ジャンプするには車重もありますが、踏切台のところでだいたい225km/h以上の速度である必要があります。

続きを読む #Forzathon JUST A LITTLE RECREATION(ほんの少しのレクリエーション) #ForzaHorizon3

Windows 10 SでWSLは動くのか?

情報源: Will Linux distros run on Windows 10 S? – Windows Command Line Tools For Developers

教育分野用のWindows 10のエディションとして、Windows Sが先頃発表されました。このWindows SはWindowsストア経由でのアプリケーションのインストールが行えませんし、ストア経由でインストールしかアプリケーションを実行できません。また、先のBuild 2017ではWSLのユーザーランドがUbuntuだけでなくSUSE, Fedoraが追加され、それがストア経由で選択してインストール出来るようになることが発表されました。

そこで、誰もが疑問に思うのがそれだったらWindows SでWSLが動くんじゃ無いかって事です。

答えはNO

理由はWSLが前提としているデスクトップブリッジが広範な権限を必要とするため、Windows Sでは動かないから。記事では同様な理由でWindows Sは開発者向けではないとしています。

Surface LaptopのようなWindows SがプリインストールされたPCを入手した場合には、Pro等へのアップグレードが必要となります。

Forza Motorsport – Forza Week in Review 5-19-17

情報源: Forza Motorsport – Forza Week in Review 5-19-17

今週の週報。

今週発表が有ったように、Forza Racing Championship 3シーズンの決勝は6/17~18までルマン24時間の会場で行われます。優勝者は実際のルマン24時間の入賞者と同じ表彰台で表彰されます。

この模様はBeam, twitchで中継されます。

続きを読む Forza Motorsport – Forza Week in Review 5-19-17

Forza Horizon 3 アップデート(5/16)

情報源: After Hot Wheels Expansion Blizzard Mountain won´t work – Page 12 – Forza Horizon 3 Support — PC – Forza Motorsport Forums

本日(2017/05/17(JST))Forza Horizon 3のアップデートが公開されました。アップデート後のバージョンはXBoxが1.0.67.0、PCが1.0.67.2となります。

導入ビデオ後に発生する問題に対する対応。

PC版で発生していたHotwheels拡張インストール後、全くプレイできない、もしくはBlizzard Mountain拡張がプレイできないといった問題への対応は含まれていません。これに関してはまだ調査中と言うことのようです。

PC版は前回のアップデートでだいぶいろいろ改善されたものの、いまだに不定期に突然アプリケーションエラーで落ちてしまう事は改善されていませんし、アップデート後も一部ホイールコントローラーで問題が残っているようです。ただ、ホイールコントローラがWindowsのUWPで正式にサポートされるのはCreators Updateからで、Forza Horizon 3はその一つ前のAnniversary Updateからが動作保証となっており、通常のゲームコントローラしかプラットフォームであるUWPでは対応していないので、無理矢理アプリケーション側でステアリングコントローラーの対応をしている状況です。このためステアリングコントローラの方はなかなか難しいかなという印象です。(特にオプションのシフターの対応など。)

というか、突然のアプリケーションエラーもUWP故の可能性が高く、本当にUWPでゲーム作るのは止めて欲しいですというか、UWP滅びろ。

追記(17:48)
オートショーでHot Wheelsカーをそのまま購入できてしまうのはやはりバグだったらしく、それへの対応を行ったようです。←内容は間違いでした。お詫びして訂正します。

#Forzathon OUTBACK FIELD TRIP(OUTBACKフィールドトリップ) #ForzaHorizon3

5月19日16時から5月22日16時まで。副題は「大自然を堪能しよう」。一時オレンジ色のプラスチックレーンからオーストラリアのアウトバックに戻るときが来たようです。

Tree Hugger(ツリー ハガー)

Tree Hugger(ツリー ハガー)

Perform 20 Lumberjack Skills to receive 85,000 CR
ランバージャックスキルを20回キメると85,000CRをゲット。

ランバージャックスキルに関しては以下のビデオを参考に。

ツリーハガーは環境保護活動家を表すスラングだったり。

実績解除後の感想他

前に出されたランバージャックスキルのチャレンジはワートホグ縛りでしたが、今回は特に車種の限定がなかったのでTrailcatでクリア。

Play S’More(プレイ モア)

Play S’More(プレイ モア)

Complete 3 Playground Games to win 3 Wheelspins
プレイグラウンドゲームを3回プレイしたらホイールスピン3回をゲット。

Forzathonのオンラインフリー走行に入ると誰かしらゲームを立ち上げると思います。いなければ自分で立ち上げてしまいましょう。

S’Moreは焼いたマシュマロとチョコをグラハムクラッカーで挟んだ北米でのキャンプでは定番のお菓子のこと。また、”S’More”は”some more”の短縮形でも有るので、キャンプ定番の菓子ともう少し遊びたいと言うのを掛けているんですよね。

実績解除後の感想他

これも無難なにこなすだけ。オンラインフリー走行に入ってゲームを立てたり立ててもらったりで無事3回終了。

Flashlight Start(フラッシュライト スタート)

