バックミラー 2019-03-17

RVM的な何か。

F1 2019 Australian Grand Prix

Formula 1 2019シーズンの開幕戦です。ボッタスが抜群の蹴り出しを見せ、2番グリッドからトップに出ると、そのまま素晴らしい走りを見せ優勝しました。メルセデスとの契約が1年となってしまったボッタスにとってはとても良いスタートです。2はポールだったハミルトン、3位はこれも良いスタートを見せヴェッテルを躱して3位になったフェルスタッペンが入り、11年ぶりにホンダに表彰台をプレゼントしました。一方好調と噂されてきたフェラーリは、力強い走りが見られず、4位、5位と少し厳しいけっことなりました。予選でのチームの戦略ミスにより17番グリッドからのスタートとなったガスリーは11位でレッドブルにポイントをもたらすことが出来ませんでした。

しかし今シーズンの開幕、予選結果から見ると正直なところメルセデス、フェラーリ、レッドブルが一つ頭が抜けているものの、全体的に昨年のような明らかなタイム差は無く、なかなか面白いシーズンになりそうです。ただ、ウイリアムズはもうどういようもない感じになってしまっています。

F1オーストラリアGP:レッドブル・ホンダ初戦でフェルスタッペン3位表彰台! ボッタスが独走で開幕戦制す|motorsport.com日本版

WEC 2019 1000 Miles of Sebring

Forza Motorsportシリーズや、USのモータースポーツを見ている人にはおなじみの、セブリングで行われたWECスーパーシーズンのセブリング1000マイルは、LMP-1ではトヨタ8号車が優勝、7号車は2位となり、このレースはボーナスポイントもある事から、7号車がシーズン総合優勝を狙うのは少し難しくなってきたかなと言う感じです。LM-GTE Proクラスはポルシェ911号車がとり、こちらはまだシリーズ優勝の行方はわかりません。中継の映像もLM-GTE Proのバトルが激しいので、そこ中心になり、プロトタイプカーは事故でも起こさないと満足に写してもらえない感じでした。これで長かったスーパーシーズンも、残りはスパと最終戦のルマン24時間を残すのみとなりました。

WECセブリング1000マイル決勝:トヨタ8号車優勝。天候悪化でSCフィニッシュ|motorsport.com日本版