Forza Motorsport – Forza Week in Review 2-3-17

Forza Motorsport

情報源: Forza Motorsport – Forza Week in Review 2-3-17

今週の週報。

Forzathon絶賛開催中。

こちらもよろしく。

Car Pack Clue Thread

毎度おなじみののカーパック大喜利。また今回は月曜日発表、火曜日配信(つまりアップデート)とのこと。

https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm675666_February-DLC-Clue-Thread.aspx

相変わらずなヒントですが、まぁリークがあったのも有り、この投稿が正解じゃ無いかな。

https://forums.forzamotorsport.net/turn10_postsm675712_February-DLC-Clue-Thread.aspx#post_675712

Change Racing Huracàn

ギフトが届かなかったFM6ユーザーへの説明と、追加カーパックが無くてエラーになってしまったユーザーがいたFH3ではお詫びとして全ユーザーにLP-500 HEが送られた話。

TORA Daytona 24

今週のRVMの話。

今年のDaytona 24はよるに酷い雨が降ってイエロー頻発でレースとしてはどんよりした感じでしたが、キャデラック速かったですね。

Heavy Metal Affliction – Bentley Motor Company

今週のHMAはベントレー社の話でした。今のR&RはBMWが紙っぺら1枚、商標権を買い取り一から立ち上げた自動車会社で、実際には過去のR&Rとはつながりがありません。R&Rを保有していた英国政府は、R&Rの自動車の商標権と自動車の製造部門やR&Rが持っていたベントレーなどの商標とは切り離して売却する事を決めたためです。そして、BMWはべらぼうな金額を払ったのにR&Rの商標権しか手に入れることが出来ず、同じくべらぼうな金額とは言えベントレーの商標権を含む自動車生産会社を買収したのがVWです。

このようにR&Rの伝統を引き継いでいるのはベントレーとなっているのはなんとも皮肉です。したがってベントレーでは伝統の直6エンジンが今でも改良されて使われますが、R&RはそれがかなわずBMW設計でドイツのBMWで作られたV12エンジンが搭載されています。

まぁ、もっともBentaygaのエンジンはAUDIとおな。。あれ誰か来たようだ。

#ForzaFriday

終わりましたw

毎週日本時間の土曜日朝8時から2時間程度Beamもしくはtwitchで同じ内容が中継されています。

それぞれのリンク先から録画を見ることができます。

Forzathon終了後はいろいろと車のチューニング中です。特に今月のForzathonの内容がわかってきたので、条件となっている車のチューニングを進めていこうかと。自分でとりあえず納得のいったチューニングは”Ishisaka”のゲームタグで後悔しているので、良かったら使ってみてください。

こんな感じです。

そんじゃね!

Git Virtual File System

Microsoft/GVFS : https://github.com/Microsoft/GVFS.git

WindowsでのGitが余りにも遅いと言われるからか、MSがGit用の仮想ファイルシステムを作り始めてしまったようです。

簡単に言うと、GVFSを使ってCloneすると実際にはその時点では実際には何も落ちてきていなくて、必要なときに必要なファイルだけダウンロードするので、「遅い」ローカルファイルに多数のファイルが実施には無く、Gitコマンドとのやりとりは実際のファイルシステムでは無く、GVFSが受け持つので、Gitのチェックアウトやステータスコマンドのレスポンスが向上するという仕組みのようです。

この仕組みだけ読むと、ローカルでビルドしようとしたら全部のオブジェクトをダウンロードしてしまうので、結局いつも通りなのでは?と言おう疑問がわくのですが、どうなんですかね。ただ実際のところGVFSがfscacheの変わりをすると考えるとそれでもそれなりのレスポンス向上は望めるのかもしれません。

また、現状使用するに当たってはGVFS用のGit for Windowsも必要になっています。(以下)

https://github.com/Microsoft/git/releases/tag/gvfs.preview

まぁこれはGVFSが安定してリリースとなれば、本体側にマージされるんじゃ無いでしょうか。現状メインのコントリビューターはかわらないので。

MSがGit for Windowsをフォークしたので何事かと思っていたらこういうことだったらしい。

GVFSは現状バイナリの配布は無く、ソースのビルドから始める必要があり、ビットロッカーもサポートしていません。当然プロダクション環境で使える物でも無いので、使ってみたい方は、GitHubのレポジトリのreadme.mdをよく読んで頂いてその手順で作業すれば良いんじゃ無いでしょうか。

私はそこまで速度に対する不満が無いので、しばらくは様子見かな。

追記(9:10):

Brian HarryがBlogにこれの開発いきさつを書いています。

Scaling Git (and some back story)

これによるとWindowsやOfficeのような巨大なコードベースに対応させるために自分たちが必要としたことが書かれており、これはちょっと期待しても良いのかもしれません。

また、実装がFUSEのようなWindowsの新しいフィルタドライバに依存して使用して作られていることが触れられています。(この辺の話かなhttps://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/drivers/ifs/file-system-filter-drivers)

参考:Announcing GVFS (Git Virtual File System)