Flashlight Start(フラッシュライト スタート)

Complete a Street Race to win the Porsche Carrera GT
ストリートレースを1回完走してPorsche Carrera GTをゲット。

完走なので無理なくゴールを目指せば良いと思います。

ご褒美はこちら。

もう少し気の利いた翻訳をするなら、明かりを灯せですかね。

実績解除後の感想他

ストリートレースで勝利してクリア。

カレラGTですが、用意されているエンジンスワップは918のハイブリッドエンジンで、これに換装すると狂った感じにできます。エンジンは換装せず、タイヤのアップグレードをしないで幅を広げるだけにして、エンジンの各パーツをアップグレードし、余ったIPで足回り、トランスミッションを強化するとちょうどIPが900になる感じで、この状態でも良い感じです。

Always Prepared(常に準備を)

Always Prepared(常に準備を)

Complete a Bucket List that ends in the Outback to earn 75,000 XP
ゴール地点がアウトバックのバケットリスト1つをクリアして75,000XPをゲット。

これも以前にあったチャレンジなので、過去使用したものが有ると思います。なければブループリントで作ってしまいましょう。

タイトルはボーイスカウトのモットーからでしょう。

こんな感じでバケットリストブループリントを用意してみました。

実績解除後の感想他

上そのままプレーしてクリア。

ちなみにアウトバック周辺にも公式バケットリストブループリントがあるので、それらチャレンジしても良いかも。

まとめ

スキル系も最近有ったチャレンジですし、無難にストリートレースを完走してカレラGTをゲットしましょう。

クリア

今週もそんなに難しくは無い感じでしょうか。来週は火曜日と金曜日2回Forzathonが有ります。火曜日は1日イベントで、ランボルギーニ ウラカン ホライゾンエディション入手のチャンスです。非常に運が良い人はホイールスピンで獲得できたらしいのですが、私は当たるかもの候補に出たことすら有りませんwオークションでは40,000,000 CR以上の値が付いていたりするので、ぜひともここで入手したい。

A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

情報源: A Lap Around Python in Visual Studio 2017 | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Update 2よりインストール可能になったPython関連機能の紹介記事。VS2017からはVS2015までのPTVSのようなアドインという扱いではなく、Pythonへの対応機能は基本機能とされている。

個人や、OSS開発では無償で使用できるCommunity Editionでも当然使えます。

Forza Motorsport – Forza Week in Review 5-12-17とジープトリック実績

情報源: Forza Motorsport – Forza Week in Review 5-12-17

今週の週報。

日本時間では火曜日の午前5時からHot Wheels拡張のオンラインプレリリースイベントが行われましたが、みなさんご覧になりましたか?ゲームプレーだけでなく、会場となったHot Wheels HQのHot Wheels開発者達にミニカーの開発についてのインタビューも有り面白い内容でした。見逃された方も、いまTurn10のYoutubeチャンネルにハイライトとフル両方が公開されているのでご覧になることができます。(以下はハイライト)

ForzaRC Updates

2週目に入りました。エリートシリーズではフォーマットの変更があったので今週のRVMを確認しましょう。

Rally Car Fun

先週のHMAでバーグマンのインプレッサの話題が取り上げられましたが、早速Forza Horizon 3でそのデザインを作った方がいます。

詳しくは以下の公式フォーラムのデザインコンテストのスレッドで確認することができます。

https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm716135_Forza-Horizon-3-Livery-Contests—31.aspx#post_716135

#Forzathon

Lead The Way(リーダー)が開催中です。

Porsche 911 GT2 RSをゲットしましょう。

今週の私とHot Wheels拡張のジープトリック実績

Hot Wheels拡張が超楽しいですね。実際の車両をモデリングしたものが、非現実のコースを疾走したり文字通り飛んだりするのはすごく楽しいです。

さて、そんなHot Wheels拡張ですが、ブリザードマウンテンにも合った、収録車に紐付いた実績があり、その一つにJeep Trailcatに紐付いたジープトリックが結構難しかったので攻略のメモをまとめておきます。

条件はTrailcatでアルティメットループザループスキルを10回出すことです。アルティメットループザループスキルは時速200mph(320km/h)以上でループを通過する(ループ内で一定時間その速度になり無事通過する)ことです。ただし、Trailcatはアップデート、チューニングをしても、自力で出せる実質的な最高速度は305km/hぐらいで320km/hに届きません。

下が最高速度狙いでアップグレード、チューニングしたもの。エンジンはフルアップグレードし、車高を下げ、足回りを舗装道路。いや、プラスチックのレーン用に固くしています。今回、困ったときの6.5L V12エンジンへのスワップはありません。

無理じゃんって話なのですが、そこはHW拡張らしい解決方法があり、ブースト装置使って加速すれば車の最高速度以上のスピードが出せます。そこで大事になるのが場所で、ループの入口の手前にブースト装置があるループを探して、そのループでアルティメットループザループを狙うことになります。

という事で、上がその答え。難易度は上がりますが、上以外にも狙えれる場所があるので、運転技術に自信のある方はチャレンジしてみましょう